FC2ブログ

新産地へ1歩を踏み出す・・・。

暑い暑いなあ・・・
私自身、材割り採集においては、20地域を越えるところに採集へ行っているものの、樹液採集に関して言えばまだ10地域を越えるところまでは行っていないのが現状です。
そんなわけで、今回はある地域へと遠征して来ました。
クワ友と2人で深夜まで粘り、頑張りましたが結果はボウズでした・・・。
しかし、かなり期待出来そうな樹液木をクワ友とチェックをしながら、通い続ければいつかゲットの瞬間が目の前に現れると感じました。

今回は、最近クワ友の紹介で新しくライトを購入したので、それを試して見たかった点もありますが、とにかくワクワクした遠征でした。

今回、新しく購入した1300ルーメンの強力ライトですが、これがMAXの1300ルーメンで使用するよりは、樹液採集ではLOに切り替えて使用するだけでも充分過ぎるくらい明るいし、電池の持ちもいいですね。
MAXで使用するには、昼間に樹液木の上部を照らしたり夜間の高い場所であるとか外灯廻りを遠方から照らすには最適に感じます。
ただ、明る過ぎますから、民家近くであるとか公共施設等で使用する際には、迷惑にならないように細心の注意が必要です。

DSCN0865.jpg     1300ルーメン強力ライト

いやいや、本当に明るいライトで、良いものをクワ友に紹介してもらったと感謝しております。

さて、肝心の樹液採集ですが、雑木林を中心に廻って樹液臭のする場所や雰囲気の良さそうな木へとにかく登ってチェックをすると言う事を繰り返しながら、昼間から夜間へと進み、このような樹液木を何本か見つけてウォッチングして行きました。

これは、ほんの一部に過ぎませんが、こんな感じのする樹液木が何本かあって、ワクワクしながらの採集でした・・・

DSCN0853.jpg     雰囲気のある樹洞

また、樹液臭がプ~ンとする大木や小木、そして、樹皮捲れの木などもくまなくチェックしましたが、どれも雰囲気があって面白かったですね。

あるポイントでのコナラの木の樹皮捲れやいくつもの樹洞を1つ1つ丁寧にチェックをしたりと結構楽しめました。

DSCN0858.jpg     樹液がべっとりの期待の木

そして、最後に移動したポイントにおいて、クワ友がとんでもない樹液木を発見したらしく、”KAZUさん、物凄い木があるのでちょっと来て下さい!”と言うのでそこへ行ってみると、なんとなんと沢山の蔦の絡まった幹には樹液があちこちに出ているようで、カブトムシやクワガタが会わせて40~50位はいると思われる凄い木でした・・・

友「どう思います?」

私「いやあ、これは凄いなあ!」

友「KAZUさん、あそこやあそこの蔦の隙間に明らかにクワガタと思われるものが、出入りしているんですよ!」

私「これは、面白そうだなあ!」

友「KAZUさん、この木はちょっとチェックするには高過ぎるでしょう?」

私「いやあ、せっかくだから頑張ってチェックしようよ!」

そう言って、その蔦の絡まる樹液の木の8メートル位の部分までチェックをすると、隙間と言う隙間にはコクワガタやノコギリクワガタが入っており、それとは別にカブトムシの数は、推定でも40匹以上はいて、上部へと登っていく最中に何度か顔へおしっこをかけられても、へこたれずにチェックをしていた私ですが、いやあ、汗とカブトのおしっこと交じり合った液体が顔面を流れていく瞬間は、なんとも気持ち悪かったなあ・・・

こんな感じで、深夜まで続いた採集ですが、明日の仕事の事もあり、切のよいところで打ち切っていつものようにファミレスで反省会をやって帰宅したクワバカな2人でした。
でも、この地域も1歩踏み出しただけに過ぎませんから、10年位通ってなんとかオオクワに巡り会いたいものですね・・・

よ~し、また頑張ろう
スポンサーサイト

今日は、蒸し暑いなあ・・・。

まずは、昨日お知らせしましたブログにメールを頂いた方々への返信ですが、どうにか終了しました。
大変ご迷惑をかけてしまい、申し訳ありませんでした。
一応返信をしましたので、パソコンにてご確認して下さいね。
さて、ひと段落したところで、ちょっと出掛けて来ようかな・・・

ブログへのメール送受信の不具合について・・・。

4月の中旬頃からになりますが、ブログのメールの受信状況が分からず、何名かの方々へ大変ご迷惑をかけてしまいました事をお詫び致します。
大変申し訳ありませんでした・・・。
本日、ようやく受信状況が分かりましたのでホッとしております。
尚、現在少しづつ返信をしていますので、まだ受信されてない方におきましては、今日明日中には返信を完了する予定なので、もう少しお待ち下さいね。

後輩君に引き続いて別のクワ友も初ゲット・・・!!

いやいや、昨日は後輩君がやってくれましたが、なんとなんとその後に別のクワ友からも初ゲットの報告が入り、私としても二重の喜びだったですよ・・・
一緒に苦労を共にして来た仲間ですから、心配はしていたのですが、もうそろそろ採れるような気がしていましたから、本当に良かったです・・・

そんなわけで、今日会社に出社して来た後輩君に昨日の採集した63ミリを見せてもらいました。

F1011131.jpg     ♂63ミリの個体

いやあ、この63ミリは、ダニだらけではありましたが、大アゴが太くてがっしりとしている格好いい個体です。
そして、その個体を手に持って満足げな後輩君でした・・・

やはり、見つけた時には、興奮してしまって取り出しの際には手が震えてしまったとの事でしたが、頑張った結果ですからね・・・。

F1011133.jpg      嬉しそうに採集した63ミリを手に持つ後輩君

後輩君、初ゲットおめでとう

そして、実は後輩君が今期初ゲットした後に別のクワ友が、なんと♂34ミリの小歯型をゲットしたとの報告があり、これまた今期初ゲットとなりました・・・

クワ友さん、おめでとう

さらにこの後も43ミリのメスを追加し、なんとこの時に65ミリ後半はあると思われる大きなオスが洞の中にスルスルと逃げ込んでしまい、再度出て来るのをじっと待っていたようですが、時間切れで断念したとの事でした。

いやあ、これは驚いたでしょうねえ・・・。

しかし、私もその話を聞いてさらに驚いてしまいました・・・

”頑張って通い続ければ、いつかその時が来る”まさに努力をした結果です。

当たり前のはなしですが、どこで採集をしたのかなんて話は、お互いに聞いたり教えたりはしません。
こんな事をしてしまいますとたとえ親しい間柄でもトラブルの元ですからね。
私自身は、過去には何度も聞かれた記憶がありますが、そんな事は常識的に考えてすべきではありません。

樹液採集でも苦労して見つけた樹液木は、見つけた方が大事に保護していけばよい事で、それを他人に教えたらあっという間に無残に荒れ果ててしまいますから、その点も気を付けたいですね。

さて、今日も別のクワ友が樹液で奮闘していますが、良い報告が聞ければいいんですが・・・。

さあ、次回の樹液採集が楽しみだなあ・・・

クワ友から63ミリゲットの報告が・・・。

いやあ、今日も暑い暑い
しかし、樹液採集に行っていたクワ友の後輩君から、なんとなんとゲットの報告が入りました。
そのサイズが、彼自身初の大歯型の63ミリゲットだと言うのだから驚きです・・・
彼自身のこれまでの並々ならぬ苦労が報われた瞬間だったに違いありませんが、その個体を見掛けて取り出す時には手が震えたと言いますから、その気持ちは十分に理解出来ます。
クワ友のキャリアは8年ですが、これまで100回以上通っているものの、小歯型2頭とメス1頭の3頭しかゲットしておらず、いきなり大歯型しかも63ミリですから、相当嬉しかったに違いありませんね。
自身で努力を積み重ねた結果ですから、人の案内で採集をしてゲットしたものとは、比較にならないでしょう。
今日は、他にもクワ友が奮闘しているので、良い結果が出てくれたらいいんだけどなあ・・・
採集圧の高いところは、何処に行ってもゲットに結び付けるのは容易ではありませんが、歩いて樹液木を探して1本1本登ってチェックをするという基本的な事を繰り返すことで、いつかその瞬間が来るものと信じていますから、彼もそれを信じて通い続けた結果だと思います。
とにかくおめでとう
そして、別に奮闘しているクワ友にも頑張ってもらいたいですね・・・。

今期一番の暑さの中、クワバカコンビでチャレンジ・・・。

今回は、今期一番の暑さを感じさせる気候の中、懲りもせずに樹液採集へと出掛けて来ました。
向かう途中での温度表示は、なんと33℃となっており、今期では最も気温が高い感じがします・・・

今日は、遅れてクワ友が現地入りするとの事で、どちらかがオオクワに出会えたらいいのになあと思いながら、私は一足先にポイントへと到着し、早速行動開始となりました。

まずは、気になる樹液木のチェックをしていきますが、いい感じながら確認出来たのは、カブト・カナブン・コクワガタで、本命の姿は見えません・・・。

さらに2ポイント、3ポイントと見て廻りますが手応えはなし・・・

そして、あるポイントでは、カブトムシが付いていたので良く見てみると、前胸の突起物が折れてしまっている可哀想なものがいたんです。

ひょっとして、何者かと喧嘩でもして名誉の負傷を負ったのかもしれませんが、痛々しい感じがしましたね。

DSCN0845.jpg   前胸の突起物の折れたカブトムシ

そして、別のある樹液木をチェックしていると、樹皮の隙間にいきなり大きなクワガタを発見

この瞬間、間違いないオオクワガタだと思ったのです・・・

来た~

オオクワだ~


この十分なスペースのある隙間の中にライトを照らした瞬間、パニックになったように右往左往する様子が印象的だった。

しかし、大アゴの形状がハッキリと見えないので、まさかとは思いましたが、一応中を良く確認したところ・・・

DSCN0848.jpg   樹液の染み出た隙間

いやあ、まさかまさかのヒラタクワガタではありませんか・・・

この位のサイズのヒラタを過去に2匹ほど確認はしていますが、以前確認したポイントとは全く異なるので、まさかそれはないだろうと思っていたんですが・・・。

サイズを測ったら55ミリでしたが、これこそなぜこんなところに居たのか不思議ですねえ。

DSCN0843.jpg   ♂55ミリのヒラタクワガタ

さらにチェックを続けていると、今度は小さいが明らかにコクワガタと異なるクワガタが確認出来たのです。

今度は、オオクワの小歯型ならうれしいんだがなあと思いながら樹皮の隙間から取り出してみると、なんとこれもヒラタではありませんか・・・

可愛らしいけどこれはリリースして、大きな方は後でクワ友に見せてやろうと思い、ストックしたんです。

DSCN0849.jpg   30ミリ台の小型のヒラタクワガタ

さて、夕方になって遅れて到着したクワ友と別行動をしながら、お互いに深夜にどこかで合流する事になりました。

その間、私自身は、喉の渇きを3リットル近い水分で補いながら、今期まだ攻めていない奥地を含めたポイントへ1人入っていったのです。

この時間になると若干涼しくはなっているはずなんですが、とにかく伸縮梯子を担ぎながらアップダウンのある斜面を歩いているので、身体は汗が出てなんとなく気持ちが悪いんですよ。

それでも、ひっそりとした中を黙々と樹液木のチェックをしていたんですが、大きなコクワガタやミヤマの姿を見るものの、本命の姿はなしと言うか見つける事が出来ず、時折獣や鳥の声が聞こえるくらいで、静かな感じだった。

それこそ、山奥などには入ってしまいますと、かなり時間が掛かってしまいますし、体力的にもかなり厳しい面があるので、適当なところで引き返していくつものポイントへと移動して行ったのです。

過去の実績のあったポイントもいくつか廻ったり、新規のポイントもいくつか攻めましたが、今回はなかなか手応えのないまま日付が変わるまで頑張ったんですが、結果的にはオオクワに出会える事が出来ませんでした。

当然の事ながら、1日で廻れるポイントも限られますが、全力を尽くした結果ですからこれで満足です・・・

途中、カブトムシが18匹も付いている大木で樹液がべっとりの木も確認しましたが、この樹液木はカブトムシが樹液場からいなくなったら、期待出来る様な気がします。
とにかくいい感じの樹皮捲れがあるので、この夏の間にはタイミングが良ければ出会える事が出来るかもですね。

それと今期まだ行けていないポイントがもう少しありますから、次回に期待しましょうかね・・・。

DSCN0851.jpg   多数のカブトムシの付いていた樹液木

この後、クワ友とファミレスにて合流し、今日の反省会をやったんですが、彼も以前からかなり時間を掛けてこの地を廻っているので、ポイントが多くて十分に楽しめているようです。
しかし、ただ今期はまだ結果が出ていないようですが、元来努力家であり、一生懸命やる頑張り屋さんですから、近い内に結果が出るものと信じています・・・

何といっても、私たちは最強の迷コンビですから、いつゲットの瞬間がやって来るのかが楽しみでもあり、何度成果なしに終わっても、また採集へと来てしまうのは、この樹液採集が心から好きなんだと感じるんですよ。

そんなわけで、今回は成果なしに終わりましたが、次回オオクワに出会いたいものです・・・。

人生初の3連勝をかけて臨んだ今期第5戦・・・。

いやいや、ひじょうに暑かった樹液採集でした。
採集地へ向かう途中の温度表示は、33度になっており、私にとっては今期一番暑い樹液採集となりましたが、気合が入りまくってしまい、ついつい食事をするのも忘れて熱中してしまいました。
今回は、人生初の3連勝をかけての戦いでしたが、この時の模様は後日アップする予定でいます。
クワ友もあちこちで暑さに負けずに頑張っていますが、皆さんも熱中症にならないように水分補給は十分にして下さいね・・・。

今日は、ひじょうに暑い1日となりました・・・。

昨日が涼しかったと思ったら、今日は一転して蒸し暑い1日となりました。
仕事中、汗を掻きっぱなしでしたから、水分補給をしながらやりましたが、結構ハードな1日でしたね・・・
クワ友からは、採集報告やライトの件で連絡がありましたが、クワ友の使用しているライトが1000ルーメンを超える強力なものなんで、そのライトが使いやすいかどうかを色々と聞いてしまいました。
私自身も今期もう1つ購入しようと考えているだけにひじょうに参考になったわけなんですが、もう1人のクワ友は、2000ルーメンの明るさのライトを持っているそうですから、いったいどんなものなのかを拝見してみたいところですね。
まあ、明るければそれで良いかという事になると、それも使い方しだいかも知れませんが、いったいどの位の明るさなのか一度この目で確かめてみたいですね・・・

今日は、比較的涼しい1日でした・・・。

今日は、比較的涼しげな1日だったんで、成虫たちの餌交換も汗だくにはならずやり易かったです・・・
そうそう、全英ゴルフはミケルソンが優勝しましたが、松山が2オーバーの6位と大健闘でしたね・・・
全英ゴルフも熱い戦いだったですが、それ以上に山梨県では樹液採集者による熱い戦いがあったようです。
そうなんですよ、クワ友が深夜まで雨の中を奮闘していたようですが、残念ながら成果はなかったものの、この頑張りには脱帽です・・・。
クワ友の話では、山梨県には県外ナンバーの車がひじょうに多くて樹液採集を楽しんでいる方々がひじょうに多かったとの事でした。
これからも山梨県をはじめとして、各地で樹液・灯火・外灯廻り等が繰り広げられると思いますが、トラブルのない採集であって欲しいと願いたいですね。
そろそろ、私も採集へと行きたくなって来ましたが、もうちょっと辛抱しないといけません・・・。

さあ、明日も仕事頑張ろう

あちこちで奮闘しているクワ友たち・・・。

樹液採集は、今更ながら本当にタフな採集です。
しかし、このタフなところが本当の意味で面白いなあと感じるんです。
難しいからこそ、それが現実のものとなったゲットの瞬間が、より感動的になるんですね。
私自身、オオクワ樹液採集と初めて向き合ったのが、今から25年も前の事ですから、時間の経つのは早いなあと感じます。
本格的にアタックしたこの10年間とそれ以前とでは、以前の方が年数が長くても、通った回数となるとシーズンに2~5回位でしたから、これでは採れるわけがないですよね。
クワ友たちの中には、この10年間でもかなりの採集回数をこなしている方もいますから、やはり、積み重ねですかね・・・。
今期、私以上に樹液採集に通っているクワ友は何人もいますから、結果の出ている方やそうでない方もいるものの、近い内に成果が出るものと思います。
昨日も今日もその前にもクワ友たちからの採集報告がありましたが、本当に良く頑張っています。
採集報告を聞く度に例え採れなくとも、十分な刺激をもらいます。
私自身も来月にまとまった休日が取れそうなので、その日を利用してのんびりと樹液採集をしてみようと考えています・・・

そうそう、月末に余品販売のペア売りをいくつかやろうと思いますので、興味のある方は早目の問い合わせをして下さい。
もう既にいくつかの問い合わせがあり、出てしまった物もありますから、宜しくお願い致します
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: