FC2ブログ

今年1年ありがとうございました・・・。

今日は、日中暖かい時に愛車の洗車を行ないました。
随分と汚れていましたが、丁寧に汚れを落としてきれいな姿に変身。
いやあ、これでスッキリとしました・・・
明日は、久し振りに息子と初詣に出掛けようと思います。

それから、今年1年皆さんには色々とお世話になりありがとうございました。
大した内容のブログではありませんが、これからもよろしくお願い致します。

それでは、良いお年をお迎え下さい
スポンサーサイト



今年1年の材割り採集を振り返って・・・。

今日、ようやく私にとっての仕事が終了しました。
個人的には、役職が変わり色々と忙しい日々を過ごしましたが、それはそれで私自身の勉強になった事が多かったので、前向きに考えれば良かったと思いますね。

さて、今年1年の材割り採集を振り返ってみたいと思います。
採集に行った地域は、13府県ですが、ゲットに成功した地域が6地域であり、かなり難しい1年間だったと思います。
私が狙っているいくつかの地域では、なかなか採れなくてズルズルと30連敗を記録してしまいましたが、難しい地域はこれが普通かもしれません。
採集を始めた頃と現在の採集に対する考え方や取り組み方と言うのは、当然変わって来ています。
現在の方が、楽しみ方が色々とあって更に面白くなっていると感じています。

特に今年は、単独で人生初の4日間採集をする事が出来たのも良い経験になりました。
ただ、今後も同じ様な事が出来るかと言えば、私の現在置かれている状況下では難しいでしょう。
仕事面や家庭や身内等諸々の事を考えますと、せいぜい1泊2日位が限度でしょうね。
これまでは、自分なりに好き勝手に出来たシーズンもありますが、今後当分の間は採集を縮小していこうと考えています。
と言っても、採集は続けていくので止めるわけではありませんが、出来る範囲で頑張っていこうと思います。
私の中で、採集が落ち着いて出来るようになった時には、4~5日間位の遠征が出きる時が来るかもしれませんが、それまではちょっと我慢ですね。
私自身、採集に対する情熱は現在も今後も変わる事はないと思いますから、マイペースでやっていきますよ・・・。
なので、採集記の方も更新が少なくなると思いますが、ご理解下さい。

     ・・・<2011年度採集実績>・・・

     採集へ行った地域・・・13府県

     採集に成功した地域・・・6府県

     採集回数・・・・・37回(23勝14敗)

     最大幼虫・・・・・21,6グラム(山梨県)

     最大成虫・・・・・♂67ミリ(福島県)、♀43ミリ(福島県)

以上が、2011年度の採集データの一部です。
私自身、オオクワガタ採集での色々な夢がありますが、今後もその夢が現実のものとなるよう少しづつですが前に進んでいけたらと思っています。
そんなわけですから、これからもよろしくお願い致します・・・。

新ポイントを求めて(山梨県)・・・パート2。

昨日は、トレーニングをしましたが、このトレーニングを続けているおかげで、日常は勿論の事、採集中でも足腰がへたばってしまうような事はありません。
今年は、大晦日に最後のトレーニングをして終了となります。
仕事ももう1日頑張れば終わりなので、残り1日頑張ろう

さて、それでは採集記の続きです・・・。

ようやく採れた貴重な幼虫だっただけにやり遂げたと言う達成感はあったものの、これらは既に過去のものとなるので、いつまでも浮かれているわけにはいきません。
私にとっての本当の探索は、この後なんです。
満足しきってしまうか?それとも貪欲に狙うかは考え方一つですから、1本より2本目を狙う為にギアチェンジをして歩きました。
そして、歩いて行った先に良さそうな雰囲気のするポイントにたどり着いたのです。

なんかいい感じがするなあ・・・。

手付かずの朽ち木をチェックし始めて直ぐに他種の幼虫の食痕が出て来ましたが、本命のものとは異なるものの、虫っ気があるようだ。

そして、ある1本の朽ち木をチェックした時の事だった。

そこには、堅く詰った食痕とオオクワガタ特有の糞のない状態であったことから、確信に近いものを感じていた。

これは多分間違いないだろう

F1010925.jpg
オオクワガタ3令の食痕

その食痕の周囲を少しづつ削りながら食痕の伸びている下部へと追い掛けていったところ、しばらくして間違いのないオオクワガタ3令の姿を確認したのです。

ヤッタ~、オオクワだ~

F1010923.jpg
オオクワガタ3令♀(体重6,0グラム、頭幅9.0ミリ)

乳白色のきれいな3令だなあ・・・。

材質が良かった事もあり、しっかりと材を食して居食いをしていた感じですね。
更に2令幼虫も姿を現しました。

F1010924.jpg
オオクワガタ2令♂

3令♀の初期から中期がいれば、当然の事ながら2令の♂が出て来る確率は高いです。
この後も3令中期にかかる4グラム位の♀も出て来ましたが、材をこれ以上削る必要もないので、食痕が一旦切れたところで終了としました。

この後も時間の許す限り歩きました。
そして、さらにポイント移動をして日が暮れるまで頑張りましたが、追加はありませんでした。
しかし、この日予定をしていたポイントの大半は攻める事が出来たので、殆んど手応えのなかったポイントが多かった中、手応えを感じる事が出来たので自分なりに納得は出来ましたね。

さて、今回はもう何ヶ所かの一度も入っていない気になっているポイントがあるので、もう1日頑張ってみる事にしました。
そこで夕食は、いつものラーメンセットを食べていつものビジネスホテルに宿泊し、身体を休める事にしました。

こうして、2日目の朝を迎える事になりました。

私自身、単独で集中力を高めて採集をする事も必要なので、今日も1日日没まで頑張ろうと思い、1ポイント目へと向かいました。

ここは、全く採集者の入った形跡はないものの、手付かずの朽ち木をチェックしても全く手応えがなく、やはりオオクワガタの生息域から外れているのだろうか・・・??

奥へ奥へと歩いて行くとだんだんとショボイ感じになり、樹層が全く変わってしまいどうもパッとしないようです。
それでもさらに奥へと歩きながら材探しをしますが、さらにショボイ感じになってしまい、今度は別方向に向って材探しをして見ますがダメだった・・・

そして、次のポイントに移動して勾配のある斜面を登ったり降りたりと結構ハードなところを歩きますが、ここも少ないながらも朽ち木があったものの、全く手応えのないものでした。

さらにポイント移動したところに入りますが、ここは近隣で生息が確認されているところなので、良い朽ち木が見つかればいる可能性はあります。

何本か朽ち木をチェックした後、それ程期待出来そうもない1本の朽ち木をチェックしてみたところ、これが意外に状態が良くて、直ぐに初令サイズの食痕が姿を現しました。

その食痕を追い掛けて直ぐに間違いようのないオオクワの初令の姿を確認する事が出来ました。

F1010926.jpg
オオクワガタ初令

この周囲からは初・2令が出て来ましたが、数を採るのが目的ではないので、少し出たところで良しとしました。

ここのポイントには、オオクワガタの生息が確認出来た事でOKです。

それから、さらにポイント移動をして、本日一番気になっていたあるポイントへと突入する事にしました。

ここも過去に一度も入ったことのないところですが、入口付近はなかなか雰囲気が良さそうです。

奥へ進んで行くと所々に朽ち木があります・・・。

やはり睨んだとおり、全く手が付けられていませんが、チェックをしていっても全く手応えがなく期待外れに終わってしまいました。

こうなると時間的にもあと1ポイント位であろうか、林道を車で走っていると何か見慣れた光景が目の前に現れた。

ああ、ここは以前入ったことのあるポイントだなあと思いながら、林道奥へと車で入って行ったんですが、これがいけなかった。

日没まで山の中を歩き廻り、何本かの朽ち木をチェックするものの、虫っ気があったのに本命は出ず・・・。

オオクワガタの濃いところなら、高い確率で入っているだろうと思える材も手応えなく、薄暗くなって来たところで終了としました。

そして、車まで戻ってから林道を出ようとしたところ、なんと入って来た林道入口のゲートが閉められてしまい、錠が掛けられてしまっていたんです・・・

おいおい、なんてこったよ~!

これは本当に迂闊だった。
ここのゲートは鍵が掛けられているのは知っていたものの、たまたまゲートが開いていたので大丈夫だろうと言う安易な考えで車を走らせてしまった私自身の失敗だったのです。

いやいや、参ったなあ・・・。

仕方ないので、一旦林道の脇道がないかを確かめる為に林道の奥へと車を走らせてみたものの、どこも通れないようである。

仕方ない!こうなったら根性決めて鍵を開けるか・・・。

と言うのも、この林道入口のゲートは、開け閉めする側は南京錠が掛かっているのに対し、反対側は3桁の数字を合わせるタイプのものだったので、この3桁の数字を合わせるしか方法はない。
ここでこの3桁の数字は、10×10×10=1000となり、1000通りの合わせ方がある事から、000から999までを根気強く合わせていくしかありません。
まあ、なんとかなるでしょうと思い、真っ暗い中をヘッドライトを点けて開始したのです。
ところが、鎖でカチカチに締められている錠は、数字を合わせる面が裏側になっており、しかも錆び付いていてどうも動きが悪いのです。
しかし、何とかやるしかないのです。
手探りで裏側の合わせ目のところに数字が当るようにしてから、動きの悪くなっている数字を1つづつ裏側で合わせていく事約1時間位だったであろうか、不安と寒さで身体は冷え切ってしまい、最悪のコンデションの中、錠がカチャっと開いた時にはオオクワガタを採った時以上にうれしかったような気がしますね・・・

本当に良かったなあ・・・。

採集に行っていると色々なところで、車のトラブルであるとかタイヤを落としてしまったり、キーロックをしてしまったりとこれまでにも数々のヤバイと思った事がありますが、その都度なんとか自力で対処して来ました。
しかし、どれも紙一重のところで助かっているので、今後も充分に気を付けて行動したいものです。

今回の採集は、今まで気になっていたポイントのいくつかを探索出来た事で、私にとって有意義な2日間だったと思います。
結果的には、3本の材で当てる事が出来たので、良かったと思います。
数はともかくとして、新しいポイントを発見出来た事、これには満足しています。
そして、私自身、まだ気になっているいくつかの未知のポイントを探すために今後も頑張って歩こうと思いますね。

     終わり・・・。

新ポイントを求めて(山梨県)・・・パート1。

ここに来て更に気温が下がり、今日の部屋の温度は5℃で夏以降で最も低い温度となりました。(あくまでも私の感覚です。)
でも、もっと寒い日がこれから来るので、寒さ対策をしっかりとしなければいけませんね・・・。

今年の採集は、既に終了となりましたが、その中から今期山梨県へと新規ポイントを求めて、私自身が気になっていた地域への採集へと出掛けた時の採集記を書いてみます。

私自身、これまでに採集へ行っている回数が多いのは、何と言っても山梨県です。
ですから、ここがホームグランドと言えばそうなるのですが、やはりここの地域が色々な意味で好きなんです。
それだけに過去には、沢山の思い出が凝縮されていて一番苦労の多い地域でもあるのです。
そんな地域だからこそ、毎シーズン新規のポイントをいくつか開拓しながら、多くのポイントへと通う事が出来ているのだと思う。

そして、今回気になっている地域で過去に一度も入ったことのないポイント探しをするために単独で出掛けて来ました。
目標は、新規ポイントでのゲットと言う事になりますが、結果は二の次でとにかく広い範囲を探索してみるために気になるいくつかの地域を絞り込んで歩いてみる事にしました。
今期、実績のあるポイントも廻っていますが、過去に一度も入った事のないポイントもいくつか廻っており、そこで手応えを感じる事が出来たので、さらにもう1つ2つのポイントを増やせたら今回の採集は成功となるでしょう。

そんなわけで、早速1ポイント目に到着して探索を開始した。
それほど”これはいい!”と思えるような材は見当たらない・・・。

しかし、かなり歩いた先に全く手の付いていない大きな倒木を発見!

ここに生息しているようなら、間違いなくこの材に産卵しているものと思われるが、他種の幼虫は確認出来たものの、本命の姿はなかった。

2ポイント目に移動し、ここも採集者の入った形跡がなかったものの、たまに見かける朽ち木をチェックしても手応えがなかった。

そして、3ポイント目に移動するものの、ここでは殆んど朽ち木を見つける事が出来ずに歩いただけに終わってしまった。

ここで軽い昼食休憩をして午後の部のスタートとなった・・・。

4ポイント目は、新規ポイントではないが、ちょっと気になる材があったので立ち寄ってみたものの、いくつかの朽ち木をチェックしたけれども手応えはなかった。

そして、いよいよ気になっていた新規の5ポイント目に突入する事になった。

時間的にもここを含めて2ポイント位であろうか・・・。

ここは、全般的な山梨県の樹層とはいくらか異なっていたものの、こんなところは逆に良材があるケースが多い事もあるので、多少の期待をしながら朽ち木を探していると、存在感のある大きな朽ち木を発見

勿論、全く手が付いていないし、これを見た瞬間、この材に入っていなければここのポイントには生息していないだろうと思われるそんな良材でした。

そして、いくつかある怪しい部分の1つ目をチェックすると、ちょっと柔らか目の部分からは他種の幼虫がいくつも入っているのを確認出来たのです。

さらに怪しいと思われる2つ目の部分にもチェックを入れるとここも他種の幼虫が入っていた。

それから、もう1つの怪しいと思われる部分にチェックを入れてみると明らかにオオクワガタのものと思われる極太食痕が姿を現したのです。

その周囲には他種の幼虫もいましたが、そこにあった極太食痕を追い掛けていくと、その先には10グラム程の本命の姿が確認出来ました・・・

オオクワだ~

F1010917.jpg
大きな3令♀(体重9,8グラム、頭幅9,7ミリ)

取り出して見るまでは、♂の3令だと思っていましたが、雌雄の確認をすると大きなメスだったのです。
久し振りの大きなメスだったので、この後の取り出しがひじょうに楽しみです・・・

写真を撮り終えた後は、続きを削っていきます・・・。

3令♀の出た奥からは、さらに極太となっている食痕が姿を現し、その先にいる♂と思われる主を追い掛ける。

F1010918.jpg
3令の食痕

多分、最初に出たメスの大型からするとこの先にいる♂は、かなり頭幅の大きなものか?それとも体重が多い大きなものと推測される。
オオクワの入っている材を1本当てるだけでも充分満足なのにそれが大型の期待があるとなるともうワクワクした気分になってしまいますね・・・

その食痕は、一旦奥へ行った後に今度は、下部へと進行方向を変えて食い進んでいましたが、しばらくしてその姿を確認する事が出来たのです。

F1010920.jpg
まあまあのサイズの3令♂

いやあ、これは頭幅が大きいぞ~

F1010921.jpg
3令♂(体重12,7グラム、頭幅12,0ミリ)

写真を何枚か撮ってから取り出してみると、3令中期にしては丸々と太った頭幅の大きなものだった。

ノギスを当てると11,5よりも大きい。

11,7ミリでも入らないし、11,9ミリでもまだ入らない・・・。

ようやくおさまったのが、12,0ミリだった。

久し振りに出た大物でしたが、これが新ポイントだったので、尚更うれしかった。

更にこの後もチェックをしましたが、♂♀を追加したところで終了としました。

F1010922.jpg
3令♂

このポイントには、どこかに樹液の木があるのかもしれない。
いつも感じる事ですが、山梨県では樹液採集で採るのが本当に難しい。
特に私のレベルでは、なかなか採る事が出来ないのも事実ですが、どこかに樹液の木がないかと思いながら、冬季にこうして歩き廻りながら、探すのも私にとっては大切な探索なんです。

実際に今期は、某所にてこれは多分夏来たら確認出来るかもしれないと思える樹液木を見つけたので、こんな楽しみ方もいいものですね。

話がそれてしまいましたが、このような隠れポイントであるだけに朽ち木は必要以上には削らずに残しておきます。
もうこれで充分満足ですが、私にとっては、ここからが大切な探索をする時間なんです。
次に繋げる何か手応えを掴む為にさらに手付かずのポイント探索を時間の許す限り、目いっぱいやる事です。

そして、この後2つ目の感動が待ち受けていたのです・・・。

     つづく・・・。

いよいよ今年も残すところ後僅かですね・・・。

やはり、この時期になると寒さが身に沁みます・・・
と言っても例年に比べると地元静岡の気候は、昨年の方がもっと寒かったような気がします。
夏以降の気温で一番下がった部屋の温度が5~6℃位なので昨年度の1~3℃と比較したらまだ暖かな方かもしれません。
寒がりの私にとっては、これ以上下がって欲しくないのですが・・・。

さて、先日採集をしていたら、”KAZUさんですか?”と久し振りに声を掛けられました。
私自身、殆んど採集者と出会うことはなく、2年程前でしょうか某所にて後輩君と採集をしていたところ、KAZUさんと後輩さんですか?と声を掛けられて以来の事だったので、ちょっと驚きました。
その際、少しだけ話をさせていただきましたが、泊まりで採集に来られたとの事で、”頑張って下さいね”と言って分かれましたが、その後オオクワガタと巡り会えたのでしょうか・・・。
現在は、狩猟シーズンでもあるので、探索に行かれる際にはなるだけ目立つ色の服装の方がイノシシや鹿と間違われなくて良いのかもしれません。

採集をするのには、丁度良い気候となって来ましたが、朝晩の冷え込みはやはり堪えますね。
私の年内の採集は、既に終わりました。
後日、採集記と今年1年を振り返っての感想を書くつもりでいます・・・。

クリスマス特別企画・・・。

北朝鮮のトップが亡くなったというニュースは、昨日からずっと放送されていますが、果たして今後の北朝鮮の方向性や外交問題はどうなるんでしょうかねえ・・・。
そして、ついに日本プロ野球界のエースのダルビッシュの去就が注目される中、MLBレンジャースが交渉権獲得とのニュースがありました。
レンジャースと言えば、イチローのいるマリナーズと同地区なので、これで益々マリナーズのワールドシリーズ進出が難しくなったような感じでちょっと複雑な心境ですね。
まあ、でも決定したら頑張ってもらいたいなあ・・・。

さて、今回クリスマス特別企画として私の採集したワイルド個体(幼虫採集品と成虫採集品)の全6ペアを表示価格の半額で販売いたします。
生体は、余品コーナーをクリックしていただければ分かると思いますが、50%オフに加えてもう1つのお楽しみプレゼントを用意しております。
期間は、本日から2012年の1月末までとさせて頂きます。
尚、発送に関しては年末年始ひじょうに忙しい関係もあり、1月中旬以降とさせて頂きますのでご理解下さいね。
それではよろしくお願い致します・・・。

やはりメッシは凄かった・・・。

昨日のトヨタカップ決勝のバルセロナ対サントスの試合は、サントスがいいところなくワンサイドゲームとなってしまいました。
結果は4対0と一方的な試合となってしまいましたが、今のバルセロナはメッシを中心とした圧倒的な強さが際立っていましたね。
本当は、もう少し競った試合をと期待していたのですが、攻守に隙がないし完璧に近い形でした。
ネイマールのプレーももっと見たかったですが、彼もまだ若いですからあと3年経ったら今よりも数段成長した選手になる事は間違いないでしょう!
それと柏レイソルのPK戦負けによる4位も残念でしたが、堂々のベスト4ですから良かったと思います。
来年のトヨタカップはどんな大会になるのかひじょうに楽しみですね・・・

採集報告・・・。

先日採集に行って来ましたが、今期初の可愛らしい♂の成虫ゲットとなりました。
この倒木を見つけた時には、過湿気味でもう終わっていると思われる材質でした。

F1010902.jpg
倒木丸ごとオオクワガタの食痕

F1010901.jpg
いきなり出た♀39ミリ

削ると言うよりも手でほぐすと言った方が表現が正しいかもしれませんが、それだけ材が柔らかくていきなり♀39ミリが出てき来た時には驚きました。

F1010904.jpg
翅にシワのある♀34ミリ

この♀34ミリは、蛹室が過湿気味だった事が影響してか翅にシワのあるものでした。
メスが産卵した当時は、まだ材質が良かったのかもしれませんが、その後の材の衰退が早かったものと考えられます。

F1010903.jpg
オオクワガタの食痕

F1010905.jpg
オオクワガタの食痕

丸ごとオオクワガタの食痕だったので、どこかに3令幼虫か中歯型個体がいるものと思われましたが、出て来たのは可愛らしい♂38ミリの小歯型個体でしたね。

F1010907.jpg
♂38ミリ

F1010914.jpg
可愛らしい♂38ミリの小歯型

F1010906.jpg
♀の成虫の死骸(前胸)

F1010909.jpg
3令幼虫の死骸

材質が柔らか過ぎていたためか、成虫の死骸や幼虫の死骸、そして寄生蜂にやられたものまで10頭ほどを確認しました。

F1010908.jpg
♀37ミリ

F1010913.jpg
倒木に入っていた成虫5頭(1♂4♀)

結局、採れたのは5頭ですが、自然界で行き抜くためには厳しいものだと言う事ですね。
外敵から身を守ってどうにか羽化する事が出来たとしても、東北地方で良く見られるような脱出出来ずに蛹室内で死んでいる姿を確認した事も何度かありますから、自然界を生き抜くのは大変な事なんだなと実感した次第です・・・。
年内は、最後に1つくらいは採集記をアップ出来ればなあと思っています。

バルセロナ対サントスは、どちらだろう・・・??

バルセロナが4対0の完勝でついにサントスとの決勝戦となりました。
私の予想では、1対0か2対1でバルセロナと言うところでしょうか・・・。
メッシとネイマールのエース対決も見応えがありますが、世界トップのプレーをゆっくりと見たいですね。
ここのところ、全国的に冷え込んでいるようで、静岡もとにかく寒くなりました・・・
さあ、今年もあと半月ですが、頑張ろう

さあ、年末年始に掛けて頑張ろう・・・。

この時期になると仕事の方は、年末年始に掛けて忙しい毎日となります。
体調を崩さぬように頑張って乗り切らないといけません・・・
今年の採集の遠征は既に終了しましたが、良い思いをした事もあったものの、大半は厳しいものでした。
今は、自分自身で一生懸命に取り組んだ結果なので、それはそれで悔いはないし、結果を出すまではもう少し掛かると思いますが、時間を掛けてやっていきますよ。

さて、昨日は柏レイソルとブラジルのサントスの準決勝を見ましたが、見応えがありましたねえ。
結果は、3対1ではあったものの、柏レイソルもチャンスはかなりあったし、決定力があればもう1点は入っていたかな・・・。
今日は、バルセロナのメッシが登場するんで、勿論見なくちゃね・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: