FC2ブログ

今期の最大羽化個体及び20グラムオーバーの個体・・・。

今期の羽化個体は、大半を掘り出してサイズ測定をした結果、最大は2年1化の77,3ミリとなりました。
また、昨シーズンの3令採集の20グラムオーバーの幼虫ですが、全てが70ミリ越えとなるサイズでした。

最初は、エノキのカワラ材から採集したものですが、やはりがっしりとした美形個体で、アゴ基部4,9ミリと太くて今期ナンバー1と言えるものでした・・・


IMG_1266.jpg
70,6ミリ(採集時の体重20,7グラム、頭幅11,5ミリ)・・・エノキのカワラ材(アゴ基部4,9ミリ)

続く②~④の個体は、クヌギのカワラ材より採集したものですが、同一の材からの採集なので、兄弟であると思われます。
カワラ材に入っていたため、体重は20グラムを超えていたものの、アゴ基部の太さはそれ程インパクトのあるものではありませんでしたが、バランスの良い個体です・・・。


IMG_1268.jpg
70,0ミリ(採集時の体重20,6グラム、頭幅11,2ミリ)・・・クヌギカワラ材(アゴ基部4,5ミリ)

IMG_1269.jpg
70,2ミリ(採集時の体重21,0グラム、頭幅11,3ミリ)・・・クヌギカワラ材(アゴ基部4,6ミリ)

IMG_1273.jpg
71,2ミリ(採集時の体重21,2グラム、頭幅11,4ミリ)・・・クヌギカワラ材(アゴ基部4,7ミリ)

最後に今期一番大きかった77,3ミリの個体ですが、これは初令採集で2年1化となったものです・・。


IMG_1275.jpg
77,3ミリ(初令採集)・・・アゴ基部4,9ミリ

それから、近日中に今期羽化の余品販売個体の紹介をしますので、よろしくお願い致します
スポンサーサイト



ほんのちょっとですが、涼しくなりましたね・・・。

ここのところ、仕事が忙しくて採集へも行けていませんが、10年ぶり位に後輩君たちと数名での登山へ近々行く予定です・・・
いやあ、本当に久しぶりなので楽しみは楽しみですが、今回は3000メートル弱の山へアタックする予定です・・・
ちょっと前に予定していたんですが、残念な事に台風の影響で天候が悪くて断念したんです。
今回は、天候が良さそうですが、山の天気も変わりやすいですから、気をつけて行って来ようと思います。
頂上からの最高の景色が見れたらいいんだけどなあ・・・。

さて、今シーズンの樹液採集も残り1ヶ月たらずとなりました。
各地のクワ友たちに話を聞くと、やはり今シーズンは、どこも樹液の出が悪い上にスズメバチやクワガタ・カブトムシ等の数が少ないようです。
これも暖冬や梅雨時の降雨量等も関係しているのかもしれませんが、毛虫やスズメバチが少ないのはホッとしますね・・・
今シーズンは、残り3回位になりますが、最後に大歯型に出会いたいですね・・・

リオ五輪閉幕・・・。

熱いドラマを繰り広げたリオ五輪もあっと言う間に閉幕してしまいました・・・。
感動を与え続けた日本の成果も、金12銀8銅21の合計41個は、これまでの日本の最多獲得数となり、4年後の東京五輪に向けて大いに期待を持たせてくれる結果となりました。
本当に素晴らしい成果だったと思います・・・
今回の私が選んだ感動の3つをあえて挙げるとすれば・・・。

1位・・・体操男子団体優勝、バドミントン女子ダブルス優勝

2位・・・卓球男子団体準優勝

3位・・・4×100メートルリレー男子準優勝

また、個人種目では・・・。

1位・・・男子体操個人総合優勝(内村航平)

2位・・・男子柔道73kg級優勝(大野将平)

3位・・・女子レスリング58kg級4連覇(伊調馨)

となりますが、これ以外にも感動する名場面がいくつもあり、寝不足になりながらもついつい見入ってしまいました・・・


まだまだ暑い日が続きますね・・・。

リオ五輪もあと1日となりましたが、これまで日本が獲得した金12銀8銅21の合計41個のメダルは、過去最高のものとなったようですね・・・。
次回の東京五輪では、今回を上回る沢山のメダル獲得となるでしょう

さて、樹液採集も終盤戦となりましたが、まだまだ暑い日々が続きます。
クワ友たちも各地で成果を挙げているようですが、今後も多くの報告を期待したいですね・・・
そして、私自身もあと3回ほど採集へと出掛ける予定ですが、残り少なくなった樹液シーズンを楽しみたいです・・・

それとおかげを持ちまして、イチロー3000本安打特別企画が完売となり、これにて終了です。
どうもありがとうございました
尚、9月に入ったら新成虫の通常の余品販売を数ペア出しますので、そちらの方もよろしくお願い致します・・・。

MLBイチロー3000本安打特別企画

連日のリオ五輪での日本人の活躍に沢山の感動をもらい、選手の皆さん方には感謝の一言ですね・・・

さて、大変長らくお待たせしましたが、この度ようやくイチロー3000本安打特別企画の準備が整いましたので、以下に掲載いたします。
今回は、5ペアのみとなりますが、この価格での販売はこの5ペア限定となりますので、ご理解下さい

この5ペアは、全て山梨県産となりますが、1♂1♀で3000円均一となりますので、興味のある方は、早いもの順とさせて頂きますので、よろしくお願い致します


IMG_1254.jpg
①山梨県韮崎市産・・・♂57♀33 SOLD OUT

IMG_1256.jpg
②山梨県韮崎市産・・・♂58♀38 SOLD OUT

IMG_1260.jpg
③山梨県韮崎市産・・・♂59♀39 SOLD OUT

IMG_1261.jpg
④山梨県韮崎市産・・・♂62♀41  SOLD OUT

IMG_1264.jpg
⑤山梨県甲斐市産・・・♂63♀38 SOLD OUT

問い合わせは、ブログメールか下記の携帯に連絡下さいね・・・
090-7031-4791(池谷)
それではよろしくお願い致します・・・。

今期11度目の樹液採集・・・。

リオ五輪も連日盛り上がっていますねえ・・・
8月に入ってからさらに気温が上昇し、仕事をしていても汗だくになりながら水分補給をしての毎日が続いています。
私自身、お盆休みもなくひたすら仕事に没頭する日々ですが、ちょこっと時間が空いたので樹液採集へと出掛けて来ました。
こんな暑い日には、家の中で空調を効かしてリオ五輪でもテレビ観戦しているのがベストかもしれませんが、クワバカな2人で採集にチャレンジして来ました・・・

気候がひじょうに暑い事もあり、午後からのスタートと決め、ペットボトルをとりあえず2本買い込んで現地へと向かった・・・。

8月に入ってからの最初の樹液採集となったこの日は、クワ友と現地で合流し、とあるポイントでの採集をしていると、これまでになかったスズメバチの巣に遭遇する事となった。

2人共に気が付いていなかったんですが、クワ友が何かおかしいと言うわけで、そちらの方向を見てみると案の定スズメバチの巣があり、沢山のスズメバチの出入りが確認されたので、これ以上は危険とみなして即刻退散する事にした・・・。

IMG_1215.jpg
スズメバチの巣

この日は、樹液が以前と比べると比較的出ているようでしたが、それでも例年と比べると今一かなと言う感じです。

気になるポイントをあちこちとチェックしていきますが、手応えのないままあっという間に夜間採集へと突入です・・・

そして、何ポイントか廻っていた時だった。

私「多分、ここにはいそうだよ

友「それは楽しみですねえ・・・


その直後にチェックをしてみると♀の姿がありました・・・

クワ友が取り出してみると、36ミリの越冬個体だった・・・。

IMG_1225.jpg
オオクワガタ♀36ミリ

メスは、基本的に採らないので、ここへリリースして続きをやる事にする。

そして、2人の共有ポイントやそれぞれのポイントを2人で廻りましたが、雰囲気が良かったものの、追加は得られなかった・・・。

この日の採集は深夜に終了し、クワ友とファミレスにて食事をしてクワ話して楽しんだ後、クワ友と別れて私はネット喫茶でリオ五輪を見ながら翌日の午前中まで休憩をしたのです。

そして、2日目の採集は単独で行う事となった・・・。

採集をし始めて直ぐにとあるポイントにてミドリカナブンを発見

IMG_1226.jpg
ミドリカナブン

良く観察してみると、色鮮やかなきれいな黄緑色をしていますね・・・

IMG_1227.jpg
色鮮やかなミドリカナブン

クワ友がこの色鮮やかなカナブンに惹かれるのが何となく分かります。

8月中には数多くの姿を見る事の出来るカブトムシも、来月になれば徐々に数が減るものと思われますが、やはりいつ見てもこの光景は良いものです・・・

IMG_1228.jpg
樹液を吸うカブトムシ

そして、樹皮捲れの奥に入り込んでいたノコギリクワガタの姿もやはりいいですねえ・・・。

この日もいくつかのノコギリクワガタの姿を見ることが出来ましたが、このアゴの湾曲したラインがきれいだなあ・・・。

IMG_1229.jpg
ノコギリクワガタ

普通種は沢山確認出来るものの、オオクワガタの姿はなかなか見る事のないまま日没を迎えようとしていた頃、ふと富士山をみると綺麗な姿を見せていました。

しばらく眺めて写真を撮った後、ポイント移動する事にする・・・。

IMG_1232.jpg
日没前の富士山

そして、いよいよナイター突入です・・・

気になるポイントは沢山あるものの、時間的な制限があるので、その中でいくつかをピックアップし、順番に見ていく事にする。

とあるポイントの樹洞には、必ずオオクワガタが入るだろうと思っているんですが、これまでにその確認は出来ないものの、いつ見てもいい雰囲気である・・・。

IMG_1237.jpg
期待の樹洞

しかし、この日も中に入っていたのは、コクワ君だった・・・

さらにポイント移動した先では、羽化途中のセミの姿を見ることが出来ましたが、この姿も綺麗ですね・・・。

IMG_1243.jpg
羽化途中のミンミンゼミ

そして、とある山の中で、ついに本命を発見

オオクワだ~

中に入られてしまうと厳しいので、直ぐに搔き出し棒での取り出しを行い、それ程時間を掛けずに取り出す事に成功

IMG_1253.jpg
オオクワガタ♀37ミリ

サイズは37ミリの越冬個体だったが、これもこの場でリリースし、さらに奥へと向かい樹液木の上で採集をしていると、なにやらイノシシがこちらに近づいて来たようなので、一旦下に降りてから大きな石ころをいくつか探した後、音のする方向へ投げてみたところ、逃げていく様子もない・・・。

ここで、大きな声を出しながら、こちらも威嚇を試みるが、何の変化もなく10メートル先にある茂みの中で時折ガサガサと音が鳴っている。

こいつ逃げないのか?

しばらく木の上で廻りを見渡すが、茂みの先を探る事が出来ないし、どこに身を潜めているのか?それともゆっくりと去っていったのか?状況が分からないまま時間が過ぎ去り、いつの間にか音がしなくなっていた・・・。

ここで、これ以上はちょっと危険と判断し、場所を変えることにした。

そして、この日も深夜まで採集を続けたものの、ついにオスには出会えず終了となったのです。

今期は、後3~4回樹液採集をやるつもりですが、今回はスズメバチの巣を2ヶ所で確認する事が出来たものの、今後はもっともっと数が多くなるものと推測されます。

採集をやられる方々も、今後より危険になるスズメバチには充分注意して採集されるよう願います。

そして、私のチャレンジはまだまだ続きます・・・


体操男子個人総合で内村見事な2連覇達成・・・!!

毎日熱戦を繰り広げているリオ五輪ですが、ついに体操男子個人総合で日本のエース内村選手がオリンピック2連覇を達成しました・・・
団体戦の予選・決勝・個人総合と18回の全種目をただ1人演技をして、身体は悲鳴を上げている状況でのこの快挙は常人では成し得る事が出来なかったでしょう・・・。
自身の今出来る最高の演技をして負けたら、その時は仕方ないと割り切って集中した全演技には、彼の心技体の強さが凝縮されていたと思います。
まだ体操競技は終わっていませんが、ここまでを見ても伝統の体操日本の美しさを探求し続けた努力が実り、世界に”体操日本”のレベルの高さを充分にアピール出来た事は間違いありません。
また、柔道においても連日のメダルラッシュには感動するばかりです・・・
また他競技において、メダルには手が届かなかったものの、感動的なシーンが数多くあり、今後のリオ五輪が楽しみです・・・

さあ、私はお盆休みはありませんが、仕事頑張るぞ~

男子体操日本念願の団体優勝・・・。

いやあ、昨日の男子体操団体決勝での優勝は、本当に感動しましたね・・・
寝不足なんて関係ありません、選手達のがんばりや優勝の瞬間をこの目でしっかりと見たかったので、その瞬間を見る事が出来て本当に感動したと同時におめでとう 
そして、柔道でもついに73キロ級の大野選手が金メタルを獲得しましたね・・・
その他にも競泳男子の200メートルバタフライでの坂井選手の銀メダルや200×4の自由形リレーでの銅メダルやカヌー競技での銅メダルも凄い事だと思いますね。
また、メダルは獲得出来なかった選手達の頑張りも心を打たれる場面が多々あり、まだ序盤ではありますが、やはりオリンピックの盛り上がりは凄いなあと実感しました・・・。
そして、明日はいよいよ体操の個人総合ですが、これも寝不足になりながら、しっかりと内村選手と加藤選手の頑張りを目に焼き付けたいと思います・・・

頑張れ~ニッポン

イチローがついに3000本安打達成!

イチローがついに3000本安打を達成しました・・・
おめでとう~、これからも怪我のないように記録を更新し続けて行って下さい


尚、近日中にイチロー3000本安打達成による新成虫特別企画を実施いたしますので、お楽しみに・・・

今期10度目の樹液採集・・・。

いよいよ、明日リオ五輪の開会式が始まります。
それに先駆けて今日は、日本対ナイジェリアのサッカー予選がありましたが、残念ながらミスの連続で守備が乱れてしまい、4対5の敗戦となってしまいました・・・
これから寝不足な毎日が続きそうですが、興味のある競技が目白押しなんで、頑張って観戦しますよ~

さて、それでは先日の樹液採集のお話です・・・。

クワ友たちの間では、なかなか厳しい今期の樹液採集ですが、そんな中、各地でゲットしているものの、全般的にはかなり厳しい状況には変わりないようです。
これもオオクワガタ採集ならではと言ったところでしょうか・・・。
私のホームである山梨県も、これまでにクワ友たちは、大歯型を含めていくつかの個体をゲットしているものの、いつものシーズンと比較すると虫っ気がなかったり、樹液の出ている木とそうでない木がハッキリとしていたりといった感じで、スズメバチや毛虫もかなり少ないような状況ですね・・・。
これは、山梨県に限った事ではなく、他地域でも同様の事が言えるようなのです。
冬季の暖冬や降水量の関係もあるかと思いますが、今までのシーズンとはちょっと異なっているように感じます・・・。

そんなわけで、今回は渋滞に巻き込まれながら某県へと遠征して来ました。

地元を早朝に出発したものの、途中途中で渋滞に巻き込まれてしまい、現地到着が大幅に遅れてしまった・・・

まあ、こんな事もありますからね、とにかく身支度を済ませてから樹液木のチェックを行う事にした。

車から出てみるとうだるような暑さです・・・

エアコンもなかなか効かないくらいの暑さで、あまり無理もしないようにマイペースでやらないとなあ・・・。

何本かをチェックしてみると、樹液は出ていますが虫っ気がありません。

さらに林道を走らせて奥へと入ったところで車から出ると、沢山のアブとブヨ・やぶ蚊の歓迎を受け、こりゃたまらん状況になすすべなし・・・

私自身、過去に一度もアブに刺された経験がなかったんですが、昨シーズンに初めてアブに刺されてしまい、これまで軽視していたアブに対しても注意が必要だなと感じ、それ以来ちょっとだけ気に掛けるようにはしていますが、やはり沢山飛び交っているアブは気持ちの良いものではありません。

そして、気になる1本の樹液木をチェックしてみると、一瞬ドキッとするクワガタの姿が確認出来たので、しっかりと確認してみたところ、やはりヒラタクワガタだったのです・・・。

IMG_1203.jpg
一瞬ドキッとしたヒラタクワガタ

搔き出し棒で取り出してみると、61ミリのまあまあのサイズのヒラタクワガタだった。

IMG_1206.jpg
まあまあのサイズの61ミリのヒラタクワガタ

さらに樹皮の隙間には、中サイズのヒラタクワガタの姿を確認する事が出来た。

IMG_1207.jpg
50ミリと51ミリの中サイズのヒラタクワガタ

さらには、枝部分の樹皮捲れには、ノコギリクワガタやコクワガタが確認出来、この他コクワガタを含めて全部で30匹程のクワガタを確認することが出来たのです。

やはり、条件の良い樹液木には多くの虫たちが付いている事が分かり、本命には出会えなかったものの、今後に期待出来る感触はありましたね・・・。

さて、この後はちょっと気になるポイント内を探索する事になったのですが、実は冬季にクワ友と探索した際に樹液木をクワ友と1本づつ見つけておいたので、その確認をするために雑木林の中を1人で探してみたのですが、これがボサが凄くて移動するのに大変だった事もあり、ついにその樹液木を探し出す事が出来なかったのです・・・

斜面も移動が楽ではなく、樹液の匂いも感じなかったので、樹液が出ていなかったのか?それとも見落としてしまったのか?ですが、いずれにしても汗だくになりながら結構体力を消耗してしまい、車に戻った頃にはバテバテだった・・・

こんなところがオオクワガタ採集の難しさかもしれませんが、簡単に採れるようなものだったら感動が薄いですからね・・。

この後、クワ友と合流し、別のポイントへ移動しながら採集を楽しみましたが、とうとうこの日はオオクワガタに出会えなかった。

そして、この日宿泊するホテルへチェックインした後、近くのファミレスで食事をし、ホテルに戻って1日目の採集を終える事となったのです・・・。

     ・・・< 2日目 >・・・

2日目の朝を迎えた・・・。

今日も天候は大丈夫そうである。

ホテルにてトーストとコーヒーで軽めの朝食をとり、ホテルをチェックアウトした後にもう1人のクワ友と合流する事となった。

最初のポイントもあまり虫っ気がなかったものの、ヒラタが確認出来、それを見た瞬間はオオクワガタと見間違えるほどの雰囲気がありましたが、やはり本命ではなかった・・・。

続いて何ヶ所か廻った後、以前深夜に大きな黒いものを確認した高所の樹皮捲れをチェックするために昼間その部分を見てみる事になった。

といっても、かなりの高所なので梯子を2本使用してのチャレンジとなった。

木登りの得意な方なら、1本の梯子で充分でしょうが、私自身は得意ではありませんから、こんな方法でチャレンジしてみました。

特に高所に対しての恐怖感がないというわけではありませんが、しっかりと固定した上での木登りなら大丈夫です・・・

まあ、高所とは言っても、11~12メートルくらいなので、しっかり固定さえ出来ればまだ上部へのアタックは可能です。

IMG_1208 - コピー
斜面沿いにある高さ11~12メートル程の樹皮捲れをチェック

さて、段取りをした後にいよいよ樹皮捲れのチェックを開始ですが、まずは裏側からのチェックをし、この後に斜面側の枝に廻り込みながら表側となる樹皮捲れのチェックに入りました。

すると前回黒い大きなものがいた部分にはカブトムシが入っており、下部の隙間には小型の40ミリ位のヒラタかオオクワガタの小歯型と思われるものの姿が確認出来ました。

そこで、搔き出し棒を使用して搔き出してみたところ、残念ながら小型のヒラタだったのです・・・。

いやあ、残念だなあ

IMG_1212 - コピー
この後、裏側に廻り込んでのチェックをしてみると・・・??

それでは、前回確認した大きな黒いものは何だったのかと言う事になりますが、それはヒラタかオオクワだったと思いますが、夜間での高所へのアタックは、やはり危険が伴いますから、無理は出来ません。

この樹液木も上部だけ出なく他の部分も充分にオオクワガタが付く可能性のある木なので、今後もアタックしていけば採れる可能性はあります・・・

IMG_1213 - コピー
中にいたのは小さなヒラタクワガタだった・・・。

この後もポイントを移動しながら、気になる樹液木のチェックをしましたが、とあるポイントでの誰もチェックしていないであろうと言う樹液木をクワ友が見つけた。

そして、その樹液木をチェックしたところ、本命の姿はなかったものの、かなり期待出来る木である事が分かり、今後のチャレンジが楽しみです・・・

また、別のポイントをチェックしていた時にかなり大きなクワガタがスルスルと洞の中に入って行ったようなので、搔き出し棒を使用して取り出してみたところ、65ミリクラスの大きなヒラタクワガタだった。

う~ん、残念

この後もナイターに突入し、深夜まで頑張りましたが、残念ながら成果はありませんでした・・・。

クワ友と遅い食事をして、深夜に解散となりました。

暑さも採集も厳しかった2日間でしたが、ゲットする事だけが目標ではないので、私の場合は貴重な経験をしてクワ友たちと楽しめた事が大きな収穫だったと思いますね・・・。

そんなわけでしたが、次回はどんなドラマが待っているのか、ひじょうに楽しみです・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: