FC2ブログ

2014年ラスト採集・・・パート2。

今日は、朝からちょいと忙しい1日となってしまいましたが、何とかお墓参りや買い物・掃除・愛車の洗車やらでようやく帰宅した次第です。
今日もクワ友からは採集報告があり、皆さん頑張っているようです・・・
さあ、今年もあと数時間となりましたが、明日は恒例の初詣に出掛けて来る予定です。
その後は、ゆっくりしようと思っていますが、家でのんびりと過ごすのがいつもの事なので、まあそれもいいですね・・・。

さて、それでは採集記の続きです・・・。

いやあ、本当にこの極太食痕は迫力あるなあ・・・

しかも、これまでの経験からすると相当大きな主がこの先にいるようである。

慎重に極太食痕の先を少しづつ追い掛けていった。

DSCN2197.jpg
食痕の太さが3~4㎝ほどある極太

その食痕を追い掛けている途中、向かい側でチェックしていたクワ友が、またまた驚いた表情で叫んだ

友「カズさん、もう1頭大歯型が出ましたよ~

私「ええ~、また出たの~


そう言って彼の手に握られていた黒虫を見てみると・・・。

私「これも大きいなあ~

友「そうですかねえ、そんなに大きくは見えないけど・・・。」

私「いやあ、見慣れているからなんじゃないの・・・

友「いやいや、勘弁して下さいよ~


そして、さらにメスの成虫までもが姿を現したようですが、その成虫3頭ともが蛹室をカブトの幼虫に壊され、ボロボロの材の中からポロッと出て来たとの事・・・。

この状況も、タイミングが悪ければ蛹化途中から羽化する一歩手前でカブトの幼虫によって死に追いやられていた可能性があったわけで、自然界で生き延びていくための難しさを感じましたね。

そうそう、クワ友の採集した2頭目のオスは66,3ミリで0,2ミリ違いではありましたが、1頭目の66,5ミリは、ボデーが太かった事もあって、かなり大きさの違いを感じたようですね・・・。
そして、3頭目のメスは40ミリだったようです。

さて、そんなこんなで私の方の食痕の先を少しづつ追い掛けていった結果、ついにその先でポコッと穴が開き、主が姿を現したのです。

私「いやあ、これは結構大きいなあ

友「カズさん、これ相当大きいですよ~

私「贅沢な悩みなんだけど、成虫だったら65~68ミリ位にはなっていたかなあ・・・

友「それくらいですかねえ・・・。」

私「でも幼虫は育てる楽しみがあるからなあ・・・


DSCN2196.jpg
ついに姿を現した大きな3令幼虫

写真を何枚か撮った後、体重計に乗せてみると、糞をしたものの19,1グラムと堂々とした大きな3令幼虫だったのです。

私にとっては、嬉しいバースデープレゼントとなり、良かったですね。

DSCN2200.jpg
オオクワガタ3令♂(体重19,1グラム、頭幅11,3ミリ)

そして、クワ友も反対側の極太食痕を追い掛け、その先にいた15グラム(頭幅11,1ミリ)を採集して終了となりました。

クワ友も大喜びで、楽しい採集が出来て大満足の様子・・・。

この材の中にいたカブトの中型幼虫と19グラムのオオクワガタ3令と比較してみると、やはり大きさが際立ちます。

DSCN2202.jpg
近くにいたカブトの中型幼虫との比較

こうして、半日も山の中での採集をしていたので、かなり歩いてお腹が空いたこともあって、昼食休憩を久しぶりに牛丼屋でゆっくりと過ごしてから午後の部の開始となりました・・・

午後の部の1ポイント目は、以前から木の伐採が進んでいて環境の変化がある場所へと向かいましたが、ここは虫っ気がなくて手応えがなかった。

そして、2ポイント目は良材がそこそこあるものの、ここも虫っ気がなくて全く手応えがなく終了する事となった。

山の中を歩き回り、行った道を戻るのは大変で、しかも薄暗くもなって来たので、別ルートから車まで戻る事としました。

途中、かなり面白そうな○○の大木があったので、ちょっとチェックしてみましたが、加湿気味で全く手応えがなかった。

こうして、時間を掛けて車まで戻った時には、すっかりと暗くなり、今日の成果に満足した事もあって、これにて終了となりました。

DSCN2204.jpg
今回の私の成果(♀41,8ミリ、3令2♀、3令19グラム)

DSCN2206.jpg
クワ友の成果(♂66,5ミリ、66,3ミリ、♀40ミリ、3令15グラム)

この後、いつものファミレスにて夕食&反省会を行い、途中休憩しながら帰宅したのでした。

      終わり・・・。

2014年もこれにて最後のブログとなりますが、2015年も頑張っていきますので、今後もよろしくお願い致します。

皆さん、良いお年をお迎えくださいね

スポンサーサイト



2014年ラスト採集・・・パート1。

2014年もあと僅かとなった某日、クワ友とラスト採集をするために出掛けて来ました・・・。
この日は、私の誕生日と言う事もあり、どんなバースデープレゼントがあるのかないのか?で、ひじょうに楽しみな1日となる事を願いつつ、探索をして来ました。

それでは、2014年最後となるラスト採集記です・・・。

彼との待ち合わせをしていたんですが、ちょっと現地に到着するのが早かったせいもあり、少し早めに始動し始めた私でしたが、直ぐにクワ友と合流して目的のポイントを広範囲に渡って探索する事にしました。

お互いに良材は所々にあるものの、なかなか手応えのないまま時間だけが過ぎ去っていった・・・。

そして、まあまあ期待出来そうな○○の切り株を発見

チェックし始めると、そこにはノコギリの食痕が縦横無尽に走っており、それでもひょっとしたらと思いながらチェックをしましたが、残念ながらオオクワガタはいなかったのです。

そこからさらに探索をするために山の奥へ奥へと進んで行ったところ、なぜか珍しく山の中で迷ってしまい、仕方ないのでそこから下った先に沢があったので、その沢伝いに歩きながら林道を見つけて歩いていると、なんとそこには輝きを放つ朽ち木を発見

この時既に採集を始めてから3時間が経過していた・・・。

そして、その朽ち木に向かって歩いて行くと、なかなか良い感じのものがそこには何本か確認出来、そこを1本づつチェックをして行く事にした。

1本はひじょうに怪しいと感じましたが、容量があるので一旦止めてから、近くにあった衰退した倒木をチェックする事にした・・・。

すると、加湿気味となったその状態の悪い部分にオオクワらしき3令サイズの食痕があり、慎重に削った先には間違いのないオオクワ3令幼虫の姿がありました・・・

よ~し、オオクワだ

DSCN2183.jpg
3令♀(体重3,6グラム、頭幅8,4ミリ)

ただし、この3令は、この材の加湿状態では無事に羽化するのは難しいだろうと感じた。

材質は、この部分を見れば分かるように随分と水分を含んでいるために状態が悪く、しかも材の容量もないので死んでしまう確率の方が高いと言えるでしょうね。

さらにこの幼虫を取り出してから、横向きにして写真をもう1枚撮ってみた・・・。

DSCN2184.jpg
3令♀(体重3,6グラム、頭幅8,4ミリ)

この1頭が出た後、もう1頭の同じくらいのサイズの3令♀が出たものの、その他はひょっとして死んでしまっていた可能性もあり、追加なく終了しました。

ここで、近くにはまだ朽ち木が存在しているので、クワ友に連絡をしてみると、クワ友はまだ成果がないらしい。

それならと、ここの場所のだいたいの特徴を教えて、こちらに来てもらって合流する事にしました。

かなり私自身歩いてしまったので、はっきりとした位置関係は分からないまでも、おおよその位置を伝えると、さすがに良く歩き廻っているクワ友の感が冴えたと言いましょうか、しばらく待っているとひょいと姿を見せたのです・・・。

友「カズさん、結構歩きましたねえまさかこんなところにいるとは思いませんでしたよ~

私「いやあ、山の中で迷ってしまってさあ、沢伝いに来たらここへ辿り着いたんですよ・・・

私「それで、この小柄な3令メスがこの状態の悪い材に入っていたんだよ・・・。」

友「へぇ~、まだ朽ち木がありますねえ。」

私「そうそう、面白そうだからチェックしてみようよ

友「了解しました~


そして、比較的大きな倒木でしたが、彼と私とでチェックし始めて直ぐに彼のチェックしている側から黒虫が出たのです・・・

DSCN2186.jpg
この倒木から3令と成虫が・・・。

友「カズさん、いきなり成虫が出ましたよ

私「いやあ、これ65ミリ前後じゃないの~

友「そんなにありますかねえ・・・。」

私「あるよ、これなら充分大きいと思うよ~。」


この後、しっかりと計測したところ、66,5ミリの個体でしたね。

DSCN2185.jpg
オオクワガタ大歯型(66,5ミリ)

いやあ、驚きましたが、立派なサイズだし形も申し分ない格好良いものですね・・・

ただし、彼のチェックしていた側は、カブトの食痕だらけでこの成虫の蛹室部分が食い荒らされてしまって、ない状態だったのです。

この様な状況だと、オオクワガタも無事に羽化までいけば良いのですが、初・2令や蛹の状態ですとカブトにやられてしまう可能性もありますから、先程の材同様にオオクワ救出作戦が成功したのかもしれないですね。

それだけかなりのカブトが入っていたわけなんです・・・。

そして、私の側からは、なんとメスの成虫が・・・

DSCN2189.jpg
蛹室内の♀

ここまでは、カブトに食い荒らされていないようでしたが、ほんの近くまではカブトの食痕が確認されたので、この部分の材質がしっかりとしていて良かったと言えます。

DSCN2191.jpg
♀41,8ミリ

そして、写真を撮り終えた後にサイズを測ると41,8ミリのまあまあ大きな個体でしたね。

さらにこの後、私のチェックしていた側からは極太食痕が姿を現し、この極太食痕の先にどんなものが入っているのかが興味津々だったのは言うまでもありません。

DSCN2195.jpg
オオクワガタの極太食痕

そして、さらにさらにクワ友がチェックしていた側でも、この後に驚きのどよめきが起こったのです・・・。

     つづく・・・。

さあ、今年もあと2日ですね・・・。

さあ、今年もあと2日ですが、明日以降に墓参りと買い物を済ませておかなくては・・・。
クワ友からは、今日も採集報告があり、成果を挙げたようですから、楽しんでいたようですね・・・
クリスマス企画の方も問い合わせがあり、残り5ペアとなりましたので、興味のある方がいればお早めにどうぞ
近日中というか、年内2日間ですから明日か明後日となりますが、今年最後となるクワ友との採集記をアップする予定でいますので、ちょっと期待していて下さい・・・
さて、仕事の方も残り1日となりましたが、今年最後の仕事なので頑張っていきましょう

菌糸ブロックの詰め作業終了・・・。

今日は、菌糸ブロックの詰め作業をやりましたが、これで餌交換用と採集して来た幼虫達のストック分が出来たので、当分は大丈夫かな・・・
年末年始にかけてクワ友達があちこちに採集に出掛けるようなので、道中気を付けて出掛けてもらいたいですね。
私自身も時間があればちょっと出掛けて来ようと思っています。
さて、仕事が後3日残っているので、大晦日までまだ忙しいですが、頑張るのみですね

最後の最後に役者が出揃った(山梨県ナイター採集)・・・。

年末で大忙しの毎日ですが、家の掃除・片付けやお墓参りもしっかりと済ませたいところです・・・。
さて、2015年の1月には全日本卓球選手権大会があるんですが、今回は観戦に出掛けてみようと考えています。
卓球は下手ですが、大好きな競技なので、クワ友と一緒に行けたら行こうかなと・・・。
まあ、楽しみですね・・・

さて、それでは、先日の採集記です・・・。

          ・・・<1日目>・・・

今回は、1日半の山梨県採集となりましたが、初日は生憎の雨でした・・・

雨だとテンションが下がりますが、なんとか雨が強くなる前に気になるポイントを見たいところです。

しかし、現地に向かう途中は、既に雨が降っており、到着した時には結構降っていました。

急いで目的のポイントへ向かうために伸縮梯子を担いで歩いた後に斜面を移動いくと、良さそうな部分枯れがあり、早速チェックして見たものの、手応えがなかった。

しかし、この時に夏に期待出来そうな樹液木を1本見付けたので、これはこれで収穫があったと言えます・・・

さて、ここからがボサを掻き分けながら大変な移動だったのですが、こんな場所ですから採集者の痕跡もなく良かったのかも知れません。

そして、1本の朽ち木を見つけてチェックしてみたものの、状態は良かったのに何の手応えもなかったのです。

まあ、こんな事もいつもの事なので、さらに移動していくと以前立ち枯れだった朽ち木がいつの間にか倒木になっているではありませんか・・・。

状態を確認すべくチェックしていくと、状態の良い方からはいつものコクワちゃんだったんですが、それが出た下部の方をチェックした際にひと目で本命と分かる2令が姿を現したのです。

DSCN2155.jpg
オオクワガタ2令幼虫

そして、いくつか出たところで雨の方も本降りとなり、雨具をしているとは言え濡れてしまうので、ここで終了とし、雨宿り出来る場所で着替えをした後、ちょっと休憩してから早めの夕食となった。

久しぶりにいつも行くところとは異なるもう1件のつけ麺屋に行く事にした。
ここは、ボリュームがあるしスープも濃厚で美味しいため、ミニ丼とセットで注文しましたが、昼食抜きで採集したせいもあり、あっと言う間に満腹になってしまった・・・

さて、初日と入っても降雨のために2時間あまりしか採集が出来なかったものの、明日はクワ友と合流する予定なので、たまにはゆっくりと身体を休めようと思い、宿泊するホテルへと向かい、早めの就寝となった・・・。

          ・・・<2日目>・・・

2日目の朝を迎えると、昨日とはうって変わり晴れ間が出て採集日和となっている・・・

食事を済ませてクワ友が待つ集合場所へと向かった。

到着すると元気そうな彼と挨拶を交わした後、早速1台に乗り換えて出発しようとしたその時だった・・・。

前日の雨で路面が凍結状態となっており、もうその時はなにがなんだかと言った状態で、車が制御不能となってスピンしながら1回転した後、ガードレールにぶつかる寸前でピタリと停止したのです・・・

いやあ、これには2人共驚きましたが、もう何も出来なかったですからね、でも、無事で何よりだったですね。

雨の降った翌日の路面凍結には充分な注意が必要ですね・・・。

さて、この後は何事もなかったかのように最初のポイントに向かい、1時間ほど初めて入るポイント内を探索したものの、何の手応えもなく終了し、2ポイント目へと移動する事にしました。

その途中、ちょっと気になるピン材があったので、クワ友にチェックしてもらったところ、しっかりと3令1頭をゲットしていましたね・・・

それから、次のポイントへと移動しましたが、ここのポイントは私自身山梨らしい雰囲気が漂っている事で好きなポイントなんです。

林道を進んで行った先に雑木林が広がり、雰囲気もひじょうに良く期待が持てそうです・・・。

早速、2人で探索開始です。

良い朽ち木はあるものの、なかなか手応えがなく2時間近くが経過した頃、切り株のカワラ材をクワ友がチェックして間もなくの事だった・・・。

チェックしていたところからポロリと落ちたものを拾い上げた際、クワ友がアレ~と言った次の瞬間、手にはメスの蛹が握られていたのです・・・

いやあ、これには驚きましたが、こんな状態の良い朽ち木ですから、どこかに入っていなければ反対に不思議なくらいですね。

この後、その蛹を蛹室内に戻してから、再度撮影する事にしました。

なかなか良い感じですねえ・・・

DSCN2160.jpg
オオクワガタ蛹♀(30ミリ半ばくらい)

この1頭が出た後も極太食痕がありましたが、どうもこの♀のものだったようです。

したがって、かなり慎重にチェックしたものの、追加はなく終了となりました。

そして、この後私が立ち枯れより初令を1頭を抜いたところで、これも残りを削らずに終了し、クワ友は、状態の良い朽ち木をチェックしたものの、本命は出なかったようです。

結構時間を掛けて探索をしましたが、追加は得られずに午前中の部を終了する事としました。

もう既に時間は14時を廻っていたので、遅めの昼食休憩を取ることにし、この後午後の部の開始となった・・・。

考えてみれば、今回は4本の材で当てて入るものの、3令はクワ友の採集した1頭のみで、何とか3令或いは成虫に出会いたいものだ。

ここで、かなり面白いと思われるあるポイントへと2人で向かったんですが、良材はあるものの、なかなか手応えがないまま日没となってしまい、ここでこのポイントでの採集を終える事にしました。

ちょうど2人で車に戻ろうとしていた時だった・・・。

もう1人の”ナイター名人”なるクワ友から電話が入ったのです・・・。

友「もしもし、お疲れ様です

私「いやあ、どうも~

友「カズさん、どうですか~?」

私「いやあ、あの後は厳しいねえ・・・。」

友「これからどうしますか?」

私「○○さんが来るなら3人でナイターやるよ~

友「いやあ、それなら今からそちらに向かうから、ナイターポイント探しておいて下さいよ

私「はいよ~、それで何時頃こっちに来れるの~?」

友「○○時頃には行けると思いますよ・・・

私「ええ~、そんなに早く来れるの~?」

友「大丈夫ですよ~

私「了解です!それじゃあ気を付けて来てね!」

友「了解です!」


そう言って電話を切った後、私たちはコンビニで買い物をしながら彼の来るのを待っていた。

車中で休憩を取りながら休んでいると約束の時間に彼がやって来たのです。

彼と挨拶を交わした後、必殺のナイターポイントへと3人で向かったのです・・・

夜間採集となると、やはりここ山梨県は冷えます・・・

しっかりと気合を入れ直し、目的のところへ到着しましたが、ここからは若干見通しが悪い中での材探しです。

3方に分かれての探索が始まった・・・。

そして、採集を始めて間もなくの事だった。

クワ友が、極太の確定食痕を確認したとの事で、そこへ行ってみると間違いないものだった。

いったいどんなものが出て来るのかを楽しみに見守っていると、しばらくして3令幼虫(12~13グラム)が姿を現したのです・・・。

流石ですね、やはり彼の五感は優れているなあと実感・・・。

さあ、感心してばかりはいられません、そうです、私も3令か成虫を何とか見つけ出さねば・・・。

そうこうしている内にもう1人のクワ友も、これにならまず入っているだろうと思われる朽ち木を発見してチェックするものの、なぜかカブトと極太のアカアシ3令の食痕やら成虫やらでドキドキワクワクといった感じで、随分と楽しませてくれたが、結局本命の姿はなかったのです。

そして、3令を出したクワ友は、さらに3令をいくつか追加しましたが、私は未だ手応えがなく時間だけが過ぎ去っていったのです。

もう、既に2時間半以上が経過した頃だった・・・。

目の前に○○の朽ち木があり、早速チェックしてみたところ、かなり大きなオオクワの2令幼虫が姿を現しました。

やった~、オオクワだ

まだ入っている事は分かっていたが、2令なので1頭抜いたところで終了し、次の材を探す事にした。

しばらくすると、そこに良い雰囲気のカワラ材を発見

そのカワラ材をチェックして間もなくすると、3令の極太食痕が姿を現したのです・・・。

DSCN2162.jpg
オオクワガタ3令の食痕

そして、その先には3令初期のオオクワ♂が入っていたのです。

オオクワだ~

DSCN2167.jpg
1頭目のオオクワ3令♂(体重5,8グラム、頭幅10,7ミリ)

この後、直ぐにクワ友2人に声を掛けてこちらに来てもらう事にした。

しかし、ナイター採集での写真撮影は、光源の関係でなかなか撮るのが難しいですね・・・

何度も撮り直しながら、ようやく写真が撮れましたが結構クワ友に協力してもらいながら、ライトを当てたりしてなんとか撮れましたね。

この後は、クワ友と交代しながら割って行きます。

夜間は、何もしないでいるとかなり冷え込んで寒いですから、身体を動かさないと風邪を引きかねませんからね。

DSCN2170.jpg
3令幼虫♂(体重5,0グラム、頭幅10,0ミリ)

ひっそりと静まり返る山奥でクワバカな面々が3人・・・。

もう、こうなると廻りも関係なくゆっくりと出来ますが、気が付けば23時を廻っています。

それでも、貴重なオオクワの3令幼虫ですから、傷付けないように慎重に取り出していきます。

DSCN2173.jpg
3令幼虫♀8体重5,0グラム、頭幅8,8ミリ)

そして、ある程度抜いたところで、満足した事もあり、まだ入っているものの、途中で切り上げる事としました。

こうして、3人でのナイター採集を終え、車に戻った時には日が変わっていたのでした・・・。

いやいや、この後は3人でファミレスにて食事&反省会を行い、随分と疲れ切ってしまった3人は、この後帰宅途中で爆睡したのでした・・・

DSCN2177.jpg
今回採集した3令幼虫の一部

DSCN2181.jpg
今回採集した2令幼虫の一部

いつもいつも採れるとは限らないオオクワガタ採集ではありますが、たまには良い結果になる事もあるのです。
ただし、その地域地域で歩いて苦労を重ねた結果だとは思います。
採れたからと言って簡単に採れるなんて思った事はありません。
それなりに経験を積んで来ている仲間達だからこそ、その難しさも充分わきまえていると思いますね。
その経験値は、レア産地と言われる地域へ採集に行った際には、採れる採れないは別として必ずやプラスとなる事でしょう・・・。
私自身は、そのように信じています。

と言うわけで、今回もクワ友さんには大変お世話になり、ありがとうございました。
また再会出来る日を楽しみにしています・・・

クリスマス特別企画(F0個体)余品販売・・・。

昨日は仕事が結構忙しかったですねえ・・・。
もう、2014年度も残り1週間あまりとなり、仕事の方もあと5日間の勤務を残すのみとなりました。
まだ年内は、やらなければいけない事がありますが、順番に片付けていかなければなりません。
まあ、もうちょっとですから頑張ろう

さて、遅くなりましたが、”クリスマス特別企画”として、2014年度羽化の新成虫2ペアと2013年羽化の5ペアを5000円均一で販売します。
期間は、2015年1月末日までとさせて頂きますが、携帯への連絡もしくはブログメールにて早いもの順となります事をご了承ください。


②山梨県韮崎市産 ♂68♀40・・・5000円(2014年羽化)
DSCN1901.jpg
アゴの湾曲のきれいな個体

④山梨県甲斐市産 ♂63♀41・・・5000円(2013年羽化)
DSCN0814.jpg
アゴ基部4,2ミリのスマートな個体

⑤山梨県韮崎市産 ♂64♀41・・・5000円(2013年羽化)
DSCN0802.jpg
アゴ基部4,2ミリで太短いアゴが特徴の個体

以上の7ペアとなりますが、同産地の♀の余品があるものについては、サービスさせて頂きますね・・・
それでは、よろしくお願い致します・・・。

携帯番号090-7031-4791(池谷)






クリスマス特別企画・・・。

今回、随分と遅くなってしまいましたが、クリスマス特別企画での成虫販売7ペアを予定しています。
準備が整い次第、5000円均一でやらせて頂きます。
サイズは、62ミリ~70ミリのペアとなりますが、期限は2015年1月いっぱいとさせて頂きます。
尚、大型個体に関しては、電話連絡かメールでの早いもの順になりますから、その点をご理解下さいね・・・
また、発送は新年度とさせて頂きますので、重ねてご了承ください・・・。

最後に感動が待っていた・・・。

あと10日間となった2014年ですが、実に色々な喜怒哀楽な出来事が日本中でありましたね・・・。
私自身も、色々な事がありましたが、前を向いて頑張って進んでいくしかありません。
さて、2014年のオオクワ採集も残り僅かとなりましたが、気の合う仲間と楽しく採集をして来ました・・・

DSCN2165.jpg
ギッシリと堅く詰まった極太食痕

DSCN2168.jpg
3令初期の♂

このメンバーならとことん頑張るので、私も刺激されてナイター採集にまで突入してしまいましたが、最後に感動が待っていましたね・・・
採集記は、時間のある時にでもアップします・・・。

将棋界の羽生義治・・・。

ここのところ本当に寒い日が続きますねえ・・・。
昨日は、地元で珍しく雪が降り、積雪2~3センチを記録しましたが、さむ~い1日でした・・・

さて、タイトルの将棋界の羽生義治ですが、もう既に44歳となりました。
私自身、将棋がほんと下手ですが大好きで良く将棋番組を見ていますが、将棋界に15歳でプロ入りした後、17歳の頃にNHKの将棋番組に出ている羽生義治を見てからファンとなり、それ以来ずっと応援しています・・・
羽生義治については、皆さんもご存知のように一時将棋タイトルの7冠達成(名人・竜王・王将・王位・王座・棋王・棋聖)を成し遂げ、現在は名人・王位・王座・棋聖の4タイトルを保持しています。
それに名人(8期)、王将(12期)、王位(16期)、王座(22期)、棋聖(13期)、棋王(13期)、竜王(6期)の通算90期は現役最多であり、他を圧倒しています。
また、竜王以外は全て永世の称号を得ており、竜王はあと1つで永世の称号を得られるというところまで来ていますから、これも凄い記録です。
そして、プロ入り後の勝利数は先日1300勝となり、1位大山康晴(1433勝)、2位加藤一二三(1317勝)、3位中原誠(1308勝)に続いての第4位であり、通算勝率0,723は第1位であり、これも他を圧倒しています。

今後も記録を更新しながら、1500勝いや1800勝も夢ではないのかもしれません。
とにかく、これからも頑張っていってもらいたいですね・・・。

今日は風の吹き荒れる1日だったなあ・・・。

いやあ、今日は強風が吹き荒れる1日でしたね・・・。
天候も悪かった事もあり、のんびりと自宅でユーチューブを見ながら笑い転げていました・・・
最近は、結構ユーチューブにはまっていて、ドラマを見たり、お笑い系を見たりしているとあっと言う間に時間が経ってしまいますが、たまにはいいもんです。
さて、今年も残り2週間ほどとなりましたが、採集はあと2~3回くらい出掛けようと思っています。
まだちょっとやらなければいけない仕事も残っているので、それらも順番に片付けてく予定ですが、頑張ろう
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: