FC2ブログ

日本善戦するも惜敗・・・。

ワールドカップもベスト8が決まりましたね。
昨晩の日本対パラグアイは白熱したいい試合だったと思いますが、やはりベスト8の壁は厚かったです。
PK戦で惜しくも敗退が決まってしまいましたが、ここまで良く戦ったと思います。
お疲れ様でした~
地元静岡県からも藤枝東出身の長谷部主将を筆頭に駒野選手・岡崎選手、試合に出なかったGK川口、FW矢野、DF内田の各選手らもチームの一員として良く頑張ってくれたと思いますね。
私個人としては、DF内田選手とFW森本選手に期待していただけにちょっと残念でしたが、2人共まだ若いですから次回ブラジル大会には主力として頑張って欲しいです。
まだまだ、これからが熱い戦いとなる今大会ですが、私の予想ではブラジルとドイツ又はアルゼンチンの決勝戦になるような気がします。
さて、どうなるのかひじょうに楽しみですね・・・
スポンサーサイト



記録更新しました・・・。

いやいや、今日も暑かったですねえ・・・。
しかし、今晩は日本対パラグアイのワールドカップでさらに熱くなるのかなあ・・・。

さて、今日はタイトルにある記録更新と言うことですが、これは私自身が携帯で1日の歩いた歩数を5月位から記録していて、たまたま仕事が忙しかった事もあり、本日20500歩位となりました。
これまでは、採集へ行って歩き廻ったとしても、せいぜい16000歩位でしたが、今回はそれを大きく上回りました。
採集へ行っても、なかなかヒットしなければ歩きますから、歩数は増えるわけですね。
その反対に歩数が少ない場合は、車の移動が多かったり、又はヒットした為にそんなに歩かなかったと言う事になります。
そういう意味では、今日は本当によく歩いたし、忙しかったですね。
帰宅してからジョギングをしたので、多分体重は80キロを割ったかもしれません。
私にとっては、最近体重の変動がなく81キロ位で安定していますから、良い傾向ですね・・・

そうそう、某県へと樹液採集に行っていたクワ友ですが、洞の中にオオクワを確認したようです。
しかし、その洞の奥行きがあり、奥へと逃げ込まれてしまって万事休すとなったようですが、昨年も実績をあげていますから、タイミングの問題で採れるでしょうね。
私は、8月は忙しいですが、7月にまとまった休みが取れそうなので、3日間位樹液採集にチャレンジしようと思っています。

それとワイルド個体たちも随分と羽化して来ていますから、近日中にでも大丈夫そうな個体は掘り出して見たいと思います。
7月に入ったら紹介したいと思いますから、興味のある方はもう少しお待ち下さいね・・・。

ズルズルと3連敗・・・。

今期の山梨県樹液採集は、既に2連敗・・・。
しかし、過去には8連敗もありますが、それから比べたら2連敗なんてのは序の口です・・
過去7シーズンでは、6月に採れなかったのは2度あるものの、今月最後となるので何とか姿を見たいと思っていたのです。
今回は3連敗を阻止すべく樹液採集での山梨県打率3割打者の私にとっては、何としてもヒットさせたいなあ・・・。

そんなわけで、少々寝坊をしてしまいましたが、無事に山梨へ入ったところで早目の昼食となりました。
ラーメンを食べたい気分だったので、それならいつもの○○へと行ってみようと思い、そこへ行って見ると開店を待つお客が10人ほど待っているではないですか・・・
仕方なく5分ほど待って店の中へ入り、いつものラーメンとミニチャーシュー丼のセットを注文しました。
次々とお客が入って来て、あっという間に満員御礼状態です。
あ?、でも美味しかったなあ・・・

食べ終わって私が店を出る頃には、なんと車が18台も駐車していたのですが、これは凄いなあ・・・
お腹が満たされた後は、早速樹液採集の開始となりました。
今回は、これまでに行っていなかったポイントを半分廻る事にしましたが、今期初のカブトくんを見かけました。

F1010310.jpg

いやあ、樹液の匂いがプンプンしています・・・。
別の場所でもペアで見かける事が出来ました。
しかし、コクワガタやノコギリクワガタの姿はあるものの、本命の姿を確認する事は出来ません。

今期はじめてチェックする期待の洞ですが、相変わらずいい雰囲気です。
この木は、道具を使わないとなかなか登るのに苦労しますが、どうにか高所に登って確認をしました。
樹液が中噴きしていて今年も良い状態のようですが、残念ながら姿を確認する事は出来ませんでした。

F1010311.jpg

おそらく私以外には知らないと思いますが、それにしても過去に一度もオオクワを確認した事がありませんから、御神木にはなりません。
しかし、いつかはオオクワを確認出来るものと信じて通っているんです。
ここの木を含めていくつかの良さそうな雰囲気の洞や樹皮捲れがあるものの、やはりなかなか難しいですね。

この後も21時頃までやって雨が強く降り出したところで終了となりました。
この間、ひっそりと静まりかえった山の中をオオクワ求めて歩きましたが、結果的には確認する事は出来ませんでした。
前回よりは確実に樹液の量は増えていますし、カブトムシもあちこちで見掛ける事が出来ましたから、樹液を吸う虫たちの数も当然多くなっていると感じましたね。
これからは、もっともっとにぎやかになるものと思います。

次回こそオオクワに出会いたいものですね・・・。

天気は何とかもったものの・・・。

予報は雨でもやはり現地へ行って見たら、何とか大丈夫でした。
しかし、雨よりも私にとっては厄介な”毛虫くん”の存在に参ってしまいました・・・
山の中には、野犬の吠える声がしましたが、こんなものは全然大丈夫です。
また、イノシシの真新しい足跡と餌を物色中だった形跡もありましたが、これも毛虫に比べたら”への河童”でしょうか・・・。
その他、ムカデやマムシ・スズメバチ等いますが、これも毛虫に比べたら可愛いものです・・・
ところで、採集結果はと言いますと見事な撃沈を食らいました・・・(笑)

ちょっと残念な事がありました・・・。

今日は、地元静岡は雨でしたが、予定通り雨の中をジョギングと腹筋運動等のトレーニングを終えました。
たまには雨の中を走るのもいいかもね・・・

本題のちょっとした残念な事と言うのは、以前この日記でも紹介しました我家の玄関口に作ったツバメの巣の事なんです。
実は、毎日のように親がヒナに餌を運んで食べさせていたのですが、数日前に突然そのヒナたちがいなくなったのです。
あれ?、おかしいなあと思いながら巣の周辺を見てみると巣の一部が壊されて下に落下していたので、これは何者かにやられたなと思いました。
おそらく蛇かカラスではないかなと思いますが、以前にもこれと同じ事があり、その後にもう一度卵を生んで無事に育て上げたと言う例があったので、今回もそれを期待しているのですが、さてどうでしょうか?
親が時折巣へ出入りしているようですが、どうなっているのかはよく分かりません。
今年は、ひょっとしたらダメなのかもしれませんね・・・。

さて、今日明日は、クワ友も灯火・樹液採集と忙しいようですが、ここ東海地方を含めてその近隣でも天気は雨模様のようです。
しかし、梅雨時期というのは、現地へ行って見ると意外に雨が降っていなかったりということがありますから、”迷った時には行け”ですかね。
と言うわけで、ちょっと出掛けて来ようと思っていますが、行くからにはオオクワの姿を見たいなあ・・・

いやあ、見事な日本勝利・・・!

日本やりましたねえ、良かったなあ・・・
韓国に続いて日本も決勝トーナメント進出が決まり、なんとかベスト16の仲間入りをしました。
ここからが本当の戦いなのかもしれません。
正直大会前は、仕上がりが本当に悪くてどうなる事かと思いましたが、試合を重ねる毎に徐々に力を付けて来たように思います。
厳しい戦いになると思いますが、なんとかいい試合をやってもらいたいですね。
先日のフランスに引き続き、イタリアまでもが予選敗退となってしまいましたが、いくら強豪国と言えどもこの様な事が起こり得るんですね。
そして、大会を通して快進撃を続けるチームも出て来るわけですから、この先どの様な展開になるのか目がはなせません。
今日は、ブラジルとポルトガルの試合が注目ですが、その他にも本命視されていたスペインがまだ予選突破を決めていないだけに今夜も注目のカードが楽しみだなあ・・・。

今期4度目の樹液採集(三重県)・・・パート3。

いよいよ今晩ワールドカップの日本対デンマーク戦が行なわれますね。
どうなるのかひじょうに楽しみですが、中途半端な時間ですから完璧に寝不足になるなあ・・・
話は変わって、MLBのマリナーズは今日も勝って6連勝・・・
このまま良い状態を維持してもらいたいものですが、頑張ってくれよ~

さて、それでは採集記の続きです・・・。

この時期の新規開拓はひじょうに難しいですが、何人かで探索をしていけば1本や2本は見つかりそうな気がします。
しかし、これも地道な探索となりますから、時間は掛かるでしょうね。

新規開拓は、またの機会にしようと言う事で、今度はナンバー1と2の御神木へと向かう事にしました。

最初にナンバー2の御神木です・・・。
林道を歩いてようやくたどり着いたそこには、以前よりも樹液の匂いがしていました。
もうそろそろオオクワが付いていても良いはずなのですが・・・。

どじょうさんと2人でチェックを開始しましたが、下部から見える範囲には確認出来ません。

それならと上部へ登ってチェックをするものの、残念ながらコクワガタを確認したのみでした。
このナンバー2の御神木は、私の知っている範囲では過去に6回廻り、オオクワガタが付いていたのは3回ということで、確率的には50%となっています。

残念ながら次回に期待するとしましょう!

そして、あと残すはナンバー1の御神木だけです。

ここのポイントから移動して林道を歩いていくといよいよです。

この御神木は、私の知っている範囲ではオオクワが付いていなかった事は過去に1度もありません。
それだけ樹液の量といい、樹皮捲れや洞が広範囲に多く存在している素晴らしい木なのです。

その樹液の木に近づくと、やはり前回よりは樹液の匂いがするものの、全盛期と比較するとまだまだなようです。

全盛期の樹液の量はこんなものではありません・・・。

さて、最初に期待を込めてどじょうさんに怪しい部分をチェックしてもらうことにしました。

慎重に樹皮捲れ部分の奥をライトで覗き込むどじょうさんでしたが、なかなか”いた~!”という声が聞こえません。

「どうですか~?」

「いやあ、ダメですねえ!」

実は、どじょうさんと2人でナンバー1と2で何頭のオオクワがいるか予想を立てていました。
それは、どじょうさんが2頭で私が4頭でしたが、このままだと1頭も確認出来ない状況も考えられます。

「どじょうさん、もしもこの木にいなかったら、連続記録が止まってしまいますねえ!」

「そうですねえ、難しいかなあ・・・。」

「いやあ、多分、上部にはいると思いますよ!」

「そうかなあ。」

と言うわけで、上部の樹皮捲れ部分をチェックしようと伸縮梯子をいっぱいまで伸ばして途中途中のチェックポイントを見ていったところ、地上4メートル部分の樹皮捲れの上側に厚みのあるオオクワの姿がありました。

オオクワいたよ~!

間違いない小歯型のオオクワだよ~!

この後、取り出しに時間が掛かりましたが、なんと♂47ミリの小歯型個体でした。
残念ながら、ピンボケ写真になってしまったので掲載はしませんが、このサイズの中歯型がかった小歯型というのもカッコいいですね。

さて、この後はさらに上部にある樹皮捲れ部分のチェックをしていると、樹液はそこそこ出ており、その一番奥になんとペアらしきオオクワの姿がありました。
さらに良く確認すると、サイズは小さいものの、可愛い小歯型のペアである事が判明し、どじょうさんにも確認してもらった。
今確認出来ているだけで3頭目となり、御神木の伝説は間違いないものだった。

F1010307.jpg

この樹皮の隙間なんですが、足場も悪くてなかなかオオクワの姿を撮影する事が出来ない。
さらに別の角度から撮影するも、これ以上いい写真を撮るのは無理と判断し、取り出しに掛かる事にしました。

F1010308.jpg

左上の隙間なんですが、全く写っていませんね・・・

ダメだこりゃ!

仕方なく時間が掛かったものの、♂の小歯型45ミリの取り出しに成功しましたが、♀の方は残念ながら下の枯葉の上にバウンドしながら落下してしまい、しばらく探したものの見つける事は出来ませんでした。
おそらく30ミリ前半の個体と思われます。

オオクワガタ♂45ミリ

最後に採集した♂45ミリですが、やはりワイルド個体はいいなあ・・・
この御神木では、結局2♂1♀を確認しましたが、全てリリースして終了となりました。

こうして、どじょうさんとの樹液採集を終えましたが、やはり御神木は素晴らしかったですね。
いつまでも自然界でのオオクワガタの生態観察が出来れば最高です。
次回は、どんなドラマが待ち構えているのか?今からひじょうに楽しみですね。

     終わり・・・。

今期4度目の樹液採集(三重県)・・・パート2。

韓国の決勝トーナメント進出が決まりましたね・・
そして、驚いたのは大会前に誰も予想していなかっただろうと思われるフランスの敗退はびっくりしましたが、やはりチーム内紛が影響していたのは事実だと思います。
しかし、イタリア・イングランド・スペインといった本命も苦戦しているだけに勝たなければ予選敗退も充分考えられますから、最終戦が大きな山ですね。

さて、それでは採集記の続きです・・・。

1ポイント目でオオクワを確認した後、2ポイント目に行く途中でどじょうさんと合流する事になり、私の車でそこへと向った。
林道を歩いて目的の木へ到着した頃、辺りは樹液の匂いが漂い、大いに期待出来る状況となっていた。

下部をチェックしていたどじょうさんが第一声を発した。

あ?、いた?

下部の樹皮捲れの中へとスルスルと入り込んだようですが、良く確認すると大きなコクワガタだったようです。

私は、伸縮梯子を掛けながら途中の樹皮捲れや洞をチェックするものの、ムカデを確認しただけで本命の姿はない・・・。

そして、いよいよ上部の樹皮捲れ部分をライトで照らした時だった。

その樹皮捲れの上の部分には明らかに65ミリ前後と思われる黒い厚みのある個体が確認出来、ライトの光に驚いたのか、中でモゾモゾと動いたのです。

どじょうさ?ん、デカイのがいますよ?

いやあ、今期見た中では一番の大物かもしれない・・・。

伸縮梯子の一番上に乗っかってから、1ポイント目で成功した枝を使っての掻き出し作戦を実践する事にした。

「どじょうさ?ん、下に落ちたら頼みますよ?!」

「は?い、了解です?!」

そして、しばらくライトで照らしながら刺激を加えていると、そんなに時間が掛からないで下部へ落下したのです。

あ?、落ちたよ?!

直ぐにその個体を拾い上げたどじょうさんが発した第一声は・・・!?

これはでかいヒラタですよ?!

え?!本当に??

ヒラタクワガタ♂65ミリ

下に降りてからその個体の大きさを確認して驚いた・・
いやあ、大きいですねえ!

サイズを測ると65ミリあり、このサイズのヒラタはなかなかお目にかかれない。
それにしても強烈に大きな個体でしたが、この木のさらに上部は怪しいところがあるものの、滑りやすくなった木は危険が伴う事から、これ以上は断念する事にしました。

さて、今回はどじょうさんと新ポイントを探索しようと決めていた事もあり、3ポイント目は、雰囲気の良さそうなところへと入って行ったのですが、残念ながら見つける事は出来ませんでした。

そして、4ポイント目に探索に向ったところは、なかなか雰囲気の良さそうなところだったので、二手に分かれて樹液の木を探す事になった。
私の方は、いくらか樹液が出ていてコクワガタがいくつか確認出来たものの、手応えはなかった。

しばらくしてからどじょうさんと合流し、彼も手応えがなかったようですが、1本だけ気になる産卵痕らしきものを発見したとのことだった。

彼の案内でそこへ行って見ると粗めの粉が散乱しており、その奥には大きく開いた産卵坑道が確認出来たのです。

「カズさん、どう思います?」

「どじょうさん、これは間違いないと思いますよ!」

私がそう話した直ぐ後だった・・・。

あ?!オオクワだ?!!

F1010303.jpg

そこには、別の部分をかじりながら坑道を掘っている大きなオオクワのメスの姿がありました。

いやあ、これはデカイよ?

オオクワガタ♀43ミリ

このメスのサイズを測ってみると43ミリもある大きなものでしたが、産卵途中と言う事もあり、その場にリリースして4ポイント目の探索を終える事にしたのです。
おそらく、このメスが2ヶ所目の産卵をするための坑道を掘っていたものと思われます。
しかし、それにしても大きなメスだったなあ・・・。

それとここでもどじょうさんがヒラタを確認し、本日4匹のヒラタを見る事になりましたが、それにしてもこれだけ確認出来るのは実に珍しい事です。

こうして、午前中の部が終了し、どじょうさんと食事を済ませた後に午後の部のスタートとなりました。

     つづく・・・。

今期4度目の樹液採集(三重県)・・・パート1。

ワールドカップも決勝トーナメントへ進出するチームが徐々に決まりつつありますね。
今日の注目はフランスではないでしょうか・・・。
しかし、フランスが勝利しても勝ち点4となり、現地点での勝ち点4同士の戦いで引き分けてしまえば勝ち点5には及びませんから敗退が決定してしまいます。
ですから、どちらかが負けて得失点差で上回らなければフランスの突破はありませんから、ひじょうに厳しい状況には変わりないですね。
それにフランス中を巻き込んだ騒ぎとなっているチーム内紛問題は一体どうなるんでしょうか
いずれにしても、今大会は本命が苦戦していますから、それだけに毎日毎日がスリリングです・・・

それでは、採集記に入ります・・・。

約2週間振りとなったこの地域での樹液採集ですが、降雨が心配だったものの現地へ到着してみると幸い雨は大丈夫だった。
今回は、どじょうさんと途中で合流する事になり、1ポイント目は単独での採集となりました。
伸縮梯子を担ぎながら山へと入って行き、ポイントへと到着・・・。

まずは、樹液の出具合が気になるところですが、雨が降ってしっとりとした上に樹液の匂いがプ?ンと漂っている。

これなら期待出来そうである・・

最初に目にしたのは、ノコギリのペアだった。

そして、これまで実績のある木をチェックしていくが、入っているのはコクワガタばかり・・・。

この後、6本目の木の樹皮捲れ部分をライトで照らしたところ、またしてもノコギリのペアが付いていた。

それから伸縮梯子を使用して上部を覗き込んだ時だった。

いたぞ?!

F1010296.jpg

樹皮の隙間に入り込んでいる小歯型と思われる個体とさらにその上にはメスまでもが確認出来た。

F1010297.jpg

この一瞬見た時には、オオクワガタである事を疑いもしなかったのですが・・・。

それもそうです、この厚みといいアゴのライン、そしてメスの浮き出た筋は間違いないものと思っていましたが、取り出した際に驚いた・・

ヒラタクワガタ♂

なんと小歯型と思われたのは、52ミリのヒラタの♂だったのです。

ヒラタクワガタの♀

さらに30ミリ前半のヒラタの♀である事が分かり、残念ながら本命ゲットとはいかなかった。
まさかねえ、ヒラタのペアだなんて・・・。
完全にオオクワと思い込んでしまいましたが、この後、周囲にある何本かの木の上部を確認したものの、オオクワの姿を見る事が出来なかった。

そして、最後に気になる1本の木の上部にある樹皮捲れを見ようと伸縮梯子をいっぱいまで伸ばした後、その上にある大きな樹皮捲れ部分をライトで照らしたところ、黒い大きなものが確認出来たのです。

オオクワだ?!

これは間違いないぞ?!

下から覗いてもあの厚みといい、大きさはオオクワ以外には考えられない

さて、問題はどうやってあそこの部分まで登るかですが、雨で湿った幹は滑りやすくて手を掛ける枝も見当たらない。
そこで、一旦下りてから枝を探してその先で突付いて見る事にしたのですが、これがなかなかうまくいかない・・・。

おまけに大スズメバチが何匹も集まって来て危うく刺されそうになってしまった・・

一旦下に降り、深呼吸をしてから再度上に登った。

伸縮梯子の先端に足を掛け、右手で幹をしっかりと掴んでから左手で地上8メートル上にある樹皮捲れ奥の個体を何度も刺激した。

すると、刺激されたその個体は、スルスルと移動して下の草むらへと落下したのです。

ありゃ?、モタモタしていると見失ってしまうぞ?!

直ぐに下りてから落ちたと思われる部分を探していると、草むらの中の枯れ葉の部分がモゾモゾと動いていたので、その部分を取り除いたところ、なんと中歯型のオオクワだったのです。
その個体を手にとって良く見てみるとアゴの先端が磨り減っている越冬個体でした。

オオクワガタ♂52ミリ

サイズは、52ミリでしたが、これまでで初めて確認出来た樹皮捲れ部分にいたことで、ゲットは勿論ですが充分な収穫だったと思いますね。
さらには、その上にもいくつもの樹皮捲れや洞があるので、次回にでも確認してみたいと思います。

この個体は、ここのポイントにリリースし、この後どじょうさんと合流する事になったのですが、次々と驚くような展開が待ち受けていたのです・・・。

     つづく・・・。

ひじょうに暑い1日でした・・・。

今日は、採集も気候もひじょうにアツ?イ1日となりました。
こんな日は、ビールとアイスが良く売れそうですね・・・

さて、今回の樹液採集は、ここから始まりました・・・。

F1010295.jpg

今期は、果たしてこの地での最大個体の更新があるのでしょうか
因みにこれまでのベスト3と言いますと・・・。

第1位・・・67ミリ(どじょうさん)

第2位・・・66ミリ(私)

第3位・・・65ミリ(オーさん)

以上の結果ですが、どこかにこれを上回る個体の存在があるはずです。
そして、70ミリオーバーが存在する可能性は充分にあるものの、未だに確認が出来ていません。
その大物がいるだろうと思われる木はいくつか考えられますが、それもタイミングなのかもしれません。
今回は、その存在を確認しようとどじょうさんと合流して採集へと行って来ましたが、そこでは思わぬ展開が待ち受けていました。
いつも色々な場面に出くわす事がありますが、今回も驚きの連続でした・・

採集記は後日アップする予定です・・・。
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: