FC2ブログ

今期のMLBは厳しいシーズンかな・・・。

今日のイチローは5の1でしたが、208本と安打数を伸ばしました。
しかし、イチロー以外ではと言うとヤンキースのカノー選手が現在193本で残り3試合で7本と厳しい数字です。
ナショナル・リーグを見れば、ロッキーズのゴンザレス選手が197本なんですが、残り4試合で3本ですからこちらは可能性がありますね。
この数字を見ても、今期のMLBの打者の中でも200本を打つ事が如何に難しいかが良く分かります。
それを10年連続となると気が遠くなりますね。
あらためてイチローが凄いと実感します。

先日、ネットの記事を読んでいたら、邦人の方がピート・ローズとイチローの比較をしていました。
その記事には、やはりローズがイチローに対してラッキーだとコメントしていた事に対しての内容でしたが、ようするにそれは全く逆で、ローズはイチローが日本でプレーしていたおかげで、現在通算安打数トップに君臨していますが、イチローがMLBで最初からプレーしていたら、あっさりと記録を更新される恐れがあるという内容のものでした。
まあ、このような”もしも”とか”仮に”と言うのは確実性はないかもしれませんが、検証してみると面白いですね。

さあ、明日はイチローにとって今月最後の試合です。
現在、39本ですから明日1本以上を加えて月間40本をクリアしてもらいたいなあ。
頑張ってくれよ?
スポンサーサイト



今日は複数安打・・・。

昨日は、無安打だったイチローですが、今日は2安打しましたね・・・
これで、今月残り2試合で2本打てば月間40本です。
今期イチローには珍しく、月間40本以上打った月がありません。
ですから、ちょっと途中で心配はしていたんですが、今月こそはやってくれるでしょう・・・

さて、昨日イチローの10年連続200本安打を記念してのセールという事で、8ペアをアップしましたが、今回は、写真の掲載してない個体において新しく写真をアップして見ました。
その他は、以前写真を掲載していますので参考にして下さい。
また、クワ友のどじょうさんの三重県の採集個体ですが、明日で一応締め切らせて頂きます。
数名の方から問い合わせがありましたが、連絡を頂いた早い方から優先的にやらせてもらいますのでご了承下さい。
それでは、よろしくお願い致します。

イチロー10年連続200本安打記念セール・・・。

今日のイチローは、残念ながら無安打でしたが、明日は今日の分まで打ってもらいたいなあ・・・。

※問い合わせ及び購入希望される方は、ブログメールか私の携帯へ直接ご連絡下さい。
 それでは、よろしくお願い致します。

   携帯番号・・・090ー7031ー4791(池谷)

朝晩が肌寒い気候となりましたね・・・。

つい先日までは暑い日々が続いていたと思ったら、一転して肌寒い日々となりましたね。
こんな気候の変化する時は、健康面に注意が必要です。
私の方は、この夏にお茶で乗り切る事が出来ましたが、まあ良かったんではないでしょうか・・・。

今日は、松坂がヤンキース相手に登板しましたが、惜しかったですね。
8回をA・ロッドの2ランホームランによる2失点ですから、まあ合格点ですね。
しかし、勝利したかったでしょうが、打たれてしまってはダメですからそこが辛いところだと思います。
イチローは、今月は好調ですから、今月の残り4試合で4本打てば月間40本になりますね。
何とか頑張ってもらいたいところです・・・

クワ友とちょっと出掛けて来ました・・・。

昨日は、クワ友とちょっと採集へ行って来ました。
結果は、まあ大した事はありませんが、それよりも一緒に採集をして色々と話をしている中で、あらためて感じた事があります。
樹液・灯火・外灯廻り・材割り採集のそれぞれにおいて、成果が出るまでの過程が如何に大事であるかと言うことを再認識させられました。
特にこの日記でも再三取り上げていますが、ポイントの問題です。
各採集方法には、そこへ行き着くまでのそれぞれの苦難があり、それを乗り越えて成果が出た時が最高の喜びに発展するわけですが、やはり、それをする為の努力と言うものを忘れてはなりません。

現在、数ある採集の中で難度が高いのが樹液と材割りですが、その中でも1本の樹液の木を見つけるまでを”ゼロ”からスタートさせた方の苦労は、大変なものです。
私は、その苦労が理解出来る者とそうでない者の差は、やはり、自己開拓したかどうかで大きく異なると感じます。
実際に聞いた話とやってみた話では、かなり開きがあるかもしれません。
採った採れなかったと言う裏には、数々の苦難があり、それを経験したものでしか本当の意味での価値観が理解出来ないかもしれませんね。

それが理解出来るならば、安易に他人のポイントに入ったり、他人にそのポイントを教えてしまったりと言う事が出来ないはずなのにそれを平気でやっている方がいるのが、信じられないんです。
しかし、こういう事は、上手に分からないようにやっているつもりでも、どこからか情報が漏れるもんなんですね。
その結果、信頼が失われる事態になってしまいます。
それが自身で気付く方もいればそうでない方もいるわけですが、何れにしてもそうならないように個々が気を付けていかなければいけません。

まあ、この話はこれくらいにしておきまして、採集の方は早朝から深夜まで続きましたが、成果云々よりも自然界のオオクワガタの生態を別な角度から見る事が出来ました。
昨日は、ひじょうに採集をしやすい気候でしたが、朝晩はビックリするくらい冷えました。
そして、ハプニングと言えば、クワ友の朝寝坊かな・・・

さて、来月からは本格的な材割りシーズンです。
今期は、ブナ帯遠征を3?4回ほど計画中ですが、ひじょうに楽しみです・・・

どこもかしこもイチローの快挙を称賛ですね・・・。

今日は、肌寒さを感じた朝晩でしたね。
そして、私を含めた大のイチローファンにとっては、うれしい10年連続200本安打達成に感激したに違いありません・・・
テレビでもインターネットでもあちこちでその快挙を報じ、数々の称賛の声が・・・。
いやいや、たまりませんねえ・・・。

お約束どおり、イチローのこの快挙を記念しまして近日中にワイルド生体の特別企画をやりますが、詳細はもう少しお待ち下さい。

イチローが10年連続200本安打達成・・・。

いやあ、やりましたねえ
私の予想より1日早い151試合目での達成ですが、さすがイチローですね・・・

とにかく おめでとう・・・

こうなったら誰にも破られない記録を打ち立てて欲しいものです・・・

あと2本ですねえ・・・。

今日のイチローは、5の1で残り2本となりました。
明日にでも達成出来そうですが、さてやってくれるでしょうか・・??
デーゲームですから、日本時間の早朝になりますが、気になるなあ・・

クワバカトリオでの挑戦(樹液採集編)・・・パート2。

今日のイチローは、4の4で197本まで安打数を伸ばして残り3本となりましたね・・・
いよいよですねえ、早ければ明日にでもとなりますが、その瞬間をこの目で見たいところです。
明日も頑張れよ?

さて、それでは採集記のパート2となります樹液採集編です・・・。

今回三重県の樹液採集が初となるクワ友に是非現在のここでのオオクワガタの生態を観察してもらおうと楽しみにしていたんですが、これまで色々と都合が合わなくてそれが実現出来なかった分、本人もひじょうに楽しみにしていたようです。
昨日の長旅の疲れもどうにか回復し、ゆっくりとしたポイント入りとなりました。

今回の注目すべき事は、もう夏が終わりに来ているこの時期に樹液の出具合がどうなのか?また、個体数が多いのか少ないのか?そして、サイズも気になるところです。

樹液採集ポイントにおいて、個体数の濃い薄いは別としても採集をする方の目の動きや行動を見ているのも勉強にもなるし、クワ友がどんな採集をするのかを注意深く見守っていた私でした。

直ぐに高所にある樹洞に目をやるや否や登り始めたクワ友は、その怪しい部分をライトを片手に色々な角度からチェックをしていました。

このような時、大き目のコクワガタを目にすると一瞬、オオクワに見間違えたりする事もあります。

彼は、じっくりと見ながらチェックをしていきますが、ノコギリ・コを確認出来ただけでなかなかオオクワの姿を確認出来ません。

そして、数本チェックした時についにその瞬間がやって来ました。

オオクワいましたよ?!

彼が言うには、2ヶ所で2頭のオスを確認出来たらしいのですが、その内の1頭を取り出すことになった。

樹皮の内側の奥に付いているためになかなか手強い♂を相手にワイルドの逞しさや賢さを肌で感じているようです。

「なかなか手強いですねえ!」

「そうですねえ、これがワイルドらしいですね。」

少々時間を要しましたが、1頭目の記念すべき♂は50ミリ台の個体でした。

F1010412.jpg

その後、クワ友がもう一度その奥を見たところ・・・。

もう1頭メスがいますねえ!

いやあ、いきなりペアとは驚きましたが、今度はスルスルと出て来たようです。

ペアで入っていたメスは38ミリでしたが、越冬個体でかなり古い虫のような感じでした。

F1010413.jpg
♂♀のツーショット

おそらく、このメスは何年も産卵をしているに違いありませんが、新成虫と比較した場合幾分元気がなかったのが気になりましたね。
更にこの後も何頭かを追加しましたが、注目すべきは同一の樹皮の隙間に2頭のオスが一緒にいたことです。
これは、何も今回が初めてではなく、以前にもこのようなケースを確認していますが、そのスペースが比較的広ければ、一定の間隔を保った状態で同居する事も可能だと言うことでしょう。

この後、♂59ミリを追加しましたが、クワ友は、初めて目にするクヌギ帯でのオオクワに大興奮だったのは言うまでもありません。

F1010414.jpg
♂59ミリ

また、もう1つ気になったのは、ここで採集した中歯型個体の頭部に大型個体の内歯で開けられたと思われる穴がありましたが、やはり自然界の厳しさでしょうね。

この後、昼食休憩を挟んで午後の部となりましたが、あるポイントでは同一エリアに♂1♀2という3頭もの成虫が確認出来ました。
その際に採集されたメスの個体がこれです・・・。

F1010415.jpg
左♀36ミリ、右♀29ミリ

いやあ、29ミリともなると可愛いですねえ・・・
途中でこんな産卵痕もありました。

F1010407.jpg

見事な産卵痕ですが、無事に育ってくれる事を願ってその場を後にしました。

今回は、主にクワ友に樹液採集をしてもらい、3人で採集を楽しみましたが、貴重なデータがこれによってまた収集されました。
今回の採れた個体は、クワ友の記念すべき個体以外は、全てリリースする事とします。
というのは、10月にもう一度時期を選んで生態観察をした後に一度持ち帰った個体を返します。

これまでは、同じ地域へとリリースしていましたが、今回は確認したものを一度全部抜いた後に空になった場所に次回どのような個体が付いているのかを確認したい為です。
10月という事を考えれば、一般的には樹液は出が悪くなって虫たちは越冬する場所に移動すると考えられていますが、果たしてこの地域の個体がどのような状態になっているのかがひじょうに興味深いですね。

ただ、これまでのデータを元に話をさせてもらえば、採集をした同じ場所へその個体を逃がしたとしても半月の間隔を置きますと全く同じ個体が入っているわけではなく、留守であったりサイズが変化していたり、またはヒラタやオオクワのメスが入っていたりと言った異なるパターンになっています。

本当は、昼間と夜間の状態変化を観察してみたかったんですが、残念ながら昨年・今年共に昼間のみのデータしか取れていません。
それでも貴重な面白いデータが取れましたから、それだけでもOKですね。

今回は、クワ友とこの地域における生態をこの目ではっきりと観察する事が出来ました。
クワ友曰くひじょうに貴重な経験が出来た事がうれしかったとのことでした。

ポイントを保護していくと言うのは、難しい事ではありますが、それを理解する者同士が集まればある程度は可能であると考えています。
普通に考えれば、生態を観察しただけで終わらずにお土産を持って帰ればいいのにと考える方もいるかもしれませんが、私からすればその貴重な生態観察が出来ること自体が大きなお土産なんです。
ですから、採集ってのはそんな事を考えずにただ楽しむと言う基本的な事なんではないでしょうか・・・。

ただ、これが出来るようになるまでには、クワ友たちで協力し合いながら切り開いて見つけ出したと言う事実があった事を忘れてはなりませんし、今後もその努力を怠ることなく探索をして樹液木を見つけていこうと思っています。

最後に今回2日間採集を共にしたクワ友たちには大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。
次回は材割り採集になると思いますが、これからも楽しみましょう

     終わり・・・。

クワバカトリオでの挑戦・・・パート1。

今日は、採集で汚れた衣類の洗濯やら片付け、車の洗車にトレーニングと結構やる事の多かった1日でした。
MLBでは、松坂がまたしても打たれてしまい、10勝目はお預けとなりましたが、今期は正直ダメですね。
松井も新天地で活躍を期待されたものの、やはりチームが低迷していては評価が悪くなるのも仕方ありません。
来年は、どこのチームでやるんでしょうかねえ・・・。
こうなると期待は、やはりイチローの10年連続200本安打の記録だけになってしまいますね。
ちょっと寂しいですが、明日は試合がありますから、何とか2本を期待したいなあ・・・

それでは、クワバカトリオで挑んだ採集(ブナ帯採集編)です・・・。

勿論、今期初となる材割り採集ですが、今回は某県のブナ帯へと行って来ました。
やはり、この地域は探索が難しい地域です。
地元静岡を早朝に出発してクワ友と合流した後にポイントへと向い、およそ7時間あまりあちこちと探索をしましたが、良材があってもオオクワだけが出て来ません。
ある程度の虫っ気はあるものの、標高を上げれば太い立ち枯れ材があってもオオクワの生息域から外れているのか?それとも元々いないのか?なかなか手応えがありません。
また、標高を下げれば細い立ち枯れが多くなり、樹層も変わって来ます。

元々確かな実績のない地域である為に探索はかなり難航し、ブッシュが多いせいもあり、近くにあると思われる立ち枯れでも実際は、かなりブッシュを掻き分けながらの移動で時間が掛かるものでした。
そのために1本の立ち枯れをチェックするだけでも、かなりの体力を消耗するという事でタフな採集でした。

そんなわけで、3人が分かれながら採集をしましたが、これといった手応えのないままタイムアップとなってしまいました。
やはり、厳しかったですね。
最初から分かっていた事とは言え、探索と言うのは情報のあるなしではかなりの無駄も経験しなければなりません。
採集は、この無駄な事もある程度経験していかなければ、ゲットには繋がりません。
それが5?6回なのか12?13回、或いは20?30回になる事も珍しくありません。
とにかく、今後も地道に探索をしていくしかありませんね。

いつか手応えを感じるその時が来るまで、諦めずに頑張ろうと思います。

さて、ブナ帯採集を終えたクワバカトリオですが、数時間の移動した後に翌日樹液採集をする舞台となる三重県へと移動したのです・・・。
そして、道路の渋滞やらで移動するのが大幅に遅れてしまい、ホテル着が午前様になってしまったので、翌日は少々遅めの起床となりました。

天気も良さそうだし、今日はどんなドラマが待っているのか楽しみです・・・。

さて、下の2枚の写真ですが、どちらがオオクワでどちらがヒラタなのか?この写真で分かる方がどれだけいるでしょうか?
これで判別出来たら凄いですよ

因みに私は分かりませんが・・・。

F1010397.jpg
F1010401.jpg

正解は、上の写真がこのオオクワガタです。
F1010398.jpg
オオクワガタ大歯型

そして、下の写真がこのヒラタクワガタです。
F1010402.jpg
ヒラタクワガタ

ひじょうに似かよっていて分かり難いですね。
アゴが見えない位置でのほんの少ししか確認出来ない場合、多分判別出来ないかもしれません。
私も一部しか見えなかった際の判別は、アゴが確認出来るまでは分かりませんでしたね。

そして、このカエルですが、アマガエルよりもかなり大きなモリアオガエルかな?・・・(多分)

F1010403.jpg

今期は、こんな光景を目にした樹液採集でしたが、この日新たな9月後半と言う時期でのクワバカトリオによる樹液採集が始まろうとしていたのです・・・。

     つづく・・・。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: