FC2ブログ

70000アクセス特別企画余品販売・・・。

イチローの4000本安打達成特別企画に引き続いて、今度は、ブログ70000アクセス達成記念特別企画の余品販売を実施します。
対象となるのは、全5ペアとなりますが、価格はオール7000円とさせて頂きます。
尚、購入された方の中から、抽選で東北ブナ帯採集個体を1ペアをプレゼントしますので、”ブナ帯採集個体希望”と書いて下さいね。

①山梨県甲斐市産 ♂61♀42・・・SOLD OUT

②山梨県甲斐市産 ♂61♀40・・・顎が短くてバランスの良い個体

③山梨県甲斐市産 ♂64♀41・・・SOLD OUT

④山梨県韮崎市産 ♂62♀41・・・SOLD OUT

⑤山梨県韮崎市産 ♂65♀42・・・SOLD OUT

以上5ペアとなりますが、生体発送は、9月中旬とさせて頂きます。

また、購入希望の方は、ブログメールか私の携帯に直接ご連絡下さい。

それでは、宜しくお願い致します・・・。
スポンサーサイト

イチロー特別企画余品販売(4000本安打達成記念)・・・。

大変お待たせしましたが、イチローが記念すべき日米通算4000本安打を達成したという事で、特別企画となる余品販売を実施致します。
対象となるのは全6ペアになりますが、価格は4000本に因んで、オール4000円となります。
さらに購入していただいた方の中から、希望者に抽選で今期樹液採集♂53ミリの個体をプレゼント致します。
尚、生体発送は、9月中旬頃を予定しておりますので、ご了承下さいね・・・。

①山梨県韮崎市産  ♂57♀38・・・SOLD OUT

②山梨県韮崎市産  ♂57♀39・・・SOLD OUT

③山梨県韮崎市産  ♂56♀38・・・SOLD OUT

④山梨県甲斐市産  ♂59♀40・・・SOLD OUT

⑤山梨県甲斐市産  ♂59♀37・・・SOLD OUT

⑥山梨県甲斐市産  ♂56♀38・・・SOLD OUT

※この6ペア全て採集地域が異なります。


DSCN0831.jpg♂53ミリの樹液採集個体

以上となりますが、購入の際はブログメールか私の携帯に直接ご連絡下さい。

090ー7031ー4791(池谷)


それでは、宜しくお願い致します・・・。

ダブル災難で参りました・・・。

ここのところ、自宅のパソコンのモニターが壊れ、そして、冷蔵庫が壊れてしまいました・・・
しかし、パソコンのモニターは、何とか中古パソコンショップで手頃なものを見つけて何とか修理完了ですが、冷蔵庫は、未だ修理出来ていません。
ただ、原因がはっきりしてコンプレッサーが不良と言う事が分かりましたので、メーカーが5年保障で無料修理をしてくれるとの事。
いやあ、不幸中の幸いでとにかく良かったなあ・・・
でも、それまでは、自宅に冷凍庫が別にあるものの、冷蔵がないので修理が完了するまでは冷えたものが飲めない食べれない・・・

それから、大変ご迷惑をかけました採集記ですが、無事にアップする事が出来ました・・・。

特別企画の方ですが、明日にアップする予定で準備していますから、もう少しお待ち下さいね

樹液採集連続ゲットなるか(山梨県)・・・。

今日は、本当に涼しい感じがして家の中にいても過ごし易い1日でしたね。
と言っても、ここ2日間くらいだから、それ以降はまた暑い日々が続くと思いますが、もうそろそろ9月ですし徐々に気温の方も下がって来ると思いますから、もうちょっとの辛抱かな・・・

さて、樹液採集の前回では、クワ友4名の内3名がゲットに成功し、中々の好成績となりましたが、ちょっと出来過ぎだったかもしれないですね。
しかし、少しづつではあるけれどもクワ友たちもこれまでの頑張りが報われているように思います。
”努力は裏切らない”と言いますが、マイペースでコツコツと続けていれば誰でも遅かれ早かれ結果が出て来るという事でしょうか・・。
今後も無理せずにボチボチとやっていきますよ・・・

それでは、先日の樹液採集記です・・・。

この日の山梨県は、連日の暑さがウソのような曇り空で気温が30度を下回る27度位だったように記憶している。
途中で久しぶりに○きやに立ち寄り、うな牛とトン汁のセットを注文し、ちょっと贅沢な腹ごしらえをした後に現地入りをしたのです。

さて、ここからは新規開拓ポイントを含めたいくつかの地域を廻る事にしました。

気になるいくつかのポイントを廻ってみるものの、前回よりは若干樹液の出具合がいいような感じです。

しかし、それでもコクワガタやノコギリクワガタの姿を確認出来るものの、なかなか手応えがない。

この時期になるとカブトムシも数が減り、メスの姿は見るものの、オスの姿はなかなか確認出来なかった。

今回、新規開拓したいと思っていたとあるポイントへと車を走らせ、明るい内に探索をしようと汗だくになりながら樹液木を探したものの、殆ど樹液が出ていない状態で全くの手応えなしに終わってしまいました。

まあ、いつもこんな感じなのでいつも通りと言えばそうなんですよ・・・

そして、時間があっという間に過ぎていく中、あるポイントで車のトラブルに見舞われてしまい、クワ友には大変ご迷惑をかけてしまいました・・・

そんなトラブルが何とか解消された後、気を取り直してはっきりとした記憶のない樹液木を目指して探しに行ったものの、「確かこの辺りだったんだけどなあ・・・。」と思っていた周辺を右往左往しても真っ暗な林の中を目的の木を探す事が出来なかった。

まあ、また明るい日中にでも探す事にしよう!

そして、深夜になろうとしていたあるポイント内の樹液木を見に行った際、樹液の出具合いと言い雰囲気的にも良いその木をチェックしていた時だった・・・。

う~ん、何かいるなあ

そこには、いい感じの樹洞があり、正面から見た際には何も確認出来なかったんですが、ちょっと見難い感じのする樹洞の奥をライトで照らすと、何やら厚みのあるクワガタが見えたのです。

いやあ、怪しいけどいったいなんだろう

直ぐに掻き出し棒とピンセットを使用して奥に潜むクワガタを刺激してみたところ、樹洞の下に移動したそのクワガタの上肢にスジが入っているのが確認出来たのです・・・

おお~ オオクワだ~

これならメスかオスの小歯型だろうか・・・。

ここから、20分位掛けた攻防が始まった。

相手は、メスである事が判明しましたが、なかなか樹洞の奥にいるものを追いつめるのは容易ではありません。

その最中にピンボケながらようやく撮れた写真がこの1枚だった・・・。

DSCN0929.jpg     見事なピンボケ写真(樹洞のオオクワ♀)

オオクワガタが見えるベストポジションでの撮影などは、なかなか出来ないのが現状です。

この後、数分掛かって取り出しに成功し、手に持ってみるとそれ程大きくないと思っていたら、なんとアゴ欠けながら43,5ミリもあり、まともなら44ミリもある大きなメスでした・・・

DSCN0937.jpg     オオクワガタ♀43ミリ

本来だったら、ここでリリースするところなんですが、この後に合流する予定のクワ友に一度見せてからにしようと思い、ケースの中へ・・・。

さて、こうなったらこの相棒のオスが何処かにいるかもしれないと思い、念入りにこの木をチェックしたものの、残念ながら確認出来なかった。

この後は、あちこちと気になるポイント廻りをしたものの、手応えがなく、クワ友に連絡をしてみても彼も手応えがないとの事だった。

お互いにそれぞれの気になるポイント廻りをしてから、深夜の3時頃に彼と合流する事になりました。

そこで採れた個体も見てもらい、これまでの経過を報告しあった後にお互いの気になっているポイントへと行く事になりました。

お互いになかなか良い雰囲気のポイントであるとの評価でしたが、ちょっとしたポイントへ一緒に行ってみるのもたまには良いものですね・・・

こうして、朝方5時近くまで続けた採集を終了し、この後はいつものファミレスにて食事をしてから解散となったのです。

DSCN0939.jpg     アゴが欠けているものの、大きな♀

それにしても、厳しいながらも久しぶりに大きなメスに巡り会えた事は、私にとってはひじょうに良かったと思います。
このメスにも自然に戻って、沢山産卵をしてもらう事を願いたいですね。

私をはじめとして、クワ友たちの熱い樹液採集はまだまだ続きますが、残り少なくなった期間を有意義に活動したいですね・・・

     終わり・・・。

樹液採集シーズンも終盤戦・・・。

私がオオクワガタの樹液採集を始めたのは、今から20年以上も前の話になりますが、2003年から本格的に取り組むまでに♂♀1頭づつしか採集した事がなかったと言うのは、このブログでも何度か話をしている通りです。
それから本格的に取り組むようになってからと言うもの、シーズンで勝率5割はあるものの、その殆どが負け越しをしていて、何とか勝ち越し出来る様になりたいと考えていたのも事実です。
何が私にとって欠けているのかと言えば、やはりそれは経験値でしょう・・・。
そう言ってしまえば簡単ですが、そこには数々のノウハウがあると思います。
今期は、そんな事を考えながら採集を続けているんですが、早々簡単には成果は表れないし、思考錯誤の繰り返しです。
しかし、継続する事が何より手応えを掴む事の積み重ねになるわけですから、頑張るのみですね。
そんなわけで、またしても山梨県へと樹液採集へ出掛けて来てしまいましたが、今回は車のトラブルに見舞われて、採集どころではなくなってしまったんです。
ところが、運良くそのトラブルが解消され、その先には有り難い感動の場面が待ち受けていました。

DSCN0938.jpg

本当に良かったと言うか、トラブルが解消されたのが本当にホッとして、その後に繋がったと思います。
採集記は、書けたらアップします。
それから、特別企画の方は、もうちょっとお待ち下さいね・・・。

朝晩が少しづつ涼しくなって来ているのを感じます・・・。

少しづつですが、朝晩の気温が下がって涼しさを感じて来ましたね。
もう、秋が目の前まで近づいて来ている感じがしますが、まだまだ日中は暑い日々が続きそうです。
私にとっての樹液採集も残り1ヶ月となり、あと3~5回位はいきたいと考えていますが、何とか新規ポイントでのゲットが出来ればいいなあと思います・・・

さて、イチローが4000本安打を記録した事と私のブログ70000アクセスを記念しまして今期のワイルド個体の特別企画による余品販売を近日中に行います。
興味のある方はお問い合わせ下さい。
よろしくお願い致します

クワバカカルテットの挑戦・・・パート3。

いやあ、イチローがついにやってくれました~
日米4000本安打おめでとう~
これからも、1本1本積み重ねて記録を伸ばしていってもらいたいですね・・・。
目指すは、メジャー記録となるピート・ローズの4256本です。
頑張れ~、イチロー

それでは、樹液採集記の続きです・・・。

   ・・・<クワ友の鋭い眼光がオオクワを捕らえた>・・・

すっかりと後輩君に刺激をもらった2人ですが、実は今回2人で一緒に廻ったのには、ある狙いがありました。

お互いのポイントの交換と言う事ではなく、一緒に採集をすることで良い部分を勉強しあうと言うものでした。

それぞれが何かを感じ、それを活かす事が出来ればお互いにとって良い事だと感じたからです。

そんなわけで、この後は普段なかなか行けないようなところへと足を運ぶ事となりました。

最初の行った所は、ひっそりとした雰囲気のする所だったんですが、樹液木が少ないながらも点在し、そこをチェックしていきました。

いい感じでしたが、残念ながら手応えはありませんでした。

そして、その後入ったポイントでは、”ここならオオクワがいる雰囲気がする!”というところでしたが、ひじょうに良い感じのする樹液木があったものの、残念ながらオオクワの姿を確認する事が出来ませんでした。

ただ、ここでは、途中で何頭かの獣が移動して近づいて来る気配がしたので、静かにしていると、しばらくしてイノシシの眼光がいくつも光っており、しばらくの間緊張感が漂った。

この時、こちらから奇声を発してイノシシにこちらの存在を知らしめると同時に威嚇するための奇声を発した為、しばらく小康状態が続いた後にイノシシは向きを変えて去って行きましたが、この時は襲って来るかも知れないのでちょっとの間ですが緊張感が走りましたね・・・。

そして、この後向かったポイントでは、明らかに大きさが異なるクワガタを発見

2人してひょっとしたら中歯型かなと思わせるような大きさのクワガタでしたが、良く見ると大きなコクワちゃんでした・・・

それから、ついに深夜に突入したとあるポイントを2人でチェックしていた時だった。

クワ友の鋭い眼光が樹液木の上部にある蔦の隙間に釘付けとなった次の瞬間だった。

友「KAZUさん、何かいますよ

私「本当に~

友「ちょっと登ってみます

私「了解で~す

そう言ってクワ友が登ってみると・・・。

KAZUさん、オオクワいました~

おお~

彼は、そう言った次の瞬間、隙間に隠れていたオオクワを左手で抑えていたのです。

この状況では、とても写真など撮る余裕もなく、そのままオオクワを掴んで下に降りて来たところをしっかりと確認してみると、中歯型に近い44ミリの小歯型でしたが、なかなかかっこいい個体でしたね・・・

DSCN0910.jpg      ♂44ミリの小歯型

いやあ、おめでとう

ありがとうございます

さらにその樹液木の上部に何やら怪しげなクワガタの姿をクワ友が発見

いやあ、彼の目の良さと言うか眼光の鋭さには驚かされますね・・・

最近と言うかもう既に目が悪くなった私には、その姿が確認出来ませんから大したもんだなあと感心させられてしまいますよ。

しかし、良く確認してみたらノコギリクワガタのペアだったようです。

ここで、時間切れとなりもう1人のクワ友の待つ場所へと着替えて向かったのです。

合流した後に深夜まで営業しているラーメン屋に入り、今日1日の反省会をやって2日目の終了となりました。

      ・・・<3日目の最終日>・・・

実は、この日の昼間にある方たちと会って食事をする事になっていたんですが、それまでの間、3人で採集をする事になりました。

私が2~3年程前にオオクワを見つけながら、木の上部で掴み損ねて下部の草むらに落下させてしまい、万事休すとなったポイントです。

久しぶりに高所へと登ってみたものの、樹液の出が悪く全く手応えがありませんでした。

しかし、ここで久しぶりにミツバチに左腕を刺されてしまい、”痛っ!”と瞬間チクリとしましたが、大した事はありませんでした。

それでも、未だに痒さが残り、何となく違和感がありますが、スズメバチでなくて良かったですね・・・

結局、誰も手応えのないまま午前中の部を終了となり、今回初めてお会いするクワ友の待つ場所へと向かい、簡単な挨拶を交わした後、座談会&昼食の場となるファミレスへと直行・・・。

全員が揃ったところで自己紹介やら何やらで始まり、昼食を挟んでの座談会で大いに盛り上がりましたね・・・

クワ好きな面々が集まると話が尽きませんね。

とうとうあっという間の4時間が過ぎてしまい、又の再会を願って別れたのでした。

さて、ここからは各自が別行動となり、日付が変わっても採集を続けていたんですが、ここでも途中から別のクワ友が合流したりして頑張ったものの、3日目の手応えはなしに終わりました。

こうして、3日間に及ぶ樹液採集が終了となりましたが、仲間内での3♂2♀と言う成果は、上出来だったと思いますね。
成果は勿論ですが、それ以上に信頼し合えるクワ友たちと行動を共にし、別のクワ友たちとも合流しての歓談はひじょうに有意義なひと時だったと思います。
正直、色々と勉強させられましたし、他県から色々な個性を持ったクワ友たちと接する事が出来た事に感謝感謝ですね・・・
また、このような機会を設けて交流を深めていきたいと考えています。

クワ友さん、今回もありがとう  次回会える日を楽しみにしています

     終わり・・・。

続きを読む

クワバカカルテットの挑戦・・・パート2。

暑い日々が続いていますが、私の会社の中にもこの暑さの中をエアコンも扇風機もなしで過ごしている者がいます。
知っているだけでも2名ほどいるのですが、その一人が後輩君なんですよ・・・
暑さや寒さに強い後輩君ですから、納得と言えばそうなんですが、いつも元気だなあと感心です。

それでは、採集記の続きです・・・。

     ・・・<クワバカカルテットの挑戦>・・・

この日は、珍しくクワ友が4名集合する事もあり、昼にファミレスで食事をしながら歓談でもしようと言う事になった。
暑い時間帯に休憩をするのは、身体にとっても良い事なので、集合するまでの間各々別行動となりました。

さて、午前中は暑さで目が覚めてしまい、8時過ぎから樹液採集の開始です。

行きたいポイントが沢山あるので、普段行けない様な所を選んで何ヶ所かを攻めてみる事にしました。

まずは、樹液の出具合がまあまあの木をチェックしてみると、きれいなタマムシが確認出来ます。

本当にごくたまにしかお目に掛かる事がありませんが、こうして観察しているだけでも心が癒される感じがします。

しかし、残念ながらこの木には多くのカナブン・コクワガタ・カブトムシがいたものの、本命に姿は確認出来なかった。

DSCN0898.jpg     綺麗なタマムシ

さて、良い感じのする樹液木をチェックしてみると、樹皮の隙間になにやら怪しげなクワガタの姿がありました。

写真では殆ど見えていませんが、一瞬、オオクワガタの小歯型の様な感じがします・・・。

DSCN0899.jpg     良い感じの隙間

今度は、角度を変えて良く見てみると・・・

いやいや、なんと小さなヒラタクワガタではありませんか・・・。

参ったなあ、今期は本当に良くヒラタと出会う事が多く、4ヶ所で確認しています。

中でも7月末に採集した55ミリのサイズは、見た瞬間、間違いないものと思いましたからね・・・

DSCN0900.jpg     大アゴが少しだけ確認出来る

掻き出し棒で取り出してみると、30ミリ台後半と思われる可愛らしいヒラタでした。

DSCN0902.jpg     30ミリ台後半のヒラタクワガタ

こんな事があり、この後もポイントを移動しながら樹液木のチェックをしたものの、手応えすらなくあっという間に午前中の部が終わり、昼の集合時間となりました。

後輩君は、いつものようにニコニコしていましたが、初対面同士だったので、自己紹介をしながらこの後楽しい時間を過ごす事が出来ました・・・

さて、身体もリフレッシュ出来たところで、午後の部の開始となりました。

午後からもう一人のクワ友と合流しましたが、ここで3組に分かれての採集となったのです。

2日目は、ここまで成果がないものの、誰かが手応えを掴んでくれるものと思っていたんですが、私を含めてまだ採集したと言う報告がありません。

ただでさえ難しいオオクワガタ採集ですから、当然と言えばそうなのですが、ここに来るまで沢山の無駄をしながらも新規開拓をしてきているので、何とかここで2日目も誰かが手応えを掴んでくれる事を願ったのです。

しかし、現実は甘くありません。

良い感じの樹液木が沢山あっても、オオクワガタの姿はなかなか確認する事が出来ません。

ちょうど日没になって、暗くなったなあと思っていたその時であった・・・。

私の携帯に後輩君からの電話が掛かって来たのです。

実は、後輩君は翌日登山とかで早朝出発するために遅くとも20時頃には終了するとの事だったので、終了してお先に帰りますとの連絡なのかなあと思っていたら、なんとなんと「ペアでオオクワ採れました~!」との第一声だったのです・・・

おお~、採れたのかあ~ おめでとう

後輩君がこれで終了との事だったので、待ち合わせをして写真を撮らせてもらう事にしました。

しばらくして現れた後輩君ですが、本当に逞しさを感じます。

ペアで採集した個体を持ちながら、ニコニコとした嬉しそうな笑顔が印象的でしたね・・・

DSCN0908.jpg     ♂61ミリと♀35ミリのペア(後輩君採集)

いやあ、きれいな個体ですねえ、素晴らしい

後輩君は、ここに至るまで何とか自力ゲットをしたいとの思いが強くて、とにかく単独で樹液木探しをして来たのですが、最近は簡単に採れる木を案内してもらったり、聞いたりしてオオクワガタを労せずして手に入れる者もいる中で、彼をはじめとする私の仲間は自力ゲットを目指して頑張っています。
オオクワガタの付く1本の樹液木を探す事がどれ程大変な事なのかは、実際にやってみたら理解出来ると思いますが、たとえたまたま採集出来たとしても、それを継続して採集していく事はひじょうに難しい事なんです。

この樹液採集は、ひじょうに体力・気力を使いますから簡単ではありませんが、それを達成出来た時の気持ちは、採集した者でなければ味わう事が出来ないでしょうね。

ですから、私のクワ友たちは、そんな感動を味わう為にそれぞれがマイペースで頑張っているのです。
まだ、採った事のない方でも、諦めずに継続をしていけば必ずその瞬間が来ますから、お互いに頑張りましょう

こうして、後輩君とはここで別れ、すっかり彼の頑張りに刺激を受けた私たちは、この後更なる感動の場面に直面する事になったのです・・・。

     つづく・・・。



クワバカカルテットの挑戦・・・パート1。

MLBのイチローが今日2本打って、残り3本となりました・・・

毎日毎日暑い日が続きますが、体調管理に気を付けましょう。

さて、それではクワ友が夏休みに集まって、樹液採集を楽しんだ時の模様です・・・。

     ・・・<クワバカカルテットの挑戦>・・・

今回は、3日間の休日が取得出来たので、仕事がひと段落した事もあり、クワ友と一緒に樹液採集を楽しもうと言う事になりました・・・

日程的には、3日間なんですが、日帰り参加者や2日間参加する者もおり、出発する前からワクワクしていたんです。

当然ですが、日中の気温が37度以上にはなっているので、無理をしないようにマイペースで採集に臨む事にしました。

まずは、クワ友と合流する前に気になるポイントを廻っていきますが、雨が降らない上にここ数日間の暑さのためか、樹液の出具合は悪い感じです。

それ程樹液が出ていない木は、樹液が止まり、本来沢山出ている樹液木は、以前よりは少なくなっていると言う感じですね。

それでも午後から始めた採集もあっという間に時間が過ぎてしまい、クワ友の1人と合流する事となりました。

とある場所で合流した2人は、あらかじめ一緒に行こうと決めていたポイントへと向かったのです。

そこには、良い感じの樹液木があったものの、コクワマンション状態で手応えはなかった。

さらに奥へと進んで行った所には、一歩間違えば刺されていたであろうと思われるスズメバチの巣があり、沢山のスズメバチが飛び交っていた。

今期は、本当に良くスズメバチの巣を見かけるなあ・・・。

あまり近くに寄らない方が賢明なので、その場をそっと通り抜けて先へ行く頃には、辺りが真っ暗になっており、ヘッドライトを装着しながらの樹液木探しを行なったものの、残念ながら成果なく車に戻ってポイント移動する事にしました。

有名ポイントなら他の採集者とすれ違ったり、会ったりする事もあるかも知れませんが、ここはそれ程有名なところではないので、全く出会う事もなかった。

この後向かったところでも、採集者の入った形跡がなくて、良い感じがしていました。

そして、いよいよポイント内の樹液木のチェックをしてから1時間以上が経った頃だった・・・。

私自身が以前から気になっていた樹液木をクワ友に見てもらおうとしたその時だった・・・

オオクワいましたよ~

本当に~

いやあ、これには驚きましたね・・・

早速、梯子を掛けて上部の確認です。

ああ~、良く見えないなあ・・・。

DSCN0880.jpg    樹皮の隙間その1(何も写っていない)

何度かデジカメで撮影するも、なかなか良いアングルが決まらず、写すのに結構時間を要してしまった。

それでも、ようやく撮影した精一杯の写真がこれです・・・。

私自身、オオクワガタを発見した際に殆どの場合は、写真を撮る事が出来ません。

相手は、用心深くてすばしっこいので、余程逃げられる事がないケースでしか撮影するのが難しいのです。

今回の場合は、樹皮の隙間の奥へと逃げられる心配もなくて大丈夫そうだったんで、色々と悪戦苦闘しながらの撮影となりました。

DSCN0879.jpg    樹皮の隙間その2(オオクワガタ♂)

さらにオスのいる直ぐ下にメスの姿が少しだけ映っているんですが、分かりますかねえ。

DSCN0884.jpg    樹皮の隙間その3(オオクワガタ♂♀)

ちょっと分かり難いので、角度を変えてからライトを当てて撮影してみるとメスの上肢の一部が確認出来ます。

これならOKですかね・・・

DSCN0885.jpg    樹皮の隙間その4(オオクワガタ♂♀)

この後、クワ友が最初に見つけたオスを取り出しますが、これがなかなか踏ん張ってしまって出て来ません。

少しだけ出た大アゴを掴んで引っ張り出そうとしましたが、かなりの踏ん張りでびくともしないので、もう一度尻の方から掻き出し棒で刺激をしていると、ようやく出て来ました。

そして、今度は私がその下にいたメスを取り出したところで、2人でガッチリと握手を交わしたのです・・・

いやあ、初日にペアゲット出来て良かったなあ

そして、クワ友の取り出したオスのサイズを測ってみると58ミリありましたが、左右のアゴを良く見てみると、右が中歯で左が大歯という珍しい個体でした。

DSCN0896.jpg    オオクワガタ♂58ミリ

今度は、私の取り出したメスのサイズですが、ちょっと小さめの可愛らしい34ミリでした・・・

このメスは、明日合流するクワ友に見せた後にこの地域へとリリースする事にしました。

DSCN0894.jpg    オオクワガタ♀34ミリ

このペアゲットにより、エンジン全開となった2人ですが、この後もポイントを移動しながらの採集を繰り返すも残念ながら追加は得られませんでした。

DSCN0890.jpg    ♂58ミリと♀34ミリのツーショット

深夜にまで及んだ樹液採集ですが、まだ2日間が残されている事もあり、あまり無理せずにここで初日を終了として、この後はお決まりの遅い食事をしながらの反省会です。

ここで、彼は一旦自宅に戻りましたが、私はいつものところで車中泊となり、明日の採集に備える事にしたのです。

明日はどんなドラマが待っているのだろうか?

厳しいながらも頑張った事が成果となって現れる結果となりましたが、2日目もさらなる驚きが待っていたのです・・・。

     つづく・・・。


クワ友との充実した樹液採集でした・・・。

寝不足になりながら見ていた世界陸上も終わりましたね・・・。
MLBのイチローは、いっきにとは行きませんが、日米4000本安打まで残り5本となりました。
何とか頑張ってもらいたいなあ。

さて、ちょっとの休日を利用して各地のクワ友が集まり、暑い気候の中、熱い採集が行われ、これまでにない数々の場面に直面する事が出来ました。
そして、信頼出来る仲間との歓談があり、クワ友同士の絆を深める事も出来ました。
皆さんの樹液採集は、本当に熱いものを感じたひと時でしたが、この時の模様は後日アップする予定です。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: