FC2ブログ

マー君、打線の援護がなく3敗目・・・。

いやあ、全く残念な結果でしたね・・・。
ヤンキースもここまで打てなければどうしようもありません。
上昇気流に乗ったかに見えたヤンキースでしたが、やはり打線が今ひとつでは連勝がなかなか続きません。
オールスター戦までに残り3試合の登板予定となっているマー君ですが、あと3つをしっかりと抑えてもらいたいところです。
しかし、マー君の不安要素と言えばここのところ、よく本塁打を打たれているところなんですが、もう少しコースをシビアにコントロールするしかありません。
次回登板は、是非とも12勝を・・・

さて、梅雨時らしい天候の中、6月最後となる樹液採集へと出掛けて来ました・・・

今回は、今期まだ見ぬオスの姿を見てみたいと言う気持ちが強く、今期初となる3ポイントを含めた地域を単独にて頑張って来ましたが、初カブト♂とのご対面やいくつかのノコギリを確認する事が出来ました。

DSCN1802.jpg
50ミリ後半のノコギリクワガタ

そして、今期初となるポイントにて手応えがあるにはあったんですが・・・。
この話の続きは、後日時間のある時にアップ予定です。
スポンサーサイト



W杯は、日本が残念ながら予選で敗退・・・。

ここのところ、W杯予選の中継を連日のように見ているので、少々寝不足です・・・
そして、決勝トーナメント進出を掛けた日本対コロンビア戦は、残念ながら健闘むなしく1対4で負けてしまい、予選での敗退が決まりました。
色々と反省もあるでしょうが、その場において出来る事を頑張った結果ですから、これも仕方ありません。
選手も悔しいと思いますが、応援していた私たちもやはり悔しいですね・・・。
とにかく頑張った選手・スタッフには、お疲れ様と言いたいです。
この悔しさを糧にして、次回こそ沢山の感動を与えてくれる強い日本となってくれる事を願いたい。

新成虫が徐々に羽化してます・・・。

いやあ、マー君は残念ながら12勝目ならずでした・・・。
味方打線の援護がある時もあればそうでない時もあるんで、その辺は難しい事であるんですが、それでも7回を3点に抑えた事で一応の仕事は果たせたからOKですね。
6月にもう一度の登板がありますから、その時に頑張ってもらいましょう

さて、我家のオオクワガタのワイルドたちも徐々に羽化をしておりまして、20頭余りが無事に成虫になっています。
現在のところ、1頭が蛹化の段階で死んでいましたが、これも仕方ありません。
今年もいくつかの余品を7月半ばくらいに販売予定ですので、興味のある方は是非お願い致します・・・

それから、以前3令幼虫採集において、その幼虫が羽化するのにいったいどれ位の羽化サイズが限界なのだろうかと何度も触れた事があります。
私が採集した3令幼虫では、73ミリがMAXなのですが、74ミリとか75ミリで羽化したら相当大きいと思いますよ。
初令や2令での菌糸ビン飼育下では、私自身78ミリがMAXですが、おそらく79ミリや80ミリも可能だと思います。
ただし、3令採集したものは、そこまでサイズが大きくはならないでしょうね。
また、今度は、3令採集したメスの幼虫だったらどれくらいになるでしょうか・・・??
これも私自身のデータでは、せいぜい46ミリくらいなんですが、皆さんの中で48ミリとか49ミリで羽化したと言う事実があるのかもしれません。
このメスに関しても初・2令採集したものなら49ミリまでの話は聞いていますが、これもあくまで3令採集をしたものにおいてより関心度が高くなるでしょう
まあ、それだけ3令採集したものは、よりワイルドに近い存在と言えるのかもしれません。

先日の樹液採集を振り返って・・・。

ワールドカップも盛り上がりを見せていますが、やはり気になるのは日本ですね。
この大会に限らず、必ずしも本命が勝つとは限りません。
大きな大会と言うのは、何が起きるか分からないのも事実ですから、とにかくベストを尽くしてもらいたいですね・・・

そう言えば、先日あるポイントで採集をしていたところ、地元の小学生が私に向かって話しかけて来ました。

小「こんにちは~!おじさん何しているの?」

私「ああ~、こんちは~!昆虫採集だよ~!」

小「何を採っているんですか~?」

私「オオクワガタだよ~!」

小「採れましたか~?」

私「採れないねえ・・・。」

小「おじさん、こんなところにはいませんよ~!」

私「あぁそう・・・(確かに言えるかもなあ・・・)」


本当のところを言いますと、この地域で生息している事は確かなのですが、私自身が見付けられないだけなのです。

とは言っても、未だにこの地域での樹液採集実績がないのも確かなわけで、まあ頑張ってその樹液木を見付けるしかないですねえ・・・

そして、また別のポイントでもこんな事があったんですよ。

採集をして車に戻った私のところに1人のおじさんが近づいて来たところから会話が始まった・・・。

私「こんちは~!」

お「こんちは~、ここで何してるの?」

私「オオクワガタを探しているんですよ!」

お「へぇ~、ここで採れるの?」

私「いやあ、なかなか難しいですねえ!」

お「ここよりも○○の方が採れるんじゃないのかい。」

私「そうですかねえ・・・。」

お「以前○○で、大きなクワガタを採ったけど確か17センチもあったよ!」

私「・・・・・???」

お「このくらいあったかなあ・・・。」・・・と言って手でその大きさを示してくれたんですが・・・。

私「おじさん、その17センチのクワガタだけど、日本にはそんなに大きなものはいませんよ。」

お「そうかい・・・。」

私「多分、計り間違えたんじゃないんですか?」

お「そうかなあ・・・。」


と言うわけで、おじさんの勘違いだったようですが、この後もしばらく話好きのおじさんと世間話をしてしまった私でした・・・


とことん粘った末にようやく出会えた・・・。

W杯での日本チームは、なかなか厳しい戦いの連続ですが、これも現実なのだから仕方ありません。
しかし、まだ最後の1試合が残っていますから、悔いのないようにプレーしてもらいたいですね・・・。
また、MLBヤンキースは、ここのところ連勝が続いており、首位とのゲーム差が1,5まで迫って来ました。
今日も逆転サヨナラ勝ちで、これで4連勝となり、上昇気流に乗って来ましたね・・・

さて、それでは、先日の樹液採集の話です・・・。

この日の天候は、夕方辺りから雨との予報だったんですが、自宅をゆっくりと出た私は、明日の午後勤の事を考え、今日は遅くとも深夜0時までかなと思っていた。
大半は、12時間前後が目安なのですが、とりあえず廻れるところまで頑張ろうと思い、段取り良くチェックしていく事とした。

まずは、ポイントに到着してから、新しく見付けた樹液木のチェックをしようと奥を覗き込んだところ、毛虫だらけであった・・・

この時期になると穴の奥には、毛虫が蛹になるためのスペースを確保しているようで、うっかり手を入れようものなら大変な事になってしまいますね・・・

しかし、このようなところには、オオクワガタがいるはずもなく、直ぐにポイント移動しながら順番に気になる樹液木をチェックしていったのです。

樹液は、十分に出ているようで、匂いもプンプンしていて期待が持てそうです・・・。

いくつか樹液木のチェックをするものの、見掛けるのはコクワガタにノコギリクワガタといったところで、先日見掛けたカブトムシの姿はないようです。

そうこうしている内に期待の樹液木をチェックしてみると、ここもコクワガタの姿しか確認出来ません・・・。

DSCN1783.jpg
今期期待の樹液木

さらに別の樹液木をチェックしてみたところ、ここには大小様々なコクワガタが16匹程入っていたのですが、まさにコクワマンション状態でしたね・・・

結構面白そうな部分もあるので、通い続けたら、ひょっとして本命の姿を確認出来るかもしれません・・・。

DSCN1784.jpg
16匹ものコクワガタが至るところに確認出来た樹液木

途中、ノコギリクワガタが樹液を吸っている姿を確認しましたが、大アゴの湾曲したその姿は、堂々としていてカッコイイですね・・・

しばらくうっとりと眺めてしまいましたよ・・・。

DSCN1789.jpg
樹液を吸うノコギリクワガタ

さらに移動を繰り返し、色々と見て廻るが手応えがないままあっと言う間に夕方になってしまい、適当に腹ごしらえをしてからアップダウンのある地域へと移動して目的の樹液木を目指して歩いていると、なにやらガサガサと獣が移動する音が聞こえた。

多分、鹿かイノシシであろうと思いますが、襲ってくる事もないので、注意だけはしながらさらにその先にある樹液木を目指した。

到着すると、さすがに樹液の匂いがプンプンしていて、雰囲気は最高

樹皮捲れ部分や樹洞があるので、今期一番の期待する樹液木なんですが、時間を掛けてくまなくチェックしたものの、コクワガタをいくつか見掛けただけでした。

しかし、いかにも怪しい部分に何も入っておらず、ここは確かに何かが出入りしていると考えられるので、ここも通い続ければオオクワに出会える時が必ず来ると信じています・・・。

さて、もう後5~6ポイントチェックしてみたいところがあるので、近いところから行ってみようと思い、見て廻るものの、やはり見掛けるのはコクワガタとノコギリクワガタばかりです。

期待しているポイントが、樹液の出具合は良いものの、手応えとなるとサッパリです・・・

そして、気が付けば既に深夜0時を過ぎてしまった状況で、もう2ポイントだけ気になるところがあったので、時間を延長して行って見る事にしたのです。
しかし、行ったところで無駄足を踏むのが分かっていたとしても、やはり、どうしても見てみたいと言う願望があり、そこのポイントへと入り、樹液木のチェックをしたものの、怪しいのに姿を確認する事が出来なかった・・・。

そろそろ、最後のポイントへ移動しようかと思ったその時だった・・・。

目の前に大きな黒虫がいるではないですか・・・

オオ~ オオクワだ~

目の前にはオオクワガタの大型のメスの姿がありました・・・

ライトを当てた途端、穴の開いた部分にスルスルと移動して潜り込もうとしたので、直ぐにデジカメを用意して何枚か写真を撮影する事にした。

DSCN1791.jpg
穴の奥へと逃げ込むオオクワガタ♀

さらに近づいてもう1枚撮影・・・

DSCN1793.jpg
穴の奥へと逃げ込むオオクワガタ♀

写真を撮った後、取り出してサイズを測ってみたところ、45ミリジャストでしたね。

アゴが擦り減り、ボデーは擦り傷だらけの越冬個体でしたが、樹液場から飛来して産卵のための朽ち木を探していたのかもしれません。

DSCN1795.jpg
越冬個体のオオクワガタ♀45ミリ

この後、このデカ♀は、そっとその場にリリースし、最後のポイントへと移動・・・。

結局、そこもかなり期待出来るものでしたが、残念ながら手応えがなく終了する事にしました。
あっと言う間の採集でしたが、時間を見れば3時近くになっており、着替えをした後にちょっと仮眠をしてから帰宅したのでした。

最後の最後に♀45ミリをゲットしたものの、今期は、未だにオスの姿を確認していません。
次回こそは、オスの姿を確認出来るように頑張るのみですね・・・

よ~し、頑張ろう

     終わり・・・。

マー君の頑張りに刺激されて・・・。

またしても本当にやってくれました・・・。
しかも、先頭打者に初球を一振りされてホームランを打たれた後、後続をピタリと抑えての両リーグ単独トップとなる11勝目を挙げるとは、流石としか言いようがありません。
このようなマー君の活躍を耳にして、すっかりと刺激を受けまくったクワバカが燃えないはずがありません・・・。
そして、樹液採集の終盤にその瞬間が待っていたのです・・・

DSCN1793.jpg

しかし、本当に厳しい1日だったなあ・・・。
と言うか、私にとってはいつも厳しいのですが・・・
へとへとになって帰って来たので、まずはゆっくり身体を休めてから後日この話を振り返ってみたいと思います。

マー君とダルビッシュ有のW登板は・・・?

昨日は、定年退職する先輩の送別会でした。
いつもニコニコしていた面白い先輩だったので、これから顔が見れなくなると思うとちょっと寂しいですね・・・。
私も後数年で退職する時がやって来るので、それを考えると人生長いようで短いなあと感じてしまいます。
しっかりと働けるうちに頑張って、思い出と言うか仕事仲間との縁を大切にしていきたいものです。

さて、今日はマー君とダルビッシュ有のダブル登板です。
どちらにも勝利を目指して頑張ってもらいたいところです。
そして、私も今期5度目となる樹液採集へと出掛けて来る予定ですが、大雨が降らないことを願って頑張って来ますよ・・・
さあ、頑張るぞ~

ワールドカップが開幕して・・・。

ブラジル対クロアチア戦から始まったワールドカップですが、誤審騒動から始まり、思わぬスペインの大敗、ウルグアイのまさかの逆転負け、そして日本の対コートジボワール戦でのこれまた逆転負けと言った具合にワールドカップと言う大舞台には、何が起こるか予測がつきませんね・・・。
日本は、パスミスが多くていつ同点にされてもおかしくないような状況での戦いでしたが、やはり消極的過ぎて持ち味が出せないまま初戦が終わってしまいました。
もう後がありませんから、思い切ってプレーしてもらいたいものです。
さて、天候が良かった今週末ですが、あちこちでオオクワガタ採集のゲット報告が聞かれたのではないでしょうか。
私は、幼虫達の餌交換やら片付けやらで忙しかったです・・・
さあ、そろそろオスの姿を見たいところですねえ・・・

樹液採集今期第4戦は、残念ながら撃沈・・・。

MLBヤンキースのマー君が、またしてもやってくれました・・・
最終回に2点本塁打を浴びたものの、被安打6・奪三振11・失点2で、完投勝利。
これで10勝となり、両リーグトップタイとなりました。
ヤンキースは、今日も勝利して3連勝で、いくらか上昇傾向にはありますが、なんとか頑張ってもらいたいところですね。

さて、それでは今期4度目の樹液採集のお話です・・・。

天候が思わしくない中、現地へ向かってみると、なぜか雨も上がって気にならなくなっていた。
これは、天が味方してくれたなあと思い、早速樹液の出具合を見て廻った。
すると、樹液全開とはいえないものの、なかなかの状態のようです・・・

昨日と言うか、今朝方まで雨が降っていたせいか、しっとりとしているようですが、樹液採集をするには全く問題はありません。
ただ、木に登る際は多少滑るので、そこには注意しなければいけません。

そんなわけで、順番に樹液木のチェックをしていった。

至るところに沢山のコクワガタが付いており、今期2頭目のオオクワガタゲットに向けて期待が高まった。

しかし、廻れども廻れどもなかなかオオクワガタの姿を確認する事が出来ない・・・。

そんな中、樹液たっぷりの木に今期初となるカブトムシを発見

DSCN1772.jpg
今期初の樹液を吸うカブトムシ

なかなかいい姿ですね・・・

しかし、手応えがな、くあっと言う間に夕方になってしまった。

気が付けば伸縮梯子を担ぎながら、山の中を歩いていた。

そして、期待の樹液木を見てみると、いかにもどこかに居そうな雰囲気が漂っている・・・。

私自身としては、今期一番期待している樹液木なんですが、これまで一度もチェックした事がない木だけにワクワクしながらの初チェックが始まった。

樹液の匂いは、プ~ンとしており、遠目からでも感じる事が出来る。

それにチェックするところは、数箇所あって、念入りにしなければならないので、時間的にもゆっくりと観察出来るんですね・・・

ここまで苦労して歩いて来た甲斐があるというものです・・・。

しばらくは、初めて目にする見事な樹皮捲れ部分や樹洞を見ながら感心してしまいましたが、その一つ一つが独特な雰囲気があって、沢山のコクワガタが付いていました。

DSCN1773.jpg
今期期待の樹液木

また、この部分なんて最高の樹液が出ており、どこにオオクワガタが居ても絵になる感じでしたが、残念ながら本命の姿はありませんでした。

DSCN1774.jpg
樹液の出具合は抜群

この後も真夜中、山の中を1人歩きながら樹液木のチェックをしていると、鹿の親子と遭遇したり、多分タヌキかハクビシンだと思いますが、それらとも遭遇しました。

私にとっては、それらよりも怖いのが、なんと言っても毛虫なんです・・・

この日も木に登っていると気色悪い毛虫がいくつか付いていて、なんとも言えない気分でしたが、もしも目の前にいくつもの毛虫がいたら、気絶するかも・・・。

いやあ、あれだけはごめんですねえ・・・

そんなわけで、ひっそりとした山の中から、さらに移動して何ポイントかを廻った後、しばらく休憩をしてから早朝にラストポイントを3時間位掛けて廻りましたが、樹液の出具合が良かったものの、手応えはありませんでした。

これで、今期4度目となる採集でしたが、メスを初ゲットした後は、ズルズルと3連敗です。
ただ、今回は樹液の出具合が良かったので、次回こそは期待感が高まるものと思いますね。
まだ、全てのポイントには行っていませんから、あと2回位で一回り出来るものと思いますが、一回りしてからが私にとっては本当の勝負かな・・・。

私にとって、この地域での樹液採集は、いつ行っても採れるものではなく、頑張り抜いた末にようやく1頭を手にする事が出来る貴重なオオクワガタなんです。
もしも、何度行っても採れない方がいたら、見方を変えたり、新しい樹液木探しをする事で、その努力が報われると思いますよ。
私が以前採れる気がしない状況から、何となく頑張れば成果が出て来る状態になり、現在ではさほど飛躍はしていないものの、ようやく樹液採集の面白さが理解出来るようになりました。
といっても、へっぽこ採集家ですから、上級者レベルとはかけ離れていますが、1本のオオクワガタの居る樹液木を見付ける楽しさと言うのは、以前にも増して面白いと感じています。
やはり、自身で見付けた樹液木からゲットする喜びは格別ですからね・・・

樹液採集をやられる皆さん、シーズンは始まったばかりです。
お互いに頑張りましょう

         終わり・・・。

マー君が10勝目をかけて登板・・・。

いやあ、今日はMLBヤンキースのマー君が10勝目をかけての登板ですが、なんかワクワクしますねえ・・・
ダルビッシュ有も登板予定なので、双方が勝利してくれたら最高ですが、多分やってくれるでしょう
サッカーのワールドカップも近づいて来ましたが、6月から7月上旬までは、世界最高峰のプレーが見れますから、こちらも目が離せませんね・・・。
そんなわけで、私自身もちょっと樹液で勝負をして来ます・・・。
あいにくの悪天候ですが、そんな事は私にとってはさほど関係ありません。
厳しい状況であっても、頑張って楽しんで来ます・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: