FC2ブログ

今期の樹液採集を振り返って・・・。

今日は、先日に引き続き3時間ほど草刈りをやりました。
機械が草を刈ってくれるとは言っても、長時間にわたりやっているとやはり腰が張ってくるので、途中途中で背筋を伸ばしながらの作業に終わってみると疲労感がどっと出て来ましたね・・・
まあ、今年最後の作業でしたから、これでひと段落ですね。

さて、私自身の今期の樹液採集を振り返ってみます・・・。

全採集回数・・・13回(3県)

採集実績・・・7勝6敗(山梨県6勝4敗)

採集数・・・13頭(♂66、65、58、53、51、38、♀43、41、39、39、36、34、33)


※この外にゲット出来なかったものの、確認出来たオオクワガタが6頭(♂4♀2)

特に山梨県においては、H17年6月30日に♂64ミリを採集したのがベストでしたが、今期66ミリと65ミリを採集した事によって、10年振りに記録更新となりました。
正直かなり長い間の更新が出来なかったので、採集した時には本当に感動が大きかったですね・・・
また、この採集した樹液木も自身で歩いて見つけた木なので、案内された樹液木などとは異なり、より価値あるものだと感じました。

実際に自身で歩いて探すと言うのは、それをやった者でなければその苦労は理解出来ないでしょうね。
たまたま見つけたと言う事もあるかと思いますが、今期は3本の樹液木を新たに見付けた事が一番の収穫だと思っています。
私自身は、樹液採集を本格的にやり始めた頃、深夜に山の中をあちこち歩き廻っていましたが、その頃は結構樹液木が見つかりました。
その結果、それが成果となってゲットに結び付きましたが、ある程度年数が経つとだんだんと楽をするようになってしまい、以前のような積極的に樹液木探しをする事がなくなった頃、徐々にオオクワガタが採れ難くなっていきました。

そこで、原点に戻って樹液木探しをしなければいけないと感じ、数年前からもう一度冬季に樹液痕のある木を何本も探し出して夏にチェックすると言う事を繰り返しました。
その甲斐あって、今まで3回に一度位しか採集出来なかったものが、ここ3年の平均が採集確率0,552となり、変化が現れた次第です・・・。
それでも、クワ友の中には採集に来る度にゲットしている方々もいるので、私なんかはまだまだヘッポコではありますが、苦労しなければ採る事の難しいオオクワガタの価値をどれだけ感じ取れるかは、実際に誰の助けも借りずに採集したところから理解出来ていけるものと思いますね。

クワ友の話などを見聞きしていると、実際に樹液木を探す努力もしないで、ポイントを知っている方に同行させてもらって、採集したところを見て感動している者もいるようですが、たまにはそれもいいでしょうが、相手が大事にしているポイントを案内してもらう事への気遣いはないのでしょうかね。
毎回毎回そんな事をしていたら、マイポイントの開拓なんて出来るわけないし、黙ってやるならまだしも写真などを掲載したなんて事になれば、無断でポイントを世間の採集者に教える事にもなりかねませんからね、常識の範囲で考えたら分かるでしょう・・・。
これからシーズンを迎える材割り採集も同様ですが、場荒れを防止するための手段として、写真の掲載に当たっては細心の注意を払っていかなくてはなりません。
そんなわけで、来月からは本格的に材割り採集がスタートしますが、まずはブナ帯遠征が楽しみですね・・・
スポンサーサイト



草刈り&草取り・・・。

今夏も終了したところで、昨日我家の周りの草刈りと草取りを実施しました。
まあこれがなかなか大変なんですが、草取りは特に中腰でやったりするんで、疲労感があります。
草刈りは、機械がやってくれますからまあそれ程大変ではありませんが、何度かやる夏の季節になると草が伸びるのも早いですね。
ひと段落した今日は、知人の就職祝いと言う事で、地元にあるファミレスで一緒に食事をしましたが、久しぶりの肉料理も美味しかったですね・・・
また、今日は父の7回忌を行いましたが、月日の経つのは本当に早いものだなあ・・・。

今期10度目となる山梨県樹液採集・・・パート2。

もうすっかりと秋になり、各スポーツが盛んに行われる季節となりましたね・・・。
最近では、ラグビーにバレーボール・プロボクシング・MLBといったところに興味を持って見ていましたが、現在MLBは、残り10試合あまりとなり、注目のマー君が所属するヤンキースが地区優勝出来るか?それともワイルドカードでのポストシーズン進出なるかで興味が持たれるところです・・・

今期のクワ友達は、流石と言える成績を残していますが、ヘッポコな私にはまだまだと言ったところです。
それでも、今期は久しぶりに60ミリ後半の大歯型に出会える事が出来ましたから、私自身としては充分満足な結果だったと思います。

さて、それでは先日の採集記の続きです・・・。

クワ友と合流し、かねてから2人で”あそこの採集者が入っていないと思われるポイントに行ってみようか?”との思いがあり、そこへと足を踏み入れる事となったのです。

2人で歩き始めてしばらく行くと目の前には背丈以上もあるボサの壁に難航しながらも少しずつ前へと進んで行く・・・。

実際に行って見るとかなりの難所であり、ここへ何度も通う事は難しいと思えるポイントで、そこの難所をどうにか突破したところで、ふと足元付近を見たところ、なんとそこには大きくてゆっくりと動く蛇の姿があったのです・・・

クワ友と共に一瞬大きな青大将かと思ったが、よくよく見ると大きなマムシが3匹寄り添っており、その内の2匹が直ぐに動き出して移動し、残った1匹がとぐろを巻いてその場にじっとしていたのです・・・。

いやあ、こんなに太くて大きなマムシも前回見たマムシの方が若干大きかったですが、この3匹もかなりのものだった。

友「カズさん、気味が悪いですねえ

私「ここは湿地帯だからこんなのがいたのかもしれないなあ・・・。」

友「早く通り過ぎましょう

私「そうだねえ、気を付けて移動しましょう

友「了解です


こうしてさらに移動した私たちは、ようやく1本、2本と見えて来たクヌギ林に入り、各々が分かれての樹液木探しが始まった。

平地や斜面を移動しながら、しばらく探索をしていると、1本の樹液木が見つかり、チェックするとコクワガタやノコギリの姿が確認出来た。

せっかくここまで40分あまりも掛けて歩いて来たから、やはり何らかの手応えが欲しいところです。

まあ、”骨折れ損のくたびれもうけ”的な探索が多いのが実際のところなんで、気にもしませんがたまにはねえ・・・。

そんな事を考えていると、1本の小さな樹液木が目に留まり、樹液の匂いがプ~ンとしていたので、その部分を見た瞬間我が目を疑った・・・

おお~、オオクワだ~

IMG_0343.jpg
樹皮の隙間の奥に大歯型が・・・。

慌ててデジカメを取り出し、直ぐに撮影しようとシャッターを切るものの、残念ながら奥へと入られてしまった。

しかし、掻き出し棒或いは愛用のピンセットを使用すれば充分に取り出せる状態である。

ここで近くにいると思われるクワ友を大声で呼んだ。

お~い、オオクワいたよ~

クワ友は、このオオクワガタが奥へと逃げられてしまうかもと心配をしていましたが、この状況下では樹皮の隙間の奥へと身を隠す程度で、その心配がなかった事から、後はクワ友と一緒に取り出しの瞬間をデジカメで撮影しながら掻き出し棒とピンセットを使用しての取り出しを開始した。

樹皮が所々穴が開いていたり、薄くなっていたりで、中から取り出そうとカチャカチャやっていると樹皮の一部が取れてしまい、大歯型の一部分が確認出来る状態となった。

IMG_0345.jpg
微かに見える大歯型

さらに慎重に右上部分から掻き出し棒で押し込むと今度はスルリと向きを変えて下向きになった。

IMG_0351.jpg
下向きに移動したオオクワガタ

ここはチャンスと思い、引っ張り出そうとしたが、またしても向きを変えられて今度は上向きとなった。

ここで、大アゴを掴んで引っ張り出せば取り出せたんですが、良いアングルで1枚写真が撮りたかったので、焦らずに写真を撮る事にした・・・。

IMG_0352.jpg
今度は上向き

いやあ、なかなかいい写真が撮れないなあ・・・

再度ここでチャレンジしましたが、まあまあの写真が撮れたのがこの1枚だった・・・

まあ、私にとっては上出来かな・・・

IMG_0353.jpg
出て来そうになったところをパチリ

すると今度は、樹皮の中をまたしても向きを変えて下向きになってしまいましたが、この1枚を撮り終えたところでしっかりと取り出しに成功しました・・・。

IMG_0355.jpg
今度は下向きに・・・。

取り出してみると、やはり65ミリは超えている感じだったので、測定してみると 65,3ミリ だった・・・

IMG_0359.jpg
オオクワガタ大歯型65,3ミリ

この個体は、裏側にダニが付着し、前脚と中脚のフ節が2ヶ所取れており、アゴ先も磨耗していて越冬個体の代表的なものでした。

また、大歯型の入っていた部分は、樹液が中噴きしており、ひじょうにいい感じでした。

この樹液木のオオクワがいた部分は、地上1メートル以下の位置であり、このような低い部分でも環境さえ良ければ生息するんだなあと良い勉強をさせてもらったのは言うまでもありません。

IMG_0365.jpg
大歯型の入っていた樹皮の隙間

樹液木の全体写真は、場荒れする原因にもなるので、今回も今後も掲載は控えます。

さて、この樹液木は、この部分だけではなくてこの他にも数ヶ所の怪しい部分があったものの、残念ながらコクワガタが入っていたのみで、ペアとなるメスの存在は確認する事が出来なかった。

この後もこのポイント内をある程度探索したものの、樹液の出ている木がそこそこあり、今後に期待出来そうな感じでした・・・

帰りは、また難所を通り、ようやく車に戻った頃には真っ暗になっていた・・・。

さて、この後もクワ友と共に樹液採集を継続し、あちこちを廻ったものの、手応えがなく終了となった。

クワ友といつものファミレスで反省会&食事をして深夜の帰宅となりました。

IMG_0369.jpg
翌日自宅にて撮影

私自身は、今回が山梨県での10回の樹液採集となりましたが、他県へのチャレンジもしましたから、ほぼ例年通りの採集回数だったと思いますね。
まだ、クワ友達の一部は樹液採集を続けているので、大方終了したところで、今期のまとめをしてみたいと思っています。

     終わり・・・。

今期10度目となる感動の山梨県樹液採集・・・パート1。

もうすっかり涼しさを肌で感じるようになり、過ごしやすい日々となっていますが、このシルバーウィーク期間中も樹液採集を楽しんでおられた方々も多かったのではないでしょうか・・・。
クワ友達も各地でそれぞれ樹液採集を楽しんでいたようで、数々の採集報告をもらいましたが、大半はこの連休中で樹液採集を終了としたようです。
それぞれが各地で樹液採集に没頭し、頑張っている姿は、私自身もその情熱を感じながら足を運ぶ事が出来、励みになったのは言うまでもありません。
私も今回がラストと決めて、有終の美が飾れたらとの思いで、2日間を楽しんで来ました・・・

さて、それでは樹液採集を振り返ってみます・・・。

     ・・・< 1日目 >・・・

この日、気になるポイントをチェックした後、前回大きな♀を見失ったそのサイズが気になり、再度そこに行ってみる事にした。

その樹液木に到着し、まずは周囲のチェックから開始する。

樹液の匂いがする以外は、静まり返っている。

そして、前回の♂66,4ミリを確認した隙間にライトを当てると、そこには中歯型の姿が確認出来た

オオクワだ~

ロングピンセットを使用し、取り出しに掛かる・・・。

そして、奥が上手く見えない状況の中で、ふとライトを明るさを調整しようとした次の瞬間、これまで確認出来ていた中歯型の姿がなくなっていたのです。

樹液木のその上部の隙間から下に落下したのか?それとも奥へ入ってしまったのか?しばらく色々な角度から確認するもついにその姿を再度確認する事はなかった・・・

残念ですが、集中出来なかった自分自身の負けなので、諦める事にした。

しかし、まだ何となく気になる箇所があり、その部分にライトを当てたところ、なんとそこには小さなメスの姿があったのです。

先程の中歯型のペアの相手なのかもしれないが、この♀を時間を掛けて取り出すことに成功

アゴ先は欠け、ボデーのつやもなく越冬個体のようですが、サイズは34ミリと小柄でしたね。

私自身、メスは持って帰る事はしないので、その周辺にリリースし、再度樹液木のチェックをするものの、追加はなかった。

IMG_0327.jpg
オオクワガタ♀34ミリ

ポイント移動した先でも、オオクワガタの入っていそうな雰囲気の樹洞があったものの、残念ながら手応えはなし・・・。

IMG_0333.jpg
いかにも怪しそうな雰囲気の樹洞

さらにあちこちのポイントを移動していると、夜間採集に入って間もなくこの時期にしては珍しいカブトムシの姿を確認する事が出来た。

IMG_0339.jpg
樹液木上部で確認したカブトムシ

この後も気になるポイントを移動しながらチェックするも、手応えなく1日目を終える事となった・・・。

遅い食事を終え、いつものネットカフェへと直行し、身体を休める事にした。

     ・・・< 2日目 >・・・

この日も天候が良さそうなので、今期あまり通えなかったポイントへと直行し、そこから2日目のスタートとなった・・・。

涼しくなったとは言え、やはり日中は暑さを感じます。

クワ友と午後から合流する事になっていたので、それまでのんびりとポイント廻りをするものの、樹液の出具合は良いが本命の姿を確認する事はなかなか難しいですね。

そうこうしている内にとあるポイントにて、気になる樹液木をチェックしようとしたその時だった・・・。

偶然にもその樹液木に張り付いていた黒いものを発見

もうそれは、ひと目でオオクワガタ♀と分かるものだったので、直ぐにその樹液木に昇ってメスを鷲づかみにしたのです。

そして、良く見てみるときれいな新成虫だったのです・・・

IMG_0341.jpg
新成虫♀

サイズを測ると36ミリあり、自然界ではごく普通のサイズですが、この時期でも樹液の出ている木には偶然出くわす事もあるんだなと思いましたね。

IMG_0342.jpg
♀36ミリ

このメスも少し離れたところにリリースし、この場を後にした。

今期は、毛虫・スズメバチ等が例年に比べると少ないですね。

その分、私にとっては好都合ではあるんですが、ただ本当に暑い夏だったように感じます。

この後、昼食休憩を取り、クワ友と合流する事になったんですが、そこでいくつかの驚くものを目にする事となったのです・・・。

     つづく・・・。






2週連続での感動的な採集・・・。

残り僅かとなった樹液採集ですが、先週に引き続き今回も感動的な場面に出会う事が出来ました・・・。

有終の美を飾ろうと思い、ひょっとしたら♂との出会いを期待しながら、2日間に掛けての樹液採集を楽しんで来ました・・・

この時期となっては珍しいカブトムシの姿も確認する事が出来た。

IMG_0339.jpg
この時期珍しいカブトムシ

さらに幸運にも幹に張り付いていた♀もタイミング良く確認する事が出来ました・・・

IMG_0341.jpg
♀36ミリ新成虫

さらに樹液木探しをしていたところ、過去に一度も入った事のなかったポイントにて思いがけない大歯型との出会いがありました。

IMG_0345.jpg
樹皮の隙間に隠れる大歯型

やはりワイルドは迫力がありますね・・・。

IMG_0348.jpg
樹皮の隙間に隠れる大歯型

滅多にこんな光景は撮影出来ないので、何枚もアングルを変えて撮影しました。

IMG_0356.jpg
大歯型越冬個体

この後取り出したところ、先週に引き続き65ミリオーバーの個体の出現には、クワ友と共に驚かされました・・・
この個体は、逃げられる心配のなかった事から、この他にもきれいな写真が撮れましたから、後日採集記をアップする中で掲載する予定です。
今回は、この他にも驚く事がいくつかあり、色々と勉強になった2日間でしたね・・・。

樹液採集も終盤戦・・・。

MLBも残り20試合を切り、大方の優勝チーム及びワイルドカード進出チームも決まりつつありますが、ヤンキースのマー君が明日のメッツ戦で昨シーズンに並ぶ13勝目を狙います。
今期は、今のところ明日の試合を入れて4試合の登板予定なので、上手くいけば15勝も期待出来そうですが、とりあえずは明日の試合に頑張ってもらいたいところですね・・・

さて、樹液採集も終盤戦となり、私の中では9月いっぱいまでの残り2週間を1~2回行ければと思っているので、なんとか有終の美を飾れればと期待はしているのですが、さてどうなりますかね・・・。
今期は、クワ友たちも65ミリオーバーを10頭前後採集しており、70ミリオーバーも含まれていますから凄いですね。
とにかく残りのシーズンを楽しみたいですね・・・

大歯型ゲットなるか・・・。

MLBも残り20試合位となり、いよいよ終盤戦を迎えています。
そんな中、ア・リーグ東地区のヤンキースは首位攻防戦の大事な試合を任されたのが、マー君だった。
7回を無失点に抑えて12勝目(6敗)を挙げましたが、首位のブルージェイズとは3,5ゲーム差の2位で、なんとか離されずに済んだようです。
もしも2位だっとしても、ワイルドカード争いでは頭一つリードしている状況なので、このまま行けば何とか残れそうですね。
残り試合を頑張ってもらいたいところですね・・・

さて、それでは先日の山梨県樹液採集の話です・・・。

この日は、久しぶりに再会したクワ友と2人での採集となりましたが、このコンビは意外と運が良くて、以前にもオオクワガタペアゲットとなった事があり、ひょっとしたらとの期待を胸に樹液採集を開始する事となった。

この時期は、もうカブトムシの姿を見る事がなく、代わりにこのようなノコギリクワガタの姿を見る事が多い・・・。

IMG_0299.jpg
ノコギリクワガタ

そして、期待のこの樹液木もやはりノコギリクワガタの姿を確認する事となった。

IMG_0302.jpg
樹液を吸うノコギリクワガタ

また、以前♂38ミリの小歯型が入っていたこの部分にもやはりノコの姿があった・・・。

IMG_0304.jpg
ノコギリクワガタ

いやあ、それにしても今回はこの様にノコギリクワガタの数が多く、あちらこちらで確認する事が出来た。

そうこうしていると、とあるポイントでふと樹液の匂いのする木を観察していたところ、上部の樹皮の隙間にひと目で分かる黒い大きなものが・・・

オオクワだ~

少し離れたところにいたクワ友に声を掛け、こちらに来てもらう事にした。

そして、やり難いところでの格闘が始まった・・・。

下記の写真の右側に大アゴが隠れていますが、左側が尻で右側が頭になります。

IMG_0287_20150914233637a61.jpg
横向きになっているオオクワガタ大歯型

入り口が狭いものの、奥行きがあり、奥に逃げられないようにピンセットでブロックし、ここから約30分に渡る格闘が始まった。

拡大して撮影したつもりが、なんとピンボケになってしまった・・・

IMG_0289.jpg
大歯型をブロックしながら撮影するもピンボケ

さらにもう一枚撮影するが、これもピンボケになってしまい、逃げられてしまいそうなので、ここで断念して取り出しに掛かる・・・。

IMG_0290.jpg
またしてもピンボケ写真

この後、向きを変えた大歯型が下部のスペースへと落ちましたが、粘り強く手前に掻き出す事に成功し、最後は左手で鷲づかみにしてついにゲットとなった。

下で見守っていたクワ友にその個体を手渡し、写真撮影・・・。

しかし、30分あまりの格闘の際にどうも左前足をピンセットで強く引っ掛けてしまったようで、残念ながら1本取れてしまっていたが、サイズは 66,4ミリで、山梨県における自己記録更新となった・・・

IMG_0293.jpg
大歯型♂66,4ミリ

さらにこの奥には、目を疑う程の大きな♀の姿を確認する事が出来たものの、残念ながら取り出すことは出来ず、奥に逃げられてしまい、万事休すだった・・・。

しかし、この♀は推定で最低でも45ミリは超えており、46~47ミリくらいあったかもしれませんが、あくまでも推定ですから分かりません。

ただ、もう一度チャレンジする機会があればそのモンスター♀を一度取り出してみたいですね。

まあ、持ち帰る事はないですが、サイズが気になるところです。

この1頭に満足し、一旦昼食休憩をしてから、午後の部の開始となった・・・。

そして、なかなか手応えのないままポイント移動した先でふと足元を見ると、なんとそこにはこれまで見た中で最大級のマムシがいるではないですか・・・

IMG_0305.jpg
大きなマムシ

最初は、何かを飲み込んでいるために胴が太いのかなと思いましたが、良く見ると全体が太くて大きなものだったのです。

いやあ、びっくりしたなあ

そして、この後いくつかのポイントを攻めたものの、手応えがなく、いたのはまたしてもノコギリクワガタだったのです・・・。

IMG_0306.jpg
ノコギリクワガタ

こうして、タイムリミットとなり、いつものようにファミレスで夕食を摂った後、解散となったのです。

私の今回採集した66,4ミリですが、私にとっては実にH17年6月30日に64ミリを採集して以来、8年ぶりに記録更新となりました。
まあ、私のクワ友達は、もっと大きな個体を採集していますから、私の採集した個体など大した事はありませんが、私自身にとっては貴重な個体と成ったのは言うまでもありません・・・。

さて、まだまだ樹液採集は各地で行われていると思いますが、私自身もあと1~2回時間があればチャレンジしたいと思っています。

さあ、次回も頑張ろう


面白いコメントが・・・。

タイトルの面白いコメントについてですが、昨日どなたか分かりませんがこんなコメントを書き込んでくれた者がいます。
私が採集した大歯型について、”画像を見る限りですが内歯の角度が国産ではない感じですね・・・・・”とのコメントでした。
まあ、何を考えての事か理解不能ですが、この方オオクワガタを知らないのか?知ったかぶりをする頭でっかちな性格なのか?とにかく採集した個体にけちをつける単なるクレーマーかひがみ根性丸出しと言ったところですね。
まず、採集個体の前胸背板と頑丈突起は100%国産に間違いないものです。
それに内歯の角度は国産の写真をあらゆる角度から何枚も撮って見れば多少の相違はあるものなのです。
ですから、コメントを書き込んだ方、もう一度国産のオオクワガタについて良く勉強してみて下さい
それと他人のブログにこのような失礼なコメントを書く事自体非常識だし、もう一度礼節も一から勉強した方がいいですよ・・・。

何とか大歯型ゲットとなりました・・・。

いやあ、台風による雨量は凄かったようですが、何とか無事で良かったです・・・。
しかし、この台風の影響で大きな災害をもたらしているようですから、今後の復旧活動も大変です。

さて、先日になりますが、ちょこっと樹液採集へと出掛けて来ました。
今回は、目指すは”大歯型”と言う事で、頑張って探索をして来ましたが、どうにかその念願が叶い、山梨県における私の記録更新となりました。
実にH17年6月30日に♂64ミリを採集して以来の事だったので、目の前にその個体が現れた時には、感動のしばし声が出なかったですね・・・。

IMG_0295.jpg
有名ポイントに作られている途中のスズメバチの巣

IMG_0305.jpg
過去に見た中で最も大きなマムシと遭遇

IMG_0290.jpg
今期の目標であった大歯型を見つけてロングピンセットでブロック

IMG_0293.jpg
念願の大歯型越冬個体

ようやく大歯型に出会える事が出来た上にこれまでの記録更新となった事にひじょうに感動しましたが、やはり中途半端に探しているだけではこの出会いはなかったと思うし、やるからには自身で探す努力をすべきであると実感した次第です。
採集記は、後日アップしますね・・・

友人からもらった蜂の子・・・。

いやあ、台風の影響ではありますが、良く降りますねえ・・・。
それに何度かの小規模の地震までありましたが、お陰で過ごしやすい日ではあります。
さて、先日、長野県の友人から”蜂の子”をもらいました・・・
まあ、珍味ではありますが、いったいどんな味なのだろうか?
今度、試食してみようと思います・・・。

IMG_0280.jpg
蜂の子

それから、新成虫の問い合わせを何件かもらいましたが、ありがとうございます!
興味のある方は、気軽にお問い合わせ下さいね・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: