FC2ブログ

2015体操世界選手権で内村6連覇達成・・・。

いやあ、今日の早朝、またしても寝不足になりながら体操の男子個人総合を見てしまいました・・・
それにしても、この内村選手は、あのプレッシャーの掛かる緊張感の中で、しっかりと演技をして6連覇を達成するのだから恐れ入りました・・・。
以前は日本のお家芸とまで言われた体操ですが、ロシア・中国・イギリス・ドイツ・ベラルーシ・アメリカ等に抜かれてしまっていた時代もあり、そこからここまで建て直しをして来た背景には、塚原直也や冨田洋之の存在を忘れてはいけません。
特に現在の美しい体操の原点になったのは、”美しくないと体操ではない。ただ派手な技をやるだけならサーカスと変わらない”との考えで、その”美しい体操”を牽引したのは冨田洋之であり、その結果、彼が2005年の世界選手権において堂々の個人総合優勝を飾ったのが、巻き返しの始まりだったような気がします。
その後、2009年より内村航平選手がその後を引き継いで、2015年に至るまで6連覇を成し遂げたわけなので、ここまで来る間には、相当な苦労があった事でしょうね。
そして、内村航平選手の後にも加藤凌平や田中祐典と言ったオールラウンダーがいるわけで、彼らも表彰台に上がれる力を持っていますから、来年のリオ五輪での活躍も充分に期待出来るものと思います。
と言うわけで、この後の種目別でも期待したいですね・・・
頑張れ~、ニッポン
スポンサーサイト

日本体操団体悲願の優勝・・・。

いやあ、深夜寝不足になりながら、感動の瞬間を見たくて世界体操団体戦を見てしまいました・・・
それにしても、やはり簡単には勝利を確信させてくれませんでしたね。
床運動・あん馬・つり輪・跳馬と殆んどミスなく進行していた矢先、得意とする平行棒で田中選手がまさかの落下となりましたが、その後の内村選手がナイスカバーをしてくれて最終種目の鉄棒を迎える事になった・・・。
中国が先に演技をしていたので気分的には楽だったはずでしたが、2番手に登場した田中選手がここでも痛恨の落下ミスをしてしまい、暗雲が立ち込めた。
そして、最後の演技者となる内村選手に掛かるプレッシャーは相当なものだったと思います。
しかし、ここでまさかまさかの落下ミスをしてしまい、勝負の行方は落下後の彼の演技に掛かっていましたが、やはり世界一の技術・精神力を持っている内村選手は、この後の演技をミスなく決めて2位のイギリスに0,473点差の僅差ではありましたが、念願の優勝を決めました。
平行棒と鉄棒での落下ミスによる3点の損失は大きなものとなりましたが、この単純に3点を加えたら総合得点が273点台に乗りますから、例年の優勝得点となったはずです。
今後の課題も見えたわけですが、最後の最後に大きなミスをしても勝てた実力は評価出来るものと思いますね。
遅くなりましたが、日本男子チームの悲願の優勝おめでとう・・・

シーズン初めとなるクワ友との採集・・・パート2。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

お知らせ致します・・・。

今回の材割り採集記は、パスワード付きとして一部の方々にしか見れない状態にしてあります。
クワ友関係には半分くらいパスワードをお知らせしましたが、ご希望者があるようでしたら自己紹介等を含めたメールを送信して頂ければ幸いです・・・。

シーズン初めとなるクワ友との採集・・・パート1。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

新規開拓に出掛けていたクワ友から思わぬ報告が・・・。

日増しに寒さを感じる日々となっていますが、皆さんも体調管理には充分注意して下さいね・・・。
さて、新規開拓に行っていたクワ友から、手応えがあったと報告をもらいました。
ひじょうに厳しい産地での新規開拓ですから、価値ある成果だったと思いますね。
また、そこへ行く途中で○○ナンバーのチェーンソーを持参したグループと遭遇したらしいのですが、なんとも複雑な感じですね・・・。

今日は母親の誕生日祝いに行って来ました。
昨日25日で86歳だったんですが、まだまだ長生きをしてもらわないといけませんからね・・・
”あと10回は誕生祝いをするからね”と伝えて来ましたが、来年度は近場に出掛けて祝ってやりたいと思います。

シーズン初めとなる材割り採集・・・。

クワ友とちょこっと採集へと出掛けて来ました・・・。
久しぶりに見る大物に感動した2人でしたが、数が少なくともこんな場面に出会えたら最高の気分ですね・・・

何ヶ所かのポイントを廻りながら1日楽しんで来ましたが、感動の連続で楽しいひと時を過ごす事が出来ましたね・・・。

IMG_0453.jpg
羽化したての♀37ミリ

IMG_0457.jpg
3令♂

IMG_0458.jpg
極太食痕

IMG_0462.jpg
蛹室内から出て来た大歯型

IMG_0464.jpg
♂61,5ミリのきれいな個体

IMG_0466.jpg
直径5センチ程の極太食痕

IMG_0468.jpg
20グラムオーバーの3令幼虫

この話の詳細は、後日時間のある時にでも紹介します・・・。

今年の高校サッカー県代表は・・・?

この次期になると高校サッカー県代表を決める戦いが11月の中旬まで続きます。
私の応援している藤枝東ですが、現在ベスト16まで進み、10月31日と11月1日の両日でべすと8が決定します。
今年の藤枝東は、例年に比べると少々戦力が落ちるので、ベスト4が壁かもしれないですが、何とか頑張ってもらいたいですね。
では、本命はと言うと、やはり今年は静岡学園が頭一つ抜け出ていると思いますが、その次となると清水桜ヶ丘かなと・・・。
この2校に続くのが、藤枝東、浜松開誠館、東海大翔洋、藤枝明誠あたりとなるのかなと思います。
毎年の事ではありますが、この時期の代表争いを興奮しながら応援しています・・・

ブナ帯遠征・・・パート2。

読売巨人の原監督が退任したそうですが、長い間常勝軍団を率いて来たその苦労は大変なものだったでしょうね。
しかし、その間好成績を収めて来ましたから立派なもんです。
次期監督の候補が高橋氏が有力候補だと言う事ですが、掛けられる期待が大きいだけに大変だと思います。
とにかく頑張ってもらいたいですね・・・

さて、それでは採集記の続きです・・・。

     ・・・< 2日目 >・・・

2日目の朝を迎えたが、メンバー全員ぐっすりと眠れたようです・・・

気になる天候は、曇り空ではあるものの、雨の心配はなさそうな感じである。

私自身も起床時間ぎりぎりまで寝ていて、久しぶりに良く眠れましたよ・・・

直ぐに朝食のバイキングへと向かいましたが、後輩君は朝から食欲旺盛で色んなものをおかわりしながら食べていましたね。

残りの私を含めたクワ友は、いたって普通の量でしたが、どれもこれも美味しいものばかりで充分満足出来るものでした。

IMG_0411.jpg
美味しかった朝食バイキング

さて、宿を後にした私達は、途中で昼食分を買い込んで新たなポイントへと探索する事にした。

樹層を見ながら車を走らせ、良さげな雰囲気のするポイントに到着後、2組に分かれての探索を開始・・・。

私達は、上部の朽ちた部分に狙いを定めてチェックを開始するものの、全く手応えがなかった。

近くにもいい感じのする部分枯れや立ち枯れ材が見られるものの、どれも手応えがなく、さらに林の中を歩きながら朽ち木を探したが、なかなか手応えを感じる事が出来なかった。

一旦車に戻り、再度車で樹層の良さそうなポイント探しをしていると、何となく雰囲気の良さそうなところを見つけたので、ここと決めて探索の開始です・・・。

ここでも何本かの朽ち木があったものの、古いオオクワガタの食痕を確認したのみで、それ以外の手応えはなかった・・・。

あっと言う間にお昼となってしまい、車に戻って昼食休憩後にポイント移動する事になった。

初日は、何とか1本の立ち枯れ材に当たりましたが、2日目はなかなか厳しい感じです。

そうこうしている内に良さそうな雰囲気のポイントを見つけ、斜面を昇ったり降りたりしていると、クワ友が1本の立ち枯れ材を発見

いやあ、これは良さそうですねえ

早速、立ち枯れ材のチェックが始まった・・・。

先端部分はボロボロのような感じではあるものの、そこから下部はなかなか良い感じである。

しばらく上と下でのチェックをしていると、双方でオオクワガタのものと思われる食痕を見つけて期待感が高まる。

その食痕を追い掛けていくと、下部では3令の♀(6グラムくらい)をゲットし、さらに他の食痕を追い掛けている。

一方、上部では本命と思われる食痕が出ては消え、再度別の食痕を追い掛けるもそれも途中で切れると言う古い感じのするものだった。

そのため、上部で1時間以上もチェックを続けているものの、なかなか本命の姿が見れないでいたのです・・・。

こうなったら、粘り強くチェックをしていくしかないので、入っている事を信じてチェックするのみです・・・

IMG_0418.jpg
巨大なブナの立ち枯れ

そうこうしていると、下部ではかなり太目の食痕が走っており、その堅い部分に伸びている食痕を慎重に追い掛けていく・・・。

IMG_0417.jpg
オオクワガタ3令の極太食痕・・・(この先に脱出口が確認された)

すると、その食痕の先で脱出口が確認され、一足遅かった様子である。

この後に蛹室内で死んでいるメスの40ミリ前後の死骸も見つかり、下部でも何本かの食痕が走っているようです・・・。

そうこうしていると、上部からは1本の本命らしき食痕が立ち枯れの中心部分を下へ下へと走っているものが確認され、30分程追い掛けたところでようやくポコッ大きな穴が開き、間違いない本命の姿が現れたのです・・・

IMG_0420.jpg
立ち枯れの中心部を食い進む3令幼虫

写真が上手く撮れなかったものの、穴の奥にいた3令幼虫を枝に噛ませて引き抜くと、3令中期の♂のようです・・・

IMG_0422.jpg
3令♂(体重8,3グラム、頭幅11,1ミリ)

さらに容量のある立ち枯れ材をチェックしていくと、上部ではヒメオオの2令がいくつか確認され、下部ではまたしても空蛹室を確認する事となった。

この後も粘り強くチェックを続けるものの、なかなか本命の姿を確認する事が出来ない・・・。

IMG_0424.jpg
高所で奮闘するクワ友

結局、日没間近まで粘ったものの、全部をチェックするにはあまりにも時間が掛かるので、ここでタイムアップとなり、山を降りる事となったのです。

IMG_0426.jpg
今回の成果の一部

この2日間は、天気こそ少々の雨に降られましたが、想定内だったのでそれ程気にもならなくて、涼しい感じのする採集だったですね。

1日1本で、計2本の材から多数の2令・3令を採集する事が出来たので、貴重な物を持ち帰る事が出来て最高でした・・・

また、長旅ではありましたが、クワ友と楽しく採集及び歓談出来た事が最高の時間だったですね。
今回お世話になったクワ友の皆さん、本当に有難う
次回も楽しい思い出作りをしましょう

     終わり・・・。

ブナ帯遠征・・・パート1。

忙しかった地元の大祭りも終了し、ようやくホッとしました。
今日は、気温が暖かだった上に炭火での串焼きや焼きイカ・フランクフルト等を焼いていたので、かなりの暑さを感じましたが、片付けも終了しひと段落です・・・。

さて、それでは先日のブナ帯遠征を振り返ってみたいと思います。

ついに待ちに待ったブナ帯遠征がやって来た・・・。
私自身、これまでのブナ帯採集と言えば、日帰り採集を含めると延べ62回(11県)となりますが、今回は久しぶりに某県のブナ帯へと遠征を決め、クワ友達と合流して長旅のスタートとなった。

久しぶりに会うクワ友達と楽しく歓談しながら、途中で夜食・朝食を済ませ、昼食を買い込んだ後にほぼ予定時刻には現地入りとなりました。

さあ、天候が心配されましたが、何とか雨具を着用して採集が出来そうなので、各自支度をした後に朽ち木探しが始まった。

やはり、ブナ帯はいつ来ても森林浴も楽しめるし、心が癒されるところでもありますねえ・・・

それぞれが、あまり距離をおかない程度に散らばっての朽ち木探しが始まった。

朽ち木が歩けばいくらか見つかるものの、状態が今ひとつでなかなか手応えがないままポイント移動する事となった。

ここブナ帯にあっては、かなりの高確率で入っているであろうと思われる特有のキノコが寄生している材をチェックするものの、やはり虫っ気がないように感じる・・・。

クワ友に話を聞いても、同様のようである。

あっと言う間に午前中の部が終了し、車に戻って来て昼食休憩を取ることにした。

そして、再度ポイント移動していると、なかなか良さそうな雰囲気のするポイントを発見し、そこで1本の大きな立ち枯れ材を発見

これはひょっとしたら面白いかもなあ・・・。

そこで、大きな立ち枯れ材をチェックすると、直ぐにいくつかの食痕が姿を現したのです。

しかし、太さは明らかにオオクワと断定出来るほどのものではない感じがする。

案の定、姿を現した幼虫はアカアシクワガタの3令だった。

かなり状態が良さそうなので、いくつかをチェックした後に伸縮梯子を使って上部の怪しい部分にチェックを入れてみたところ、このような明らかに本命のものと思われる堅く詰まった太い食痕が姿を現したのです。

これは来てるよ~

IMG_0393.jpg
オオクワガタの極太食痕

久しぶりに見るブナ帯の極太食痕に感動しながら、続きをチェックしていったところ、3令♂の中期のきれいな幼虫が姿を現した。

クワ友達と一緒に喜び、何枚かの写真を撮った後、サイズを計ってみるとまあまあだった・・・

IMG_0394.jpg
最初に姿を現した3令♂(体重7,5グラム、頭幅10,6ミリ)

さらにチェックを続けると今度は♀3令のようです・・・。

IMG_0395.jpg
3令♀(体重8,3グラム、頭幅8,9ミリ)

2頭出したところで、クワ友と代わり、ここからはみんなで交代しながらの取出しが始まった・・・。

随分と堅い部位もあるものの、材質は良く、縦横無尽に極太食痕が走っている。

IMG_0399.jpg
堅く詰まった極太食痕

次々と姿を現す3令ですが、慎重にチェックをを重ねていったところ、4時間あまりの間に最大18グラムを筆頭に大型の3令数頭入っていた。
また、3令以外にも2令も少々、そして、死骸もいくつか確認する事が出来、充分満足した結果となった。

IMG_0401.jpg
3令♂(体重16,3グラム、頭幅11,1ミリ)

気が付けば辺りは薄暗くなっており、ここで1日目の採集を終える事となった。

幸い天候は雨が降っていたものの、採集に影響するほどのものではなく、良かったですね・・・

さて、この後は車に戻り、今晩宿泊する場所へと向かった。

今回は、コテージへ全員宿泊する事になったんですが、ここの料金がとにかく安くて夕食を済ませた後、温泉に無料で入れたので得した気分でしたね。

この後、コンビニとコインランドリーに向かい、それぞれの汚れた衣類を皆一緒に洗濯乾燥し、スッキリしたところで宿に戻ったんですが、ここで今回の主役の後輩君がニコニコしながらフライパンを持ち出して何をするかと思いきや・・・

IMG_0408.jpg
ご馳走を前に笑顔の後輩君

いつの間にか採っていたカミキリムシの幼虫をフライパンで炒めて食べようとしていたんです・・・

私「おいおい、本当に食べるの?」

後輩君「ええ、食べますよ~


IMG_0407.jpg
カミキリムシの幼虫

こんがりとキツネ色に焼けたカミキリムシの幼虫ですが、これが高タンパク質で意外と美味しいと聞くものの、他のメンバーは誰一人として手を付ける事が出来ず、美味しそうに頬張る後輩君をみてただただ笑って見ているだけでした・・・

IMG_0409.jpg
こんがりと焼きあがったカミキリムシの幼虫

最初、後輩君は生で食べようとしていたんですが、流石にそれはやめた方がいいんじゃないのと言ったら、この様な展開になったんですよ・・・。

今回は、後輩君に顔出しOKの許可をもらったので、ニコニコ顔のアップ写真です・・・。

IMG_0410.jpg
高タンパク質の美味しい?カミキリムシの幼虫をほうばる後輩君

この後は、雑談をしながら深夜まで起きていましたが、キリの良いところで就寝となったのです・・・。

     つづく・・・。


プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: