FC2ブログ

今年1年ありがとうございました・・・。

2013年も今日で終わり、明日からは新たな2014年の始まりです。
今年も1年間、皆さんにお付き合いいただきありがとうございました。
2013年のオオクワガタ採集のまとめは、新年になってから報告したいと思っております。
それでは、良いお年をお迎え下さい・・・。
スポンサーサイト



さあ、ようやく仕事が片付きました・・・。

残業続きだった仕事が片付いて、明日からほんのちょっとだけ休暇がもらえました・・・。
と言っても、色々とやらなくてはならない事がいっぱいですから、のんびりもしていられませんが、せっかくの休暇ですから有意義に過ごせればと思っています。
今日も何人かのクワ友達が、あちこちで採集を行い、頑張っていたようです。
採集報告を聞きますと、刺激されますね・・・
さあ、山歩きでも出掛けて来ます・・・

快晴の中、楽しんで来ました・・・。

仕事の方は、毎日が残業で忙しいですが、あともう少しですから頑張ってやっています。
そんな中、仕事の合間を利用してリフレッシュして来ました・・・

ゆっくりとしたスタートとなりましたが、気温は途中の表示が0℃であったものの、日本晴れとなる快晴でした・・・。

採集日和となったこの日は、以前から気になっていたある地域へと向かった。

あまりに良い天気なので、途中で富士山の写真をパチリ・・・。

DSCN1358.jpg   富士山

早速、1ポイント目を攻めるが、良材があるものの手応えがなかった。

そして、2ポイント目を探索していると怪しそうな朽ち木が目にとまり、その部分をチェックしてみるといい感じの2令の食痕が出たのです・・・。

う~ん、これは間違いなさそうな感じだなあ

DSCN1345.jpg   オオクワガタ2令の食痕

その食痕を追い掛けていると、しばらくしてから初令後期のオオクワガタの幼虫が姿を現し、その後にきれいな2令幼虫が確認出来たのです・・・

オオクワだ

DSCN1350.jpg   オオクワガタ2令幼虫

材の容量があるので、3頭採集した後にそこで終了する事にした。

ここにオオクワガタが生息していると言う事を確認出来たのと、まだ他にも確認してみたい地域があったので、ポイント移動する事にしました。

そしたら一瞬ドキッとする3令の食痕が現れたのです・・・

DSCN1354.jpg   3令の食痕

本当に一瞬だけだった・・・

DSCN1355.jpg   コクワガタ3令

まあ、いつものコクワ君だったんですが、この材も容量があったのでそれなりに楽しめたかな・・・。

この後、昼食休憩を挟んでから後半戦へと突入したものの、なかなか手応えのないまま最後のポイントを向かえましたが、残念ながら追加は得られなかった。

しかし、貴重な成果を得られたので、これだけで十分なものと言えます。

DSCN1357.jpg   今回の成果

私の場合、多産地であろうがレア産地であろうが、そこで採集した価値観が大きく異なるものではありません。
それは、オオクワガタ採集をいつどこでやってもつまらないと感じる事がないし、成果の云々にかかわらず楽しめるからです。
今回は、仕事が忙しかった関係で簡単にサラッと書きましたが、私の今年のラスト採集は、クワ友と一緒に楽しんで来ようと思っています・・・

さあ、明日も仕事頑張ろう


いよいよ残すところ1週間・・・。

2013年も残すところあと1週間となりました。
本当に早いものです・・。

昨日、ソチ冬季五輪に出場する男女のフィギュアスケートのメンバー6人の発表された。
女子は、予想通り鈴木・村上・浅田の3人でしたが、男子は羽生・町田のあとの3番手が誰になるのだろうかと注目していました。
結果は、この大会4位でありながらも実績を買われて高橋となったわけですが、私自身は、ちょっと高橋はやばいかもしれないなと思っていましたから、決まった瞬間、ある意味ホッとしましたね・・・
大会前に怪我をしていて、本番での身体の切れが悪かったという事でしたが、その事が考慮されて良かったですね。
もう一人の有力視されていた小塚選手は、残念ながらメンバーから漏れましたが、本当に激戦でした。
日本選手は、男女共にレベルが高いですから、本番のソチ五輪では表彰台の真ん中に上がってもらいたいものです。
頑張れ~、ニッポン

まだまだ忙しい日々が続きます・・・。

ここのところ、ずうっと仕事が残業続きで少々疲れが溜まっているようですが、気力で乗り切らないといけません。
年賀状も書き終え、少しづつ年内にやらなければならない事を片付けています。
明日も愛車のオイル交換やら買い物等で、出勤前に用事を済ませなくてはなりません。
忙しいのは、生きている証拠ですから頑張らないとね・・・
さて、クワ友達はオオクワ採集へと出掛けていたようですが、何と人生初の中歯型を複数割り出したとの事でした。
本当に感動ものだったようですが、これも自己開拓をしてようやく探し当てたものですから、価値が高いですね。
他人の助けを借りなければ採集が出来ないなんてのは対象外ですから、地道に努力を重ねることが大事だと思います。
採集も山あり谷ありですから、順風満帆と言うわけにはいかないでしょうが、継続していればいつかはそんな日が来る事は間違いないと思いますよ。
それから、12月と言う今の時期ですが、狩猟シーズンが始まっており、確か2月頃までと記憶していますが、間違っていたらごめんなさいね。
そのため、雑木林や山に入る際には、ハンターに誤射されないように気を付けなければいけません。
特に服装は、どちらかと言えば目立つ色の服を着用した方が良いでしょうね。
また、ハンターに出会ったら一声掛けたほうが無難かと思います。
採集をやられる皆さん、くれぐれも注意して行動しましょう

年末に掛けて忙しですが、頑張ろう・・・!

今日は、買い物を済ませてから自宅に戻って年賀状書きを80枚ほどやりました。
いやあ、コメントを書き添えたりしていると結構時間が掛かりますね・・・
しかし、頑張って書いたおかげであともう少しで終わりそうです。
そうだなあ、明日には全て仕上げてしまう予定ですが、仕事の方もめちゃくちゃ忙しくなってしまったので、やれる時にやっておかないといけません・・・。
年末年始は、予定が出たものの、これまた結構忙しそうです。
年内は、ラスト採集を年末に予定していますが、仕事で体調を崩さぬよう気を付けないとね・・・
さて、明日も仕事頑張ろう

10ヶ月振りとなる能勢遠征・・・パート2。

さあ、2013年も残り2週間を切りましたが、これからが忙しい時期です。
体調管理をしっかりとやって頑張ろう

それでは、採集記の続きです・・・。

初日の昨日は、途中で少しだけ小雨がぱらつきましたが、2日目は天候が良さそうです・・・

今日の採集する場所と言うのは、過去に一度も行った事のない場所で、クワ友も私も前々から一度どんなところか興味津々だったんです。

今回の能勢遠征は、新規開拓を目的としていたので、2日目は是非そこへと思っていました。

昔から産地としては知られている場所ではありますが、まずはどんな環境であるのかをこの眼で確かめたかったのが狙いです。

勿論、少々の下調べはしておきましたが、現地に行って見なければはっきりとした事は分かりません。

とりあえずそこまで行ってみる事にしました。

林道を進んでいくとボツボツとクヌギ・コナラといった木が点在し、雰囲気的にも良さそうでしたが、全般的にはいまひとつと言った環境だったので、別の場所へと移動する事にしました。

クワ友とポイント探しをしていると、良さそうな雰囲気のするところがあったので、林道を進んでいくとなんと行き止まりだった。

そこから戻って、しばらく行ったところに今度は入っていけそうなところがあったので、ここだなと思いみんなでそのポイントを探索してみる事にしました。

奥へ奥へと進んで行った先には、雰囲気の良いところがあり、ここでそれぞれに分かれての探索を開始したのです。

朽ち木も所々に存在しているようなので、念入りにチェックをしていった。

時折、樹液痕の残るクヌギが確認され、さらに進むといくつかの樹液木を見つける事が出来た。

DSCN1342.jpg   樹液痕の残る樹液木

しかし、所々に良い感じのする朽ち木を見つけてチェックするものの、出て来るのはいつものコクワ君ばかり・・・。

分かれて行動するクワ友達もそれぞれが、朽ち木をチェックしている様子であり、雰囲気的には申し分ないようです。

なのに最高の状態でありながら、なかなか手応えがないまま時間だけが過ぎていく・・・。

う~ん、本命が出ても不思議ではない状況なんだけどなあ・・

そうこうしていると、型にはまった典型的な朽ち木を発見

もうここにいなかったら、オオクワが生息していないだろうと思えるくらいのものだった。

まずは気になる怪しい部分にチェックを入れたところ、良い感じである。

期待しながらその朽ちた部分をチェックしていくと、堅く詰まった怪しげな食痕が姿を現した。

これは、ひょっとして・・

・・・と思ったのもつかの間、その食痕の先に姿を現したのは本命ではありませんでした。

いやあ、これはもしやと思ったんだけどなあ・・・。

そして、さらに別の部分をチェックしていると、地上2メートル位の部分よりいきなり蛹室が現れて、そこには真っ黒な個体が姿を見せていたのです。

これはコクワガタとは違うなあ

そう思ってその個体を手にとって見て驚いた・・・。

なんとそこには、小さなヒラタクワガタがいたのです。

後にサイズを測ってみたところ、38ミリのオスだったのです。

いやいや、これにはびっくりしました。

この地域でこの部分からヒラタが出て来るとはねえ・・・。

九州では、地上2メートル以上の部分からヒラタが出て来る事はあるようですが、まさかこの地域で見掛けるとは思いもよらなかった。

この後も怪しい部分にチェックを入れましたが、手応えはなかったのです。

しかし、この材は本当にワクワクドキドキといった感じだった・・・

残念ながら、夢中でチェックしていたためにすっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。

こうして、このポイントでの探索が終了しましたが、別のクワ友もひじょうに雰囲気が良かったとの事でした。

そこで、場所若干変えての探索をしましたが、パッとせずに残り時間も少なくなっていたので、最後のポイントと思いそれ程離れていない場所での探索を日没までやりましたが、ノコギリクワガタの3令が出たくらいで終了となりました。

よ~し、やり切った

自分なりに精一杯やった結果だから、これで悔いはない・・・。

DSCN1344.jpg   広範囲に樹皮捲れがある樹液木

今回の能勢遠征では、結果的には初日にクワ友が採集した3令♂1頭と言うものでしたが、これで十分です。

相変わらず厳しいなあと感じた能勢ですが、この地域には厳しさの中にも夢があります。

現在は、以前よりも厳しさを増している感じですが、きっとどこかに”黒いダイヤ”と呼ぶにふさわしいオオクワガタの存在があります。

いつの日か再チャレンジして貴重なオオクワガタを手にしたいものです。

この後、皆で食事をしながら、再チャレンジする事を誓ったのでした。

最後に、一緒に行動を共にしたクワ友の皆さん、2日間お世話になりありがとう

また、チャレンジしましょう・・・

     終わり・・・。

10ヶ月振りとなる能勢遠征・・・パート1。

クワ友達は、それぞれ複数の地域でオオクワガタ採集に奮闘しています。
昨日も2名の方から採集報告を聞きましたが、厳しいところで頑張っていますね・・・。

さて、今回私が遠征に出掛けたのは東西を代表する西のクヌギ地帯の能勢です。
これまでも単独または仲間と30回余りを経験していますが、いつ行っても厳しい環境です。
それなのになぜかここには、採集者を引き付ける特得な魅力と言うものがあるんです。
やはり、それは私の好きな日本を代表する東の山梨県と同じ2大クヌギ産地であると言うことと、それを取り巻く環境が好きなんです・・・

私の住んでいる静岡県からは、およそ350キロで5時間ほどの所要時間がありますが、これまで材割り採集のみで30回程採集に出掛けました。
特にここ5年間では、厳しさが増しており、私にとってはいつも苦戦を強いられています。
そんな能勢ではありますが、その厳しさが採集者を引き付けているひとつの理由なのかもしれません。

それでは、能勢遠征採集記です・・・。

オオクワガタ採集をしていれば行ってみたい地域のひとつに山梨県・能勢の地域が上がるはずです。

今回は、クワ友の希望もあり、とある地域へのチャレンジをする事となりました。

早朝に地元を出発し、途中休憩を挟みながらクワ友達と合流して現地入りしたのが8時過ぎだった。

さて、まずは樹層の良さそうなところに立ち並ぶいくつかのクヌギを中心とした朽ち木を目指しての探索です。

時折姿を見せるのは、やはりコクワ君です・・・。

しばらく探索した後、2ポイント目に移動し、ここでは本命が入っていても不思議でない良材が何本か確認出来ましたが、手応えがなかった。

そして、昼食休憩もせずに3ポイント目に移動して探索をしていると、近くで朽ち木をチェックしていたクワ友が大きな声で叫んだのです・・・。

友「KAZUさ~ん、面白い食痕が出ましたよ~!」

私「ほんとに~?」

友「ちょっとこちらに来て見て下さい!」

私「了解~!」

クワ友のチェックしていた○○の朽ち木に剥き出しになっている太い食痕を見てみると、細かくて堅く詰まった状態だった。

友「KAZUさん、どう思いますか?」

私「この状態で100%とは言い切れないけど、かなり可能性は高いと思うよ!」

友「オオクワですかね?」

私「ただ、食痕の中に糞が確認されないものの、アカアシの可能性もあり得るから、もう少し削ってみないと断定は出来ないね・・・」

そして、クワ友が続きをチェックすると、しばらくしてその主が姿を現したのです・・・。

これはオオクワでしょう

DSCN1338.jpg   オオクワガタ3令♂

そこには、材質の堅い部分を食していた3令幼虫の姿がありました。

この瞬間、2人でガッチリと握手を交わしたのです・・・

私「初ゲットおめでとう!」

友「ありがとうございます!」

いやあ、良かった良かった・・・

厳しい産地での貴重な1頭が出た瞬間でした。

DSCN1339.jpg   オオクワガタ3令♂

サイズ的には、それ程大きなものではありませんが、何といっても彼にとっては初ゲットとなるおまけ付ですから、貴重な1頭を採集出来た事で感慨深いものとなりましたね。

早速、3令幼虫を取り出した後、記念撮影です・・・。

こうして見てみると、この1頭の存在感は、計り知れないものがあります。

これは、体重9,0グラムで頭幅10,0ミリでしたが、きれいな3令ですね。

DSCN1340.jpg   3令♂(体重9,0グラム、頭幅10,0ミリ)

さて、まだ入っていそうなので、この続きをチェックしたところ、コクワガタの2令・3令が確認された後にオオクワのメスの成虫が抜け出たものと思われる形跡を目にしましたが、追加はありませんでした。

この後、広範囲に渡ってクワ友達と探索をしましたが、なかなか手応えのないまま日没となってしまいました。

途中、こんな樹液痕の残る樹液木を見つけましたが、かなりの山奥なので夏期採集に来ようにも来れないですね・・・

DSCN1341.jpg   樹液木

初日に運良く貴重な1頭をクワ友がゲットしてくれた事で、みんなで喜んだ。

そして、着替えをした後に食事をするためにとあるお好み焼き店へと向かったのです。

私自身は、お好み焼き・焼きそばが大好物なので、クワ友と夕方からもう1人が合流して賑やかな夕食となり、あっという間に3時間余りが経過してしまいました・・・

この後は、宿泊させてもらうクワ友の家に向かい、そこでも夜遅くまでクワ談義に花が咲いたのでした。

こうして、1日目が終了したのです・・・。

     つづく・・・。

藤枝東がプレミアリーグ参入戦で惜敗・・・。

久しぶりのブログ更新となりましたが、14日と16日に行われたプレミアリーグ参入戦で、1回戦を関東の前橋育英高をPK戦で勝利し、2回戦で関西の東山高と対戦になりました。
ここで勝利すれば、プレミアリーグ入りが決定となったんですが、結果は試合を優位に進めていながら、残念ながら0対2で負けてしまい、万事休すでした・・・。
これまで、静岡県ではエスパルスユースと静岡学園の2チームが参入していたものの、静岡学園が残念ながら降格となり、藤枝東と共に参入戦に臨んだジュビロユースも負けてしまったため、現在はエスパルスユースのみが参戦していると言うわけです。
日本のユース世代のトップチームが集結してのリーグですから、価値はあります。
負けてしまった藤枝東ですが、気持ちを切り替えて全国高校選手権大会に臨んでもらいたいところですね。
頑張れ~、藤枝東

待ちに待った遠征に出掛けて来ます・・・。

忙しかった仕事も片付いてようやく休日となりました。
今回は遠征をして採集を楽しんで来るつもりですが、本当にワクワクしますね・・・
初めて行く地域でもありますが、まずは歩かないと手掛かりを見つける事が出来ませんから、とにかく頑張って来ますね・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: