FC2ブログ

過去の樹液採集を振り返って・・・パート1。

今日から待ちに待ったゴールデンウィークと言いたいところですが、残念ながら私は仕事、仕事、仕事です・・・
出掛けられる皆さんは、どうか気を付けて行って来て下さいね。
高速道は渋滞があるようですが、安全運転で楽しい休日を過ごして下さい!

さて、今回は、私の過去の樹液採集を振り返ってみたいと思います。
私の住んでいる静岡県から一番近いオオクワガタの産地と言えば、昔も今も山梨県になります。
その山梨県にはじめて樹液採集に出掛けたのが、今から30年程前の事でした。
ただ、当時はオオクワガタを採集に行ったのではなく、カブトムシ・ミヤマクワガタ・ノコギリクワガタといったものを採りに行ったので、当然の事ながらオオクワガタに出会う事もなかったのです。

それから10年程経過した頃であろうか、山梨県に生息しているオオクワガタの事について雑誌に掲載されている記事を読んだ友人が、私にその記事の内容について私に話をしてくれて、「今度山梨県へ行ってみないか?」と言う事になった。
さあ、元来採集好きの私にとっては、山梨県のどんなところにオオクワガタが生息しているのだろうかと興味津々になり、ちょうどその頃、○研で発売されたオオクワガタ樹液採集ビデオを手に入れて見た途端、目が点になってしまった・・・

F1010697.jpg

そして、ついにその夏に友人たちと一緒に山梨県へと1泊2日の採集に出掛けてしまいました・・・
まあ、その頃の私は、行けば何とか採れるんではないかと安易な考えでしたが、結果は全く手応えがなかったのです・・・
それもそうですね、ど素人が2日間採集をしたとしても採れるはずがありません。
ただ、この頃の山梨県には、多くの上級者やプロが活躍していた時代で、個体数も多かったようです。
ですから、自己流でも何度も通っていれば手応えを感じる事があったかもしれませんが、当時は、4時間もの道のりを車を運転して採集に向うだけの気力がなかった。

しばらくしてから材割り採集をはじめた私は、何度か通う内に冬季・夏季の両方をやるようになり、山梨県で知り合ったクワ友が、台場クヌギの洞の中にいた40ミリ台前半の♀をゲットするところを目の前で目撃した事により、さらに採集魂に火が付いてしまったのです。

しかし、現実は甘くありません・・・。

何度も撃沈を食らい続け、その度に採集センスのなさを実感する自分自身だった。

それでも、諦めずに通い続けた結果、H12年8月10日の昼間、現在の甲斐市においてクヌギの洞の中からアゴを出しているオオクワガタを発見し、取り出してみると足が2本欠けている♂54ミリだった。

本当にうれしかった!

大事に家に持ち帰ったのをハッキリと覚えている。

そして、それから3週間後の8月31日に今度はクヌギの大きな洞の奥にいた♀44ミリを採集する事が出来たのです。

F1010696.jpg
♀44ミリ

このシーズンは、♂♀2頭の信じられないような成果に感動し、満足したものの、この後なかなか採れない日々が続いたのです。

     つづく・・・。
スポンサーサイト

暖かくなりましたねえ・・・。

昨日は、ちょっと山歩きして来ました。
かなり強風が吹き荒れていましたが、雨が降る予報でも”晴れ男”の私が出掛ける時は、高確率で雨が降らない事が殆んどなので、良かったですよ~
それにしても、日中は暖かで山歩きをしていると汗が滲んで来ましたが、心地良い感じがしました。
今期のこの地域では、今迄殆んど出会った事のない鹿を5頭も見かけましたが、昨日もこんなところにいるわけがないだろうと思っているところでの発見だっただけに相当な数の鹿が増えているような感じがします。
採集が終わり、着替えをしているとポツリポツリと雨が降り出し、帰りにはかなり雨足が強くなっていました。

食事を終えて帰宅途中、眠くなったので駐車スペースに車を止めて休憩していると、トントンと車のウインドーを叩く音に気が付いて見てみるとおまわりさんでした。
聞けば駐車している不審車を見回っているとか・・・。
色々と職務質問されましたが、「オオクワガタ採集に行って来たんですよ!」と答えるとニコニコしていたのが印象的でした。
以前にもそんな質問をされたことがあって、正直に今回と同じ様に答えると「採れましたか?」と質問されましたね・・・
今回も「採れましたか?」と聞かれたので、「まあ、何とか採れましたよ。」と答えると「気を付けて帰って下さいね!。」と声を掛けてくれましたが、おかげでもうちょっと休憩しようと思ったのに目が冴えてしまい、そのまま車を走らせました。
今期の材割採集もあと残すところ1ヶ月あまりです。
残り少なくなった採集ですが、樹液採集の切り替えまで頑張りますよ~

日本はこの先どうなるの・・・?

東北・関東大震災以来、復興が進められている中で、福島原発をはじめとする色々な諸問題が山積みされている。
そんな中で、国が1つにならなければならない時にトップの菅氏は、大変な時期をむかえています。
確かに色々と批判されて、瀬戸際に立たされていますが、何でろくに責任を果たせずに辞めた鳩山氏が批判する権利があるのか?
他にも散々期待を裏切って辞めていったリーダー達も対応が悪いだのどうだのと言っているが、いったいあなた達はこんな大変な時に何をしてくれていますか??
自民トップの谷垣氏も同様で、もしもあなたがこの様な時にリーダーだったら、国民が満足出来る対応が出来ましたか?と問いただしたいですね。
全くもって政治家と言うのは口先ばかりで何を考えているのか理解に苦しみます。
今は、諸問題を1日も早く解決する為に策を練っていくのが先決なのではないでしょうか?
この様な時期にトップが代わっても、誰に期待出来るというのでしょうか・・・。
そんな事を考える暇があったら、政治家が現地に行って復興に向けての協力をした方がよっぽどマシです。

それにしても色々な芸能人をはじめとする各界人が復興に向けての協力をしてくれて、大きな力を発揮していますし、国民が色々な形で復興の手助けをしている現状ですが、政治家だけは自己主張するだけで何の役にもたたない人間が多いと感じるのは私だけではないと思いますが、全く残念ですね。

過去の採集を振り返って・・・パート8。

今日もイチローが5の2で打率を0,309に上げましたが、マリナーズは負けてしまいましたね・・・
チームの状態が悪いですから、何とか打開策を練らないといけませんが、頑張ってもらうしかありません。

さて、この材割り採集の過去を振り返ると色々な思い出が浮かび上がってくるわけですが、9シーズン目は、初めてクワ仲間と九州遠征をしたのが印象に残っています。
今でも悔やまれるのは、佐賀県のヤナギ帯において、オオクワガタの2令を取り出し寸前までいったのに傷付けてしまって★になってしまった事ですね・・・
また、初めて熊本県産・佐賀県産を採る事が出来ましたし、岐阜県においては初めての河川敷での採集に成功する事も出来ました。

F1010692.jpg
岐阜県のヤナギ帯で割り出した3令♂

ただ、山梨県は、17勝2敗(0,895)とやはり9割の壁が厚かったですね。
しかし、その山梨県において珍客(キジ)との出会いがありましたが、ひじょうに人懐っこくて心が癒されたのを覚えています・・・

F1010691.jpg
山梨県の山の中で出会ったキジ

そして、区切りの10シーズン目を向える事になりました。
このシーズンは、8地域へのチャレンジを含めて28回の採集を行ないましたが、一番成績の良いものとなりました。

 1、H16年 9月・・・山梨県(2令、初令)・・・3本

 2、H16年10月・・・山梨県(♂43、42、38、36、32♀35、33、33、32、3令、2令、初令)・・・2本

 3、H16年10月・・・山梨県(♂45♀32、2令)・・・2本

 4、H16年10月・・・山形県(♀35、3令、2令、)・・・2本

 5、H16年11月・・・山梨県(3令、2令)・・・1本

 6、H16年11月・・・山梨県(2令、初令)・・・1本

 7、H16年11月・・・山梨県(3令、2令)・・・2本

 8、H16年12月・・・山梨県(3令、2令)・・・1本

 9、H16年12月・・・香川県(♂62♀39、3令、2令、初令)・・・4本

10、H16年12月・・・能勢(3令、2令)・・・1本

11、H16年12月・・・山梨県(3令、2令、初令)・・・4本

12、H16年12月・・・滋賀県(2令)・・・1本

13、H17年 1月・・・岐阜県(成果なし)

14、H17年 1月・・・能勢(2令)・・・1本

15、H17年 1月・・・山梨県(3令・)・・・1本(半日)

16、H17年 1月・・・山梨県(2令、初令)・・・1本

17、H17年 2月・・・山梨県(2令)・・・1本

18、H17年 2月・・・山梨県(2令、初令)・・・3本

19、H17年 2月・・・山梨県(3令、2令、初令)・・・3本

20、H17年 3月・・・山梨県(3令)・・・1本

21、H17年 3月・・・山梨県(3令)・・・1本

22、H17年 3月・・・岐阜県(成果なし)

23、H17年 3月・・・山梨県(2令、初令)・・・1本

24、H17年 4月・・・山梨県(♂60、55ミリ、3令)・・・2本

25、H17年 4月・・・岐阜県(3令)・・・1本

26、H17年 4月・・・山梨県(成果なし)

27、H17年 5月・・・山梨県(3令、2令)・・・1本

28、H17年 5月・・・福島県(2令、初令)・・・2本

以上の28回の採集を行い、結果は25勝3敗(0,893)と過去最高の勝率でした。
また、山梨県では、目標の20勝には届かなかったものの、19回のチャレンジで18勝1敗(0,947)と言う納得のいくシーズンでした。
山梨県においては、これ以降のシーズンで15回以上チャレンジした結果、16勝0敗と言うシーズンがありましたが、やはり、回数を重ねれば当然成果なしに終わるケースが出て来ますから、そこが難しいですね。
現在では、そんな記録へのチャレンジをする事はありませんが、別の事で色々とチャレンジをしていく事を考えています。
人生に色々な意味でチャレンジをしていく事は、目標を持ってそれに向かっていく事なので、自身の励みにもなりますし、気持ちの上でも若返って良い事だと思いますね。

F1010693.jpg
山梨県で立ち枯れから割り出した成虫(一度に3つの蛹室が姿を現す)

F1010695.jpg
香川県で切り株から3令♂が姿を現す

F1010694.jpg
能勢にて3令♂が姿を現したところ

私自身がこの日記で書けるのは、まだほんの一部かもしれませんが、おおよその流れは理解していただけたものと思います。
このシーズン以降のデータの一部は、過去ログにて掲載してありますので、あえて書きませんが、今後もマイペースで続けていきますよ・・・。
採集は、他人と競うものでもなく採集数を比べるものでもありません。
色々な地域で採集をする事によって、その土地の雰囲気を味わい、一喜一憂しながら採集を楽しむ事が出来る。
成果云々も勿論ありますが、採集を通じてオオクワガタ採集の深さを知り、仲間との絆を強くするのも大切な事だと思います。
勿論、採集の基本は単独であり、自身を磨く事も大事です。
それによって得た経験値が、複数で採集に行った場合に活かされていくのも事実ですね。

私はこれまで歩んで来た足跡を記憶に残すためにデータを取ったり写真に収めて来ました。
これにより、ひじょうに興味深いデータが多く蓄積されて、色々な地域へのチャレンジをする上で参考資料となっているのも確かです。
これから、私自身が目指す目標はいくつかあります。
沢山集められたデータをまとめる事も勿論ですが、オオクワガタの生息していると言われている地域(沖縄県を除いた46都道府県)を全部廻ってみたいですね。
世の中に身体が動ける間、ずっとオオクワガタ採集をしていたクワバカな人間が1人いたとしても不思議ではないでしょう。
どこまでも頑張れるようにこれからも身体を鍛えていこうと思っています・・・。

さて、今回で材割採集の過去を振り返ってのシリーズは最後となりましたが、次回からは樹液採集の過去を振り返ってみたいと思います。

     終わり・・・。

イチローに松坂が活躍・・・。

いやいや、今日はMLBのマリナーズが大敗したものの、孤軍奮闘のイチローが4の3で打率を0,304に上げ、ようやく3割台に乗せましたね。
安打数も現在28本で、ア・リーグのトップと3本差の3位となっています。
今月は、残り6試合ありますから、35~36本位にはなるでしょう!
このまま行けば、5月には安打数でトップに出る事は間違いありませんね・・・

さて、開幕から絶不調だったレッドソックスの松坂ですが、エンゼルス相手に8回を被安打1、奪三振9の無失点の好投を見せてくれました。
これで2勝目を上げることが出来、防御率も4,09となって防御率3点台までもうちょっとですね。
私自身、日本人選手の中でも特にこの2人には頑張ってもらいたいので、これからも見守っていきたいと思います。

頑張れ~、ニッポン

過去の採集を振り返って・・・パート7。

今日は、全国的に雨模様のようですね。
こちらは、田植えのシーズンなので恵みの雨となっています。

さて、”過去の採集を振り返って”のシリーズも残り2回となりました。
クワ友などに聞きますと、過去のデータを殆んど取っていないようなので、これまでいつ・どこに行って・どんな採集をしたのか等は分からないと言う方が多いです。
私自身、樹液採集の過去のデータは、15年以上も前の事は記憶が確かではないですが、オオクワガタを採っていませんから、それは間違いありません・・・
その点、材割り採集は、なぜか記録を残したくて、色々なデータを書き込んで今日に至っていますから、整理すれば面白いデータが出来るものと思います。

それでは、8シーズン目を向えたH14年夏以降の材割りですが、このシーズンは6地域への挑戦となりました。

 1、H14年 8月・・・山梨県(初令)

 2、H14年 9月・・・山梨県(3令、2令、初令)

 3、H14年 9月・・・山梨県(2令、初令)

 4、H14年 9月・・・山梨県(初令)

 5、H14年10月・・・山梨県(初令)

 6、H14年10月・・・山梨県(成果なし)

 7、H14年10月・・・新潟県(成果なし)

 8、H14年11月・・・山梨県(3令)

 9、H14年11月・・・福島県(3令)

10、H14年11月・・・山梨県(3令、2令、初令)

11、H14年11月・・・山梨県(初令)

12、H14年12月・・・岐阜県(成果なし)

13、H14年12月・・・山梨県(♂43ミリ)

14、H14年12月・・・山梨県(2令)

15、H14年12月・・・能勢(成果なし)

16、H14年12月・・・山梨県(2令)

17、H15年 1月・・・山梨県(3令)

18、H15年 1月・・・能勢(成果なし)

19、H15年 1月・・・山梨県(成果なし)

20、H15年 2月・・・山梨県(2令)

21、H15年 2月・・・山梨県(3令、2令、初令)

22、H15年 2月・・・山梨県(3令)

23、H15年 2月・・・山梨県(3令)

24、H15年 3月・・・能勢(成果なし)

25、H15年 3月・・・山梨県(3令)

26、H15年 3月・・・山梨県(2令、初令)

27、H15年 3月・・・山梨県(♂50♀35、3令、初令)

28、H15年 4月・・・山梨県(初令)

29、H15年 4月・・・山梨県(3令、2令、初令)

30、H15年 5月・・・山梨県(3令)

31、H15年 5月・・・山梨県(2令)

32、H15年 5月・・・福島県(3令、2令)

以上の32回の採集を行ないましたが、結果は25勝7敗(0,781)でした。
しかし、能勢採集3連敗と全く振るわなかったシーズンでしたが、山梨県に関しては、25回のチャレンジで、23勝2敗(0,920)となり、初めて9割を超える事が出来ました。

F1010688.jpg
堅い材質に堅く詰った3令の食痕

F1010689.jpg
堅い材質部分の奥から姿を現した♂3令

F1010690.jpg
柔らかなエノキ材に鋭く開けられた産卵坑道

このシーズンは、私にとって山梨県採集において20回以上通った最後のシーズンとなりました。
少ない採集回数で勝率を上げることは、勿論可能です。
採集確率を100%と考えた場合、5勝0敗と10勝0敗、15勝0敗、20勝0敗と同じ勝率でも内容的には通った回数が多くなればなるほど難しくなってきますね。
私自身が、20勝以上をあげての勝率アップを目標にしていたのは、そんなところにあります。
この頃を振り返ってみますと、これだけ山梨県に通ったら行くところがないのでは?と思われがちですが、山梨県のポイントはかなり広いので、私自身もまだまだ行けなかったところが沢山ありますよ。
現在でも、行ってみたいポイントは沢山ありますし、知らないポイントと言うのも沢山存在していると思います。

採集者の中には、山梨県の現状を知らないで、一部分だけを取り上げて批評する方がいるようですが、山梨県の採集個体数が以前と比較すると減っている事は確かだと思いますが、その原因となるものが、材割りをするのが一番大きな原因だとは思いません。
山梨県のあちらこちらで、開発による台場クヌギをはじめとする樹液木が伐採され、それと同じくして多くの朽ち木も処分されて来ています。
ただ、採集者の立場からしますと、むやみに材を倒してしまったり、生木を傷付けるような事は避けるべきですし、ポイ捨て等による地元の方とのトラブルも当然起こすべきではありません。

私自身、普通の採集者の方よりも数多く山梨県に通っているので、現状は理解出来ますね。
私が採集を始めた当初と比較しても山梨県の個体数が激減しているとは思いませんし、私自身も朽ち木を大事に保護しようと考えていますから、その様な気持ちで採集をされる方が増えればこの先も充分楽しめるのではないかと思います。

さて、次回はこのシリーズのラストとなりますが、私なりの総まとめをしてみるつもりです。

     つづく・・・。

今週になってようやく新芽が出ました・・・。

私の家の直ぐ近くにあるバス停横のイチョウの木ですが、ようやく今週になって新芽が目立つようになりました。
夏になると、この木の横で、バーべキューをしながら飲み会をやるのが、毎年の恒例行事となっています。

F1010681.jpg

一応、バス停はあるのですが、1時間に1回通るだけで、普段は車も殆んど往来がありませんから、静かですよ・・・
以前は、まめな方がいて横を流れる川でヤマメをとって、串焼きにして食べた事もありました。
昔から、ここでのバーベキューは恒例行事としてやっているそうですが、やる日が決まっているにもかかわらず、雨に降られた事がないそうです。
私も以前、組長をやっていた時に段取りをしてやりましたが、天気は最高でしたね・・・
今年も楽しみにしている方々が大勢いますから、8月が待ち遠しいんじゃないのかなあ・・・。

イチローが4安打・・・。

マリナーズのイチローが4安打と奮闘してチームの勝利に結び付いたようで良かったなあ・・・
イチローも30代後半になり、年齢的な体力の衰えを指摘するような声もありますが、これと言うのも自身の気の持ちようで随分と違うようです。
実際にあるスポーツでは、40代になってから、他の競技者が体力の衰えを感じる中、ある方は”自分の壁を感じない”と思ったそうで、何回かの優勝経験を持っています。
私自身も実際、ある事でそれを感じた事があります。
確かに人間と言うのは、誰でもピーク時と言うのがあると思いますが、それは個人差があるわけですから、一般的には30代後半となると体力・気力の衰えを感じてしまう方もいるかもしれませんが、それなりのトレーニングや身体のケアをしていけばやれるのも確かですね。
イチロー自身は、それを感じていなくても周りがどうこうと騒ぎ立ててしまって、本人のモチベーションを下げさせてしまう可能性もあるわけで、マスコミの雑音と言うのは厄介かもしれません。
まあ、イチローの事ですから、大丈夫だと思いますが、私自身としては45歳位までは現役で活躍してもらいたいと願いたいですね・・・。

過去の採集を振り返って・・・パート6。

MLBレッドソックスの松坂が好投しましたね。
7回を1安打無失点とはなかなかですが、これが今後どこまで活かされるか楽しみです。
このくらいは活躍して当たり前ですが、今期10勝出来なければおそらくトレードに出されるのは決定的でしょうから、何とか今後も頑張って欲しいなあ・・・。

さて、7シーズン目を向えたこの年は、8地域への挑戦となりました。
中でも能勢において、70ミリオーバーが出るかもしれないと思わせてくれたケースがあり、残念ながら68ミリだったものの、湾曲のある立派な成虫でしたね。
この成果は、一緒に行ったクワ友のおかげでもありますが、ひじょうに感動的だった事を覚えています。

F1010678.jpg
♂68ミリの個体

F1010679.jpg
♂66ミリの個体

F1010680.jpg
♀39ミリの個体

このシーズンは8月からのスタートとなりました。

 1、H13年 8月・・・岐阜県(3令、初令)

 2、H13年 9月・・・山梨県(3令、2令、初令)

 3、H13年 9月・・・山梨県(3令、初令、卵)

 4、H13年 9月・・・山梨県(2令)

 5、H13年10月・・・山梨県(3令)

 6、H13年10月・・・山形県(♀36ミリ、3令、2令、初令)

 7、H13年10月・・・山梨県(成果なし)・・・半日採集

 8、H13年10月・・・山梨県(3令、2令、初令)

 9、H13年11月・・・山梨県(3令、2令)

10、H13年11月・・・山梨県(成果なし)・・・半日採集

11、H13年11月・・・山梨県(2令)

12、H13年11月・・・山梨県(3令、2令、初令)

13、H13年11月・・・山梨県(3令、2令、初令)

14、H13年12月・・・愛知県(成果なし)

15、H13年12月・・・山梨県(2令、初令)

16、H13年12月・・・山梨県(2令)

17、H13年12月・・・能勢(成果なし)

18、H14年 1月・・・山梨県(♀38ミリ)

19、H14年 1月・・・能勢(♂68、66、66、3令、2令)

20、H14年 1月・・・山梨県(♀39ミリ、3令)

21、H14年 2月・・・山梨県(3令)

22、H14年 2月・・・山梨県(2令、初令)

23、H14年 3月・・・山梨県(初令)

24、H14年 3月・・・山梨県(2令)

25、H14年 3月・・・能勢(2令)

26、H14年 3月・・・山梨県(3令)

27、H14年 4月・・・山梨県(3令)

28、H14年 4月・・・滋賀県(成果なし)

29、H14年 4月・・・山梨県(成果なし)

30、H14年 4月・・・静岡県(成果なし)

31、H14年 5月・・・福島県(2令)

以上ですが、このシーズンは31回の採集を行い、結果は24勝7敗でした。
山梨県へは、22回のチャレンジをしましたが、19勝2敗でむかえたラスト採集は残念ながら撃沈に終わってしまい、19勝3敗(0,864)で終了となりました。
なぜ19勝目を上げた後に最後のチャレンジをしたかと言いますと、やはり、私自身20回以上の成果を上げて尚且つ9割を超える事に拘りがあったからなんです。
しかし、残念だったのは、3敗した内の2回が半日採集だったためにちょっと時間が足リなかった事です。
でも、ベストを尽くした結果でしたから、これは仕方がありませんね。
こうして、この挑戦は次のシーズン以降へと持ち越しになりました。

     つづく・・・。

情報というものを考えてみる・・・。

物事の色々な情報と言うものが、本やニュース・インターネットなどで得られます。
オオクワガタ採集なども同様で、情報を手に入れて行動に移すのが一般的だと思いますが、もしも情報が得られなかった場合の選択肢は3つありますね。

1、行動しない。

2、あらゆる手段を駆使してその情報を手に入れる。

3、自己開拓をする。

これも色々なタイプがありますから、個々の考え方の違いがあるのも当然だと思います。
しかし、いつも同じではなく、たまには異なる方法を試してみるのも面白いと思いますね。

例えば、A地域で採れるという情報を手にした場合にその採れているポイントをピンで案内してもらう方法も勿論あるわけですが、それで成果を上げて満足するか否かは本人次第です。
そんな事をせずに採集実績のないポイントに通って成果に結び付ける方法もありますが、これはひじょうに難しい反面、採れた時の価値観は高いですね。
情報を得るために色々下調べをする事も必要かもしれませんが、何処までの情報を必要とするかはこれも個々で異なります。
私が採集をする上で必要だと思っているのは、無限の努力をする心構えを持つ事だと思っています。
ですから、無駄をするのはある意味当たり前な事だと思いますし、何年掛かってもゲットに結び付けたいと言う強い気持ちを持ってすれば、必ず感動する時が来るものと思います。
やはり、奥の深いオオクワガタ採集にチャレンジしていくには、そのくらいの気持ちを持ってやらないと難しいのかもしれません。

私の耳にも色々な情報が入ってきますが、それは表に出て来るものと裏で出て来ないものもあります。
色々なレベルの採集者があちこちで行動していますが、トラブルのない採集を心掛けてくれる事を願いたい・・・。


プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: