FC2ブログ

初めて1等が当たった~!

先日、初めて1等が当たりました・・・
と言っても宝くじではありません。
ガソリンスタンドのスロットの話なのですが、これまでにも何度かリーチが掛かりながらも惜しくも1等(10円引き)が当たる事はありませんでした。
ところが、今回は見事に777が揃ってしまい、嬉しい初ゲットでした。
今回は、元々@156円でしたが、会員価格で150円、そしてメール会員の特典でさらに147円、そして、スロットの1等ゲットにより、さらに137円となってしまい、相当得をしたような気分になりました。

F1011012.jpg

知人関係でもこの1等が当たった者はいますが、なかなか出ないようですから本当に運が良かったなあと思います。
以前にもこのブログで書きましたが、このスロットで昨年度に3連続2等(5円引き)がありました。
この時にも運が良かったんですが、この1等の当たる確率よりも3連続2等の当たる確率の方が数段難しいと思いますから、何かこのスロットでは相性が良いのかもしれません。
まあ、宝くじでも当たってくれたならいいんですが、こちらで運を使い果たしてしまっているのかも知れず、そんなに簡単には当たらないところがいいのかもしれませんね・・・。

さて、今日で4月も終わり、明日からは5月です。
私の材割り採集も残すところ、この1ヶ月間となりましたが、どんなドラマが待っているのか楽しみです。
この残り1ヶ月間、頑張ろう
スポンサーサイト



新東名を初乗りして来ました・・・。


もうすっかりと気温が上がってきて初夏の匂いが漂って来ましたね。
時折Tシャツ姿の方を見掛ける事があり、もう直ぐそこまで来ているようです。
そんな中、ちょこっと新東名を初乗りして来ましたが、SAとなると県外のあちこちから来ている方々でかなりの混雑をしていますね。
既にGWになっていますが、皆さん事故のないように気を付けてお出掛け下さい・・・。

F1011004.jpg
新東名

さて、今日はこれから藤枝東のサッカーの応援に行って来ます・・・

人生初体験・・・。

MLBのレンジャースのダルビッシュがヤンキース相手にやってくれましたね。
松坂がデビューした年にも随分と騒がれましたが、ヤンキース相手では結構打ち込まれたという印象が強かったものの、ダルビッシュの場合は、ほぼ完璧に近い投球でしたからこちらの方がちょっと勝っているのかな・・・。
元々、松坂の場合は、制球が悪かった分、球数が多かったですが、ダルビッシュは制球がいいのでもう少し経験を積めばさらに良い投球が出来るものと思いますね。
彼の所属するレンジャースは、打力が抜群だし、得点を入れて援護してくれると言う最大の利点がありますから、これからも勝ち星を増やせていけるでしょう。
そして、マリナーズのイチローですが、ようやく調子が上向いて来たようですね。
2試合連続の猛打賞で、遅ればせながらようやく3割に乗せる事が出来、今後に期待を持たせてくれています。
この2人を含め、他の日本人プレーヤーも頑張ってもらいたいものです。

さて、今期クワ友と採集へ行った際、驚いた事が3つありました。

まず1つ目は、ここ何年かで”これは凄い採集者だなあ!”と感じた程の見事なレベルの高さを感じた痕跡を見つけたポイントがありました。
詳細は書かないでおきますが、それは見事でしたね・・・

2つ目は、もう何年も見る事が出来なかった珍しいミヤマクワガタの幼虫を目にした事です。
この幼虫は、ある程度標高が高くないと生息はしていないようですが、とにかくあまり見掛ける事がありませんからね・・・。

F1010999.jpg
3令の食痕内にいくつか見られる糞

F1011000.jpg
やはり主はコクワガタ3令だった

F1011001.jpg
珍しいミヤマクワガタの3令幼虫(毛深くてアゴの湾曲が鋭いです)

F1011002.jpg
オオクワガタの初令幼虫(やはり綺麗で品があります)

そして、3つ目は、とあるポイントで採集を終えてひと段落してクワ友と食事をしようと座敷へ上がった時だった。
登山靴を脱いで座敷へ上がった時にコロッと何か黒いものが目の前に落ちたと思ったら、なんと”ヤマビル”だったんです・・・
しかし、この時には私自身が被害者だったとは思わず、帰宅して靴下をふと見てみたら鮮血で染まっていて、靴下を脱いで見るとそこにはヤマビルに血を吸われた痕跡が残っていたんです。
これには驚きましたね・・・

ヤマビルについて少し調べてみると、湿地帯に生息していて獲物に吸い付く際には、一時的に神経を麻痺させる毒を出して気付かれないように血を吸うとの事。
ですから、殆ど気付かずに血を吸われてしまうようですが、血を吸われた後はなかなか血流が止まらないとも書いてありましたが、その通りでしたね。
しかし、このヤマビルは、登山靴と言っても私の場合は紐である程度締め付けているので、あの狭い中へ入り込んで、しかも10センチも下の部位に食いついたんですから、伸縮性があるとは言ってもこれには驚きました。
まあ、何と言っても初体験でしたから驚きましたが、傷跡は残っているものの、特に痒みや痛みがあるわけではないので、湿地帯に行った際には気を付けるしかありません。

皆さんもヤマビルが多いと噂される場所では十分注意して下さいね・・・。

今年羽化の幼虫たちの餌交換も大半が終了・・・。

先日、今年羽化予定の幼虫たちの餌交換をしましたが、特に大きなものはいなかったものの、例年並というところかな・・・。
全部ではないですが、餌交換を終えたものの中で羽化が楽しみなものも多くいますから、夏が楽しみですね。
さて、昨日は休日だったんですが、最近壊れてしまった計量ばかりやアルバム入れを購入して来ました。
随分と長く活躍してくれた中古品の計量ばかりですが、修理に出せばかなり費用が掛かりそうなので、手頃なものをホームセンターで手に入れて来ました。
これで当分は大丈夫かな・・・

それから、採集には必要な秘密兵器?をこれまたホームセンターで見つける事が出来たので、これで鬼に金棒ですね・・・
そして、アルバムの整理もしましたが、早いもので45冊目が一杯となってしまい、現在は46冊目に入りました。

F1011003.jpg

このアルバム整理もオオクワガタが採れ始めたH8年から続けていますが、継続していると昔の写真を見ながら詳細を読み返したり出来るので、懐かしさが倍増して良いものですね。
今後、どれ位まで採集を継続出来るか分かりませんが、多分10年後も頑張っていると思います・・・
ですから、頑張れる間は出来るだけ多くの写真を撮り続け、自身の宝物として大事に保管していこうと考えています。
そして、いつの日かオオクワガタ採集を引退した時に写真を見ながら仲間たちと色々語りつくせたらなあと思いますね・・・。

イチローが今期初本塁打・・・。

いやあ、今日はイチローが今期初ホーマーでチームも勝利して良かった良かった~!
チームは、現在のところ西地区2位ですが、1位のレンジャースはなかなか負けないし強いなあ・・・。
明日は、ダルビッシュが今期3度目の登板予定ですが、そろそろ本来の彼らしい投球を期待したいですねえ。
私の方は、少しづつですが最終段階の幼虫の餌交換を進めています。
全ての幼虫がワイルドなので、成長具合を含めて楽しみですねえ・・・

のんびりとした山梨県採集・・・パート2。

MLBが開幕して10試合あまりが終わりましたが、連敗でスタートしたヤンキースやレッドソックスも徐々に勝ち星を上げて来ていますね。
気になるマリナーズも今のところは西地区2位といい位置につけています。
イチロー以外の岩隈投手や川崎の出場機会が増えてくればもっともっと勝ち上がっていけると思うのですが、川崎がレギュラーに定着する事を期待したいなあ・・・。

さて、それでは山梨県採集記の続きです・・・。

朽ち方が最高とも言える2つに折れた立ち枯れですが、よくよく見てみますと元々カワラで朽ちていたものに啄木鳥が穴を開けて巣として利用していたものと思われます。
その空き家となった巣の下部に成虫が産卵坑道を掘り進んでいき、そこへ産卵した後に幼虫が加齢しながら材を食していったために材の強度が弱くなったところで2つに折れてしまったようです。

このような状況は、ごくたまに見掛けられる事がありますが、今回のケースはそうでした。
ただ、この時に100%確証が持てたわけではありません。
立ち枯れ材でこの位の太さの食痕を形成するものは、この地域でオオクワガタの他にアカアシクワガタの存在があるからです。
コクワガタのように食痕内に糞が多く残っているものではなく、オオクワガタ同様に糞の数が少ない事も特徴の一つかもしれません。

ですから、何かちょっと引っ掛かるものがあったのも事実なんです。
それでも、過去に怪しいと思っていながら出て来たのがオオクワガタだったと言うケースも多くありますから、こればかりは主を確認してみなければ分かりません。

さあ、期待しながら食痕の先を追いかけていく事にしました。

F1010991.jpg
3令の極太食痕

いい感じの太さの食痕が下部へと伸びています。

1本を削っていると、その左右からも別の食痕が姿を現します。

その内の1本を追いかけていったところ、その先で幼虫のボディーがようやく確認出来たのです。

ありゃ~、アカアシだよこれは・・・。

F1010990.jpg
アカアシ3令幼虫

残念ながら本命ではありませんでした・・・

しかし、この剥き出しになっている食痕の中には、これがオオの食痕ではないの?と思えるほどの太いものも確認されましたが、やはりその先にいたのはアカアシ君だったのです。

何とか1頭でも混ざっていないものかなと思いながら、続きをチェックしたものの、折れた倒木の方からは確認出来ませんでした。
それならと元の立ち枯れを見てみると、こちらにも太い3令の食痕が剥き出しになっていたので、こちらもチェックしましたが、残念ながら本命ではありませんでした。

いやあ、本当にいい材質なのになあと思いましたが、この材に見切りを付けてこのポイントの奥へと進んでいったのです。
このポイントには、それ程多くはないものの、所々に朽ち木が確認出来ます。
何本かいい感じだなあと思えるものもありましたが、なぜか手応えがありません。

う~ん、薄いポイントなのかなあ?それとも全く外れてしまっているんだろうか・・・

そんな矢先の出来事だった・・・。

斜面を移動している時にふと横にあった大きな○○の木を眺めた瞬間、縦方向にカワラがびっしりと寄生しているではありませんか

この時は、ああ朽ちているんだなあとしか感じなかったんですが、近くに行って確認してみると全体ではなく部分的に良さそうな感じのする木でした。

そこで、怪しい部分に斧を入れると半分以上シロアリに侵食されている極太食痕が姿を現したのです。

これは間違いないでしょう

もうこの太さは疑いの余地がないものでした。

そして、その食痕を追い掛けていくと下の写真の左下部から右側上部へと移動した食痕がさらに上へと伸びていますが、その大半はシロアリに侵食されています。
おそらく、何頭かがシロアリの犠牲になったのかもしれません。

それから、上部に伸びた食痕がさらに右側に移動したところで、ポコッと穴が開き、その中には間違いのない頭幅の大きな3令幼虫の姿がありました。

F1010992.jpg
3令の極太食痕

これだけシロアリに侵食されますと、オオクワガタも必死に安全なポジションを確保しようと移動していきますから、この木のより安全な生の部分との境へ移動しているのがわかります。

貴重な写真を何枚か撮り終えた後、そっと取り出した。

F1010993.jpg
オオクワガタ3令♂

体重は、3令初期なのでたいした事はありませんが、頭幅が11ミリを超えていたのでこれで十分ですね・・・

F1010994.jpg
オオクワガタ3令♂(体重5,8グラム、頭幅11,1ミリ)

もう一丁正面からも撮影してみました・・・。
今日の成果は、新ポイントでようやく見つけたこの1頭で満足ですね。

F1010995.jpg
3令初期だが頭幅が大きかった

さて、早速この事をクワ友に報告してみると驚いた様子でした。
それで、まだ何頭か入っていると思われるので、クワ友におおよその位置を教えてこちらに来てもらう事にしました。
その間、怪しい部分以外の部位をチェックしながら確認をしていきます。
とにかく材の片面は既にボロボロ状態となっており、2~3年早かったら面白かったかもしれないですね。

そうこうしている内にクワ友が到着し、成果を見せるとニコニコしながら眺めていたのが印象的でした。
さて、この後は怪しい部分に斧を入れながらチェックをしていきます。
クワ友が材の下部から太目の食痕が出たので、それを追い掛けていきますが、残念ながらその先にいたものは本命ではありませんでした。

とにかく、シロアリが沢山確認出来ます。
このシロアリによって、過去に何頭ものオオクワガタの幼虫たちが犠牲になっている姿を確認しているので、とにかく無事に取り出す事が出来ればいいんだけどなあ・・・。

材の上部にも目を向けて、チェック出来る部分は出来る限りやってみたのですが、なかなかオオクワガタの食痕が出て来ません。
そして、今度は状態の良さそうな部位にチェックを入れてみようと一振りした時だった。

キタ~

そこには、間違いないと確信の持てる3令の食痕が姿を現したのです・・・

F1010997.jpg
オオクワガタの極太食痕

木の幹は確かに堅かったですが、その内側にはきれいな食痕が長く伸びていました。

この上の写真の食痕を見て下部から上部へと食痕が伸びている事に気が付かれた方は、かなりの熟練者だと思います。
写真の上部へと食い進んだ幼虫は、さらに上部へと食い進んだ後にそこから20センチ程戻ったところに居座っていました。
ポコッと穴の開いた部分には、丸々としたボディーがあり、ひと目見て本命と断定出来るものでした。

実際には、上の写真の右下の朽ちた部分(写真には入っていませんが)に産卵し、そこから上部へと移動して来ている事がわかります。
おそらく、こちらも最初に♂3令が出た部位と同じく、いくつかが犠牲になっているようでした。
結局、手の届く範囲はチェックしましたが、出て来たのはこの2頭のみでした。

F1010996.jpg
オオクワガタ3令♀

サイズ的には、4,8グラムで頭幅が8,5ミリですから小型のメスなんですが、かなり離れた部分からこの2頭が採れていますから、兄弟ではない様な気がします。

F1010998.jpg
左側3令♂、右側3令♀(体重4,6グラム、頭幅8,5ミリ)

こうして、この材に見切りを付けた後、そこから2人で別れての探索を再開しました。
所々に確認出来た朽ち木は、手付かずのものばかりでしたが、その後の追加はありませんでした。
クワ友も良材を何本か見つけたようですが、手応えはなかったとの事です。

かなり広範囲に渡って探索し、雨が本降りになってきた頃、この日の採集を終える事としました。
この日は、天候が前日から心配されていましたが、何とか1日出来たので良かったですね。

さて、今期の採集も残すところ3~4回と言ったところでしょうか。
まだまだ、私の中では熱い採集が続きそうですが、単独を含めて残り少なくなった採集を楽しんでいこうと思います・・・
クワ友さん、また行きましょうね!

     終わり・・・。

のんびりとした山梨県採集・・・パート1。

今日は、新東名の開通の日でしたが、これで近場への移動には私自身もいくらか時間短縮が出来ると思いますから有難い事です。
気候も随分と暖かくなり、これからの行楽シーズンは過ごしやすくなりそうです。

さて、今期の材割りも後残すところ2ヶ月を切ってしまいましたが、7~8割位の方は終了したのではないかなと思いますがどうなんでしょうか・・・?
私の場合は、以前ですと10月のブナ帯採集から始まって5月のブナ帯採集で締めくくると言うシーズンが恒例となっていましたが、現在では山梨県採集から始まってブナ帯採集で締めくくると言うパターンが多いです。
今期も終盤戦となり、残り数回の採集となりましたが、今回は時間を掛けてのんびりと楽しむために2日間山梨県での採集を楽しむ事にしました。

まあ、この時期となると気候が暖かくなってくるので、冬眠していたスズメバチをはじめとする色々な虫たちが活動して来る時期でもあるんです。
そのため、注意を怠ると毛虫やブヨ・ダニ等に刺される事もあるので気を付けないといけません。
また、気温の上昇に伴い新芽が出て来たり、雑草が育ってくる時期でもあるので、見通しが徐々に利かなくなってくるのも事実ですね。
ですから、ゆっくりと山歩きをして探索するのは私にとって丁度いいんです。

そんなわけで、いつもと同じ位の時間に地元を出発し、順調に車を走らせて韮崎入りしたのです。
さて、何処に行こうかと2~3日前に絞り込んでいたポイント目指して車を走らせていると、ふとあるポイントが気になり、寄り道をして行ってみる事にしました。

このようなパターンは、私の場合には良くある事なんですが、咄嗟にひらめいた事が時としてヒットを生む事もあるんです。
データ的には、どうなんでしょうねえ、それでも3割位の確率でヒットしているのかなあ・・・。
ダメもとでと言うわけで、そのポイントに入って朽ち木探しをしていると、いくつかの手付かずの材が確認出来ました。
そこで、その朽ち木の1本1本をチェックしていく事にした。

1本目の材は、かなり状態が良かったものの、怪しい食痕の先にいたものは、残念ながら本命ではありませんでした。
そして、確か4~5本目位にチェックした材から、明らかなオオクワの初令が確認出来たのです。
その初令の他にもオオクワの2令も姿を現しましたが、この材が初・2令材である事を確信した地点で、残りはそのままにする事にしました。

材質も良く、直ぐに衰退してしまうような状態ではないので、2年後位がベストであろうか・・・。

それから今度は、さらにポイント奥へと進んで材探しをしていると、ここにも手付かずの朽ち木が何本か確認出来ました。
期待をしてチェックするも状態が良いのに出て来るのは多種の幼虫ばかり・・・。

さらに他の朽ち木をチェックするが、なかなか本命の姿を見る事が出来ない。

う~ん、こんなに良材なのに何故なんだろう・・・??

そして、次に見つけた1本の朽ち木をチェックしていると、いきなりオオクワの2令と思われる幼虫が姿を現したのです。

え~、まさかとは思うけどなあ・・・。

そして、手にとって確認すると間違いないものだったのです。

オオクワの2令だ~

しかし、この2令が出た周辺からはこの1頭のみだった。

このような事は、特に珍しい事ではありませんが、まだチェック出来る部分があるので、部位を変えて削ってみる事にしました。
すると、怪しい部分をチェックしてしばらくすると、ちょっと中途半端な太さではあるものの、3令の食痕が多数出て来たのです。
その食痕に混じって多種の2令・3令が姿を現しましたが、その先でようやくその食痕の主が姿を現したのです。

オオクワだ~

間違いありません、もうひと目でその存在感が分かるものでした・・・
この1頭が出た後、2令・3令が出て来ました。

F1010986.jpg
オオクワガタ3令幼虫

3令初期から中期に掛かかった位のものだったので、大きなものはいないようです。
次には、こんな2令と3令のツーショットも確認出来ました。

F1010987.jpg
オオクワガタ3令幼虫と2令幼虫

さらに♂3令も出ましたが、残念ながら体重・頭幅共に小さな部類に入るものでしたね。
下の写真が、中でも一番大きかった♀3令です。

F1010988.jpg
オオクワガタ3令幼虫♀(体重5,5グラム、頭幅9,0ミリ)

本当に大したサイズではなかったものの、3令が確認出来た事で良しとしましょう
それでも2令は比較的大きなサイズだったんで、飼育が楽しみですね・・・

残りは、明日合流するクワ友のために残す事にして、残りの時間は今回予定していたポイントと未知なるポイント探しに行く事にしました。

午前中に幸運にも2本の材を見つける事が出来た。
後は残りの時間をどういう気持ちで採集をするかが今後の採集へ結び付くかどうかなので、成果があるなしにかかわらず、とにかく時間いっぱいまでポイント探しをしたいものです。
そして、気になるポイントを1つ2つと廻るものの、本命の姿は見当たらない・・・。

さらにもう何年も行っていないポイントへと向かったものの、ここも手応えがなかった。
しかし、こんな奥まで採集者の入った形跡があることには少々驚かされた。
この後も過去に一度も入った事のないエリアまで行ったものの、やはり採集者の入った形跡を確認したのみで、本命の姿を見る事は出来なかった。

こうして、1日目の採集は終わった・・・。
この時期の採集は、シーズンの終盤と言う事もあり、厳しいと覚悟していましたが、新たに好ポイントでの手応えがあった事で満足のいく1日でした。
夕食は、久しぶりに行きつけの店でラーメンとミニ丼セットを食べ、明日の採集のために身体を休める事にしました。

         <・・・山梨県採集2日目・・・>


2日目の朝を迎えた・・・。
今日の天候は、雨との予報でしたが、何とか昼頃まで持ちこたえて欲しいものである。
いつもの待ち合わせ場所まで行ってみると、既にクワ友は到着していた。
彼は、古くからの友人で採集歴も私とほぼ同じなんですが、ここ2年間位は諸事情により採集を休止していたんです。
それがようやく今期から復活されたようで、何度か一緒に採集へ行かせてもらっています。
お互いに気心が知れているんで、双方信頼しあえる関係なんですが、今回はひじょうに楽しみにしていた採集でもあり、今回のメインのポイントへ行く前に昨日のオオクワの出た材を案内する事にしました。

そこへ到着してみると、”これは凄い!”と感心した様子・・・。
早速、クワ友に続きを削ってもらうと直ぐにオオクワ2令幼虫が姿を現した。
この後、いくつか出したところで終了とし、本日のメインポイントの1つに向かう事にしました。

ポイントに到着して各々分かれての朽ち木のチェックをしましたが、残念ながら成果はありませんでした。
それから2ポイント目に向かいましたが、そこへ到着した頃にはポツリポツリと雨が降り出してきたので、雨具を装着しての探索となりました。
クワ友と入り口付近で別れた後、各々の攻めたい方向へと進んで行く事にしました。

材は所々にあるものの、良材が見つからず時間だけが過ぎ去っていきます。
採集者の形跡も途中からは消えて全く割り痕すらないエリアへと入っていくと少なからず朽ち木が確認出来ます。

そして、探索を始めて2時間が経過した頃だった。

目の前にカワラで朽ちて真っ二つに折れた○○の朽ち木が姿を現した。

これは、凄いなあと思いつつ、折れた倒木に目をやるとなんとそこには太い3令のクワガタの食痕が剥きだしになっているではありませんか・・・

おそらく、立ち枯れの元の方にもその食痕が繋がっているものと思われます。

はやる気持ちを抑えて早速その食痕を追い掛けていく事にした。
するとその食痕が太さを増してさらに縦横無尽に走っている姿が確認出来たのです。

いやいや、これはひょっとすると相当入っているかもなあ・・・。
材も良質なら食痕の詰り具合も堅くて申し分ない。

いやあ、これはワクワクするなあ

F1010989.jpg
3令の食痕

さらにこのような極太食痕を見たらもうたまりませんねえ・・・。

F1010991.jpg
3令の極太食痕

そして、この後この食痕の主の姿を確認するために慎重に削って行ったのです・・・。

     つづく・・・。

久しぶりに山歩きをして来ました・・・。

気候がだいぶ暖かくなりましたね。
調子が良かったと思ったマリナーズでしたが、その後が2連敗といけません。
3連敗なんて言ったら、また昨シーズンと同じになってしまいそうなんで明日は勝ってもらいたいなあ・・・。

私の方は、久しぶりに山歩きをして来ましたが、暖かだったり雨に降られたりと汗をかいたり濡れたりしながらの採集を楽しんで来ました。
今回は、久しぶりに採集記でも書いてみようと思いますが、時間のある時にでもアップしますね・・・

今期のマリナーズはいけるかなあ・・・。

水泳の日本代表も決まりましたね。
ロンドン五輪は、ひじょうに楽しみな顔ぶれが揃ったように思います。
その中で、ひと際輝きを放っている北島選手ですが、彼の存在は日本の水泳チームにあっては、物凄く大きな力となっているように思いますね。
ベテランと若手が上手く噛み合って、素晴らしい成績が収められるよう頑張ってもらいたいなあ・・・。

さて、MLBが開幕して間もないのですが、大本命のヤンキースとレッドソックスは共に勝ち星がなくて最下位とは驚きました。
その反対に始まったばかりとは言え、イチローのマリナーズは首位をキープしているので、これは嬉しい事です・・・
明日は、いよいよレンジャースのダルビッシュとイチローの対決が見られそうですが、果たして軍配はどちらに上がるのでしょうか・・・??
日本のプロ野球は、あまり見ないのですが、ジャイアンツが勝てないとやはり面白くないですね。
MLBのヤンキースが勝てないのと同じかなと思いますが、勝ち過ぎるとちょっと面白くないし、かと言って負け過ぎると面白くないしで、要はシーズンが終わったらやはり優勝していたと言うのが理想かもしれません。
まだ、どちらもシーズンが始まったばかりですから、これから少しづつ勝っていくんではないのかな・・・。
今期こそはマリナーズにワールドシリーズ進出に向けて勝ち続けてもらいたいところですね・・・

やっぱり北島は強かったなあ・・・。

先日の北島の100メートル平泳ぎのレースは、堂々の58秒70での優勝及び日本新記録というおまけ付でしたが、それにしても強かったですねえ・・・。
そして、今日は、200メートル平泳ぎの決勝が行われましたが、ライバルの立石選手との熱戦は見応えがありましたね。
ラスト25メートル地点までは、自身の持つ日本記録(2分7秒51)を上回っていましたが、残念ながら100メートルに引き続いての日本記録更新とはいかなかったものの、2分8秒00のタイムで優勝でした。
それにしても2位になった立石選手も2分8秒17という立派なタイムでしたから、この2人はロンドン五輪でもワンツーでの表彰台が十分期待出来ますね・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: