FC2ブログ

久しぶりの後輩君との採集・・・。

今日で3月も終わりとなり、明日からはいよいよ4月です。
もう桜は満開となり、綺麗ですね。

さて、先日、久しぶりに後輩君と一緒に採集をして来ました。
彼も色々と多趣味なので、なかなか日程が合わず、この地域へは実に2年程の歳月が経っていたことから、かなり一緒に行っていなかったんだなあと驚かされた・・・。

それでは、採集記です・・・。

この日、私と後輩君の2人は、久しぶりにこれまで一度も採集した事のない地域へと向かっていた。

そして、ポイントへ到着するとそこの奥へと進みながら、各々朽ち木探しを始める事にした。

アップダウンのあるポイントを移動しながら進んでいくと、所々に朽ち木があるので、その1つ1つをチェックしていったのです。

それから1時間半程が経過した頃だった・・・。

私がとある朽ち木をチェックしていると、太い食痕が姿を現し、その先にはオオクワガタ3令の姿が確認出来たのです。

少々小さめのオスではあるが、間違いないようです・・・

間違いない、オオクワだ

DSCN1554.jpg
オオクワガタ3令♂(体重6,1グラム、頭幅9,2ミリ)

頭幅を測ると9,2ミリと小型ではあるが立派なオオクワガタ3令である。

さらに続きをチェックするとあちこちに3令の食痕が走っている。

DSCN1555.jpg
オオクワガタ3令の食痕

そして、その内の1本を追い掛けていくと、今度は先程よりも大きな3令が姿を現したのです。

ここで写真を何枚か撮ったところで後輩君に連絡をして、こちらへ来てもらう事にした。

私「もしも~し、こっちで3令が出たからおいでよ

後輩君「了解しました


DSCN1557.jpg
オオクワガタ3令♂(体重10,4グラム、頭幅10,5ミリ)

そして、後輩君が到着してから彼にチェックしてもらうと、削り難い状況の中、時間を掛けての取り出しとなったのです。

後輩君は、興奮しながら太い食痕を追い掛け、楽しんでいる様子・・・。

DSCN1565.jpg
オオクワガタ3令♂(体重7,0グラム、頭幅9,7ミリ)

そこで、彼がチェックをしている間、私は周辺の朽ち木探しをしていると、面白そうな材を発見

その材をチェックすると、コクワガタの3令の食痕が姿を現した後、その横からポロッとオオクワガタの初・2令が一度に姿を現したので、これには驚いた・・・

いやあ、オオクワだ~

DSCN1561.jpg
コクワガタ3令の食痕とオオクワガタ初・2令の食痕が入り混じる

とりあえず、写真を撮る事にし、ここも後輩君に後をチェックしてもらう事にした。

DSCN1563.jpg
オオクワガタ初令幼虫

初令を撮影した後は、今度は2令幼虫です・・・

DSCN1562.jpg
オオクワガタ2令幼虫

一旦、後輩君の様子を見に行ってみると、堅くて削り難い部分と格闘しながら奮闘していた・・・。

かなり手こずっているようでしたが、何頭か採集出来たようです。

本人も大満足のようで、ニコニコしながら取り出しをしていた姿が印象的でした。

この後、彼に2本目の材をチェックしてもらいましたが、予想に反して1頭しか入っていなかった。

とにかくコクワガタの食痕と入り混じっていた事もあり、ここも結構時間が掛かってしまった。

さて、この後は、ここのポイントの奥へと進みながら朽ち木のチェックをしていきましたが、追加がなく終了となった。

すっかり夢中になっていたら、お昼になっていたので、久しぶりにラーメンセットを食べてから、午後の部の開始となった。

ここの地域も過去に一度もオオクワガタを採集した事がなく、2人で手分けしての探索となった。

ここもアップダウンがあってかなりタフな道のりです・・・。

彼と途中で別れてから、しばらくして彼から連絡が入った・・・。

後輩君「もしも~し、オオクワ出ましたよ

私「ほんとなの~

後輩君「2令ですが間違いないと思いますよ

私「じゃあ、そっちへ行ってみるよ


彼のところに行ってみると、そこには綺麗な2令幼虫の姿があったのです。

私「この地域での初ゲットだね、おめでとう

後輩君「ありがとうございます


この後3令が出ましたが、その後の追加はなく、少数入っていたのみだった。

DSCN1569.jpg
オオクワガタ3令♀(体重2,0グラム、頭幅8,0ミリ)

しかし、この地域での初ゲットは、ひじょうに価値あるものです。

この後もかなり時間を掛けてこの地域を探索しましたが、手応えなく終了となった。

あっと言う間にタイムリミットとなりましたが、今回採集した地域は、私にとっても後輩君にとってもひじょうに価値あるものだったと思いますね。

DSCN1570.jpg
採集した3令幼虫

狙いをつけた地域で採集すると言うのは、簡単な事ではありませんが、諦めずに頑張ればいつかはその日が来ると信じて通う事だと思います。
まだまだ難度の高い地域は沢山存在しますが、今後も地道にやっていこうと思っています。

また後輩君と一緒に行ける日があると思いますが、今度はどんなドラマが待っているのか、次回が楽しみですね・・・

     終わり・・・。
スポンサーサイト



プロ野球の開幕・・・。

日本のプロ野球も開幕となり、これから盛り上がっていく事でしょうね。
となればMLBもヤンキースのマー君やレンジャースのダルビッシュ有をはじめとする日本人プレーヤーの活躍がひじょうに楽しみです・・・
話は変わって、私にとってのオオクワガタの材割り採集も残すところ2ヶ月となりましたが、先日、久しぶりに後輩くんと共に採集へと出掛けて来ました。
色々な発見のあった採集でしたが、この時の模様は、近日中に採集記としてアップする予定です・・・。

継続する事の大切さを感じた採集・・・。

お墓参りも無事に終わり、ここのところ忙しかった仕事もひと段落した事で、ちょっと採集へと行って来ました。
採集は、基本的にどこへ行っても楽しいものです。
採れる採れないにかかわらず、それは目的とする種類のものを探索している時が、無心でいられるし、面白いといつも感じてしまいますね・・・。

さて、今回は某地域へと遠征をして来ました。

早朝に地元を出発して、カーペンターズを聴きながら運転していると、長距離にもかかわらずあっと言う間に目的地へと到着してしまった・・・

ここでクワ友と合流して、狙いを付けていた地域へと向かい、探索する事となった。

雰囲気がまあまあ良かったものの、残念ながら手応えがなかった。

そして、2ポイント目を探していると、なかなか良さそうな雰囲気のところを見つけて探索をしてみると、ここはいくつか良い朽ち木があり、これはと言う2令サイズの食痕が出たものの、残念ながら本命ではなかった。

そして、3ポイント目は、これまたなかなか雰囲気が良さそうである。

クワ友と手分けして探索をするが、朽ち木がなかなか見当たらない・・・。

そんな中、堅めの材質部分を食しながら食い進んでいる3令の食痕を見つけて追い掛けてみたものの、案の定コクワ君だった。

DSCN1583.jpg
一瞬ドキッとさせられたコクワガタ3令

さらに材探しをしながら、あちこちと探し回ってみたものの、これと言った手応えもなく歩いて移動していると、どうやらクワ友が良材が多数あるところを見つけたらしく、そこへ合流してみると驚いた・・・

いやあ、これなら入っているでしょうと思えるほどの素晴らしい朽ち木が何本かあり、期待しながら削ってみたものの、本命以外の幼虫が数多く入っており、いつどこから出たとしても不思議ではない状況だったのもかかわらず、残念ながら本命に出会えることが出来なかった・・・。

う~ん、こんなに良材なのになあ・・・。

しかし、ここまでは樹層を見ながらのポイント選択でしたが、結構面白そうな材があってチェックしていてワクワクドキドキで楽しめましたね。

ここで昼食休憩を挟んで、午後の部の開始となりましたが、ここからはひじょうに苦戦を強いられ、良さそうなポイントが見つからず、たまに見つけても虫っ気がないようなところもあり、あっと言う間に1日目が終わってしまった。

クワ友といつものファミレスで歓談した後、ホテルへ戻り初日の疲れを取る事にしました。

     ・・・<2日目>・・・

2日目の朝を迎えましたが、初日同様晴れですがすがしい気分ですね・・・

2日目は、ポイントを大きく移動してみる事にしました。

しかし、なかなか良さそうな樹層がなく、たまに見つけて入っても朽ち木が少ない上に虫っ気も少なく、採集は難航した。

そんな中、ようやく見つけた珍しい朽ち木のチェックしてみたところ、極太食痕の先に蛹室内で死んでいるコクワガタを確認する事が出来た。

F1011157.jpg
蛹室内のコクワガタの死骸

虫っ気はそれ程ないが、まあ根気強く探索するしかありません・・・。

この後もなかなか手応えのない状態が続き、もう既に15時を廻っていたが、とあるポイントにてカワラで朽ちた○○の切り株をクワ友が見つけてチェックしてみるとそこには極太食痕が剥き出しになっていた。

これは、ひょっとするとひょっとするか~

F1011158.jpg
極太食痕

こんな感じで比較しても太い食痕ではありますが、まだ断定出来る状況ではありません。

F1011159.jpg
極太食痕

そして、この後は、立派なノコギリクワガタの3令が出て来たのです。

まあ、でもこの後も太い食痕を追い掛けながら、もしかしたらと微かな期待をしながらチェックしましたが、ノコギリの2令・3令が次々と姿を現し、残念な結果に終わりました。

この後もポイントを探しを行いましたが、良いところがなくて時間切れとなってしまいました。

厳しい地域というのは、こんなものかもしれませんが、継続していればいつかきっと本命に出会える日が来る事でしょう。
その日が来るまで、マイペースでチャレンジをしていこうと思っています。

一緒に付き合ってくれたクワ友には、本当にお世話になり有難く思っています。

そして、いつの日かこの手で本命を手にしたいと思いますね・・・

     終わり・・・。

クワ友との採集・・・パート2。

今日も1日雨でしたが、ちょっと肌寒い感じがしました。
私にとっての今シーズンの材割りも残すところ2ヶ月ちょっととなりましたが、残りの期間もマイペースで楽しんでいきたいと思っています。

さて、それでは採集記の続きです・・・。

この時姿を見せた大きな幼虫は、材質の良い部分を居食いしていた感じで、それ程食痕は長いものではありませんでした。

ただ、ちょっと残念だったのは、タイミングが悪かったのか?またしても黒虫ではなく大きな3令であった事です。

贅沢な悩みと言えばそうなりますが、これも運が悪かったのか良かったのかと言えば、なんとも難しいと言えるでしょうね・・・。

DSCN1512 - コピー
オオクワガタ特大幼虫

写真を撮り終えてから手にとって見たところ、やはり重量感があります。

丸々と太っているその個体は、以前同じような時期に同じような大きさで採集した20グラムオーバーの幼虫に似ています。その際は、72ミリで羽化しましたが、さて、この特大幼虫はいったいどのようになるのかがひじょうに楽しみですね・・・

DSCN1514 - コピー
ずっしりと重量感のある3令幼虫

この時に体重計を車の中に忘れて来てしまったので、後に体重を量ったところ、22,4グラムだったのです。

久しぶりに見た大物でしたが、ひょっとしたら、まだ中にメスの成虫か3令が入っているかもしれないので、残りをチェックしてみたものの、残念ながら1頭のみでした。

DSCN1518 - コピー            体重22,4グラム、頭幅11,4ミリ

そして、この後探索をしていたクワ友が”カズさん、3令出ました!”との連絡があったので、その場に行ってみると、10グラム程のオスの3令だったのです。

やはり、きっちりと見つけ出すあたりは大したものだなあと感心させられましたね。

そして、この後はなかなか手応えのないまま日没となり、とあるポイント内を歩いていると良さそうな感じのする朽ち木を発見

容量のある材だったので、少々の期待をしながらチェックしていると、太目の食痕の先には蛹室らしきものがあり、そこには黒い個体が入っていたのです。

残念ながら、すっかりと暗くなった中で、写真を撮ることもなく、1頭だけ出て来た貴重なメスを手にして2人で喜んだ。

ここで、今回のクワ友と過ごした1日は終了となった・・・。

この後はクワ友と食事をしながら歓談し、帰宅したのです。

DSCN1520 - コピー            ♀41,7ミリ

翌日、自宅にて撮影した写真が上と下の2枚ですが、今回は2人にとっても思い出深いものになりましたね。

DSCN1533 - コピー            特大幼虫と♀41,7ミリのツーショット

さあ、これからも思い出深い採集となるよう頑張っていくつもりです。

そして、私自身のチャレンジはまだまだ続きます。

     終わり・・・。

クワ友との採集・・・パート1。

今日は、午後から雨が本降りとなりましたが、もう随分と暖かくなったような気がします。
もう桜が咲きはじめている地域もあり、すっかり春の陽気ですね・・・。

さて、久しぶりの採集記の更新となりましたが、クワ友と出掛けて来ました。

ここのところ、新規開拓をあちこちで実施しているものの、なかなか成果につなげるのは難しい事が多く、手応えがなかなかありませんでした。

そんな中、あるポイントが気になり行ってみると、なかなか良い雰囲気です・・・

しかし、雰囲気が良くても採れるかどうかは何とも言えません。

なかなか手応えのないまま時間が経過していきます。

そんな時だった・・・。

とある朽ち木をクワ友と共にチェックをしていたところ、2令サイズの綺麗な食痕が姿を現した。

慎重にその食痕を追い掛けていったところ、しばらくして間違いのない2令幼虫が姿を見せたのです。

DSCN1506 - コピー            オオクワガタ2令幼虫

これは、いくつか入っているに違いないので、クワ友と交代しながら削っていくと次々に2令幼虫が姿を見せ、いくつか採集出来たところで終了とした。

DSCN1507 - コピー            オオクワガタ2令幼虫

ここのポイントでオオクワガタが確認出来ればそれでOKなので、ようやく手にした2令幼虫を大事にタッパーに入れて次のポイントへと移動する事にしました。

DSCN1539 - コピー            オオクワガタ2令幼虫

ポイントに移動してからクワ友と一緒にそのポイント内を探していると、しばらくして状態の良さそうな朽ち木を発見

その朽ち木をしばらくチェックしていると、いきなり極太食痕が姿を現したのです・・・

DSCN1509 - コピー            極太食痕

おお~  これは来たか~

DSCN1510 - コピー            極太食痕

その極太食痕は、そこから徐々に太さを増していき、15グラム以上の3令は間違いないだろうと確信しました。

さて、この先にはどんな大物が潜んでいるのだろうか・・・??

近くにいたクワ友もこの大物がどれ程なのかを興味津々で見守っていたのです。

久しぶりの大物の手応えに2人の間に緊張感が漂っていた・・・。

そして、次の瞬間、その大きな3令幼虫の姿がはっきりと見えたのです。

これはデカイなあ・・・

DSCN1511 - コピー            オオクワガタ特大幼虫

この瞬間、2人共目の前の3令が20グラムを超えている事を確信したのです。

そして、写真を撮影した後にその特大幼虫の取出しが始まった・・・。

   つづく・・・。

久しぶりの大物ゲット・・・。

3月は、あっと言う間に過ぎて行きますが、その分仕事でも色々と忙しくて毎日毎日を慌ただしく過ごしています。
こんな時は、好きな趣味を楽しむ事が私にとっては特効薬になっています・・・
そして、久しぶりとなりますが、大物をゲットする事が出来、仲間と楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
久しぶりの採集記の更新にはなりますが、時間のある時にでもアップする予定でいます。
さあ、明日も仕事頑張ろう

愛車の車検が終了しました・・・。

早いもので、3月も中旬となり、あっと言う間ですね。
私の愛車も既に23万キロとなり、この度無事に車検を終える事が出来ました。
気に入っている車なので、まだまだ乗り続けるつもりでいますが、本当に良く走ってくれています。
目標は30万キロまで乗り続けたいのですが、何とか大事にしていきたいものです。
ここのところ、クワ友の採集報告も聞いていますが、皆さんそれぞれ頑張っているようです。
私も愛車をしっかりと整備しましたから、そろそろ採集へと出掛けて来ようかなあ・・・

地道に継続していればいつかは・・・。

先日、とある地域へと採集へ行って来た。
初めて採集をした県ではありませんが、何日間かを費やして色々な地域へと探索をしたものの、予想通り厳しいものでした。

DSCN1469.jpg   倒木の極太食痕

大体の予測はついていたので、この食痕が出た際にも特に驚きはしなかった。

DSCN1471.jpg   ヒラタ3令

やはり、頭とアゴにはヒラタ特有の特徴があり、怪しいと感じることもなかった。

DSCN1470.jpg   ヒラタ3令

今回、一番かどうかは分かりませんが、とにかく期待をした大きな3令だったものの、やはりこれもヒラタでしたね。

DSCN1474.jpg   ヒラタ3令

いやあ、手にとって見ると重量感はありますが、ハッキリとしたヒラタです・・・。

DSCN1475.jpg   ヒラタ3令

DSCN1476.jpg   ヒラタ3令(頭幅11,1ミリ、体重13グラム)

どれもこれもみんなヒラタの極太食痕だらけでしたが、本命は姿を見ることが出来ませんでした。

DSCN1478.jpg   ヒラタ3令

たまにこんなコクワガタの越冬個体を目にする事が出来ました。

DSCN1486.jpg   コクワガタ越冬個体

今回の遠征では、私なりに色々と分かった事もあります。
成果は出なかったものの、決して無駄にはなりませんから、次回いつ行けるか分かりませんが、必ずまたこの地を訪れるつもりでいます。
今回は、採集記と言うよりも採集報告とさせて頂きました。
今後も、”継続は力なり”で頑張っていこう

今期も材飼育をやってみる事にしました・・・。

最近は、ちょっとばかり嵌ってしまっている事があり、色々と忙しいです。
寒さを感じるのももう少しの辛抱ですが、体調管理には気を付けたいところですね。
さて、今年も天然木を使用した材飼育をやってみる事にしましたが、これから2年間位は楽しめそうです・・・

まずは、材飼育するのに都合の良い2令の♂♀を選びました。

DSCN1541 - コピー
左が2令♂で右が2令♀

続いて、天然木を容器に合わせてカットします。

DSCN1542 - コピー
天然木の長さ30cm、直径20cm程のもの

材の上部に穴を開け、材の廻りにはマットを入れます。

DSCN1543 - コピー

更に幼虫を入れてから食痕で穴を埋めます。

DSCN1544 - コピー

最後に乾燥を防ぐための穴の開いたビニールを被せてから蓋をして終了!

DSCN1545 - コピー

勿論、データは重要ですから、必要なデータを記入しておきましょう・・・。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: