FC2ブログ

注目していた大会が終了・・・。

世界卓球選手権モスクワ大会が終わりましたね。
当初個人戦もあると思っていたんですが、団体戦のみだったようです。
終わって見れば、男子は中国が善戦したドイツを3対1で振り切って5連覇を達成したようですが、女子はシンガポールの世界ランキング2位の元中国選手の活躍により、3対1でシンガポールが優勝したようですね。
それにしても、女子は中国の9連覇を阻んだんですから、シンガポールチームは立派なものです・・・

ただ、今回気になったのは中国の元世界ランキング1位の張イ寧選手が出場しなかったのが、残念でしたね。
聞くところによると、長期休暇を取って休んでいるとの事ですが、引退はしていないようなので、今後はどうなるのかなあ・・・。
その事があって、ランキングは上位でも経験不足の影響でゲームの組み立てが出来なかったとも言われていますが、選手層の厚い中国ですから、そんな経験不足でもなんら問題はないと判断したのでしょう。
しかし、選手の中にベテランがいるというのは、頼りになるし力強いと思いますが、9連覇濃厚と誰もが思っていただけに中国としてはショックが大きかったのも事実だと思います。
これは、私の勝手な解釈ですが、多分準決勝で対戦した最も警戒しなければいけないと思っていた日本にストレートで勝利したことで、気の緩みが生じたのかもしれませんね。

これで次回の団体戦では、さらに成長した日本チームを見る事が出来ると思いますし、近い将来”優勝”の二文字が聞けると信じています。

さて、話は変わって昨日の日本対イングランドのサッカーの試合を皆さんはどう思われたんでしょうか?
色々な勝負事と言うのは、いくら善戦しても結果が負けてしまってはどうにもなりません。
序盤に1点先取したものの、どこかで同点に追いつかれるだろうとは思っていましたが、オウンゴール2点を献上してしまっては話になりませんね。
全部の内容を見たわけではありませんが、これが勝利に繋がったのであれば良かったものの、点の取られ方がうまくなかったと思います。
先日の韓国戦よりは良かったと思いますが、あと残り1試合である程度の感触を掴んでもらいたいですね。

頑張れ?、日本
スポンサーサイト



我家のツバメの巣・・・。

毎年、この時期になるとツバメが我家に巣を作ります。
これまでにツバメの巣は4ヶ所に作り、そこでは多くのヒナが育ち巣立って行きました。
今年は、今月はじめに巣の補修をした後に完成したところで現在卵を温めているようです。

F1010274.jpg

この写真は、玄関前にある巣ですが、私が気になってちょっと見た瞬間、親鳥が飛び立ってしまいました。
現在は、4ヶ所ある巣の中の1つだけを利用していますが、もうそろそろヒナが誕生するかもしれません。
なにぶん玄関先なので家の出入りの際は、そっと気を使いながらのドアの開け閉めをしていますが、携帯写真を撮る場合は近くに寄らなければいけないので、あまり刺激しないように気を付けなければいけませんね。
早くヒナの誕生を見たいものです・・・

世界卓球選手権大会・・・。

ここのところ、モスクワで開催されている世界卓球選手権大会に注目をしていました。
私自身、以前東京大会を観戦に行った事があり、卓球は大好きなスポーツなんです。
過去には、数々の名選手がいた日本が優勝をした瞬間をテレビで何度も見ていたわけなんですが、最近は圧倒的な強さの中国の前に手も足も出ないと言う状況を何度も味わっています。
それでも、現世界ランキング女子8位の福原愛や男子11位の水谷隼の活躍によって、団体戦では銅メダルを獲得すると言うレベルの日本ですが、最近は徐々に力が付いてきたように思います。
現在の日本の若手の中には、将来がひじょうに楽しみな選手が何人かいます。
男子では、20歳のエース水谷選手の他に19歳の松平健太をはじめとして若い年代にもまだ多くの逸材がいますし、女子では21歳になった福原や17歳の石川をはじめ、将来が楽しみな選手がいますね。

昨日行なわれた女子準々決勝では、日本対韓国の息詰まる一戦をネットでずっと見てしまいました・・・
特に今回は、女子準決勝で対中国戦をどの様に戦うのかをひじょうに興味を持ってみていました。
と言うのは、以前から注目をされている福原がなぜか日本国内ではタイトルを取れないのに外国人相手だと素晴らしい力を発揮するんですねえ。
最近では世界トップレベルの選手が集まった大会で、世界ランキングトップ5に入っている中国選手を何人か破っている実績があり、今日行なわれた準決勝の中国戦でも世界ランキング4位の選手にセットカウント2対0と追い込んだものの、2対3の逆転負けを喫してしまいました。
負けたとは言え、中国選手をここまで追い込んだのは立派ですが、流石に中国選手は強かったですね。
もしも、ここで福原選手が勝っていたらこの後の展開は変わって来たと思いますが、終わって見れば0対3のストレート負けを喫してしまい、やはり中国の壁は厚かったと言う事でしょうね。

また、男子チームも絶好調の水谷選手が世界ランキング3位のドイツのボル選手を破ったりしていたので、中国戦ではひょっとしてと思いましたが、やはり相手の中国選手は問題外の強さでしたね。
内容的には、日本の男女は中国相手にストレート負けを喫しましたが、以前よりも成長しているなと思いました。
まあ、中国と反対のブロックだったならば準優勝を狙えたかもしれませんが、やはり中国を倒さなければ世界一になれませんからね。
近い将来、そんな日が来る事を期待したいですね・・・

さて、団体戦が終わると個人戦のスタートとなりますから、ここでの日本選手の活躍を期待したいものです。
頑張れ?、ニッポン

いくらなんでもねえ・・・。

今日の松坂のピッチングにはガッカリさせられましたね。
いくら調子が悪いとは言え、一流なら調子が悪いなりに対応出来るはずなのにそれさえも出来ずに4回途中で9四死球とは情けなさ過ぎるよ。
ここまで上り調子だったレッドソックスの勢いを消してしまった事は勿論ですが、これで信用も失いましたね。
投手でありながら、ここまで制球に苦しむなんてちょっと考えられない・・・。
それほど内容が滅茶苦茶だったと言うことです。
信用を取り戻すのは、かなり時間が掛かると思いますが、言い訳はしてもらいたくありません。
とにかく失った信用は、プレーで取り戻すしかありませんから、期待を裏切らないように次戦で結果を出してもらいたいものです。

今期初の樹液採集(山梨県)・・・。

いやあ、昨晩は早朝3時に帰宅した後、何だかんだで2時間ほど睡眠を取ってから会社に出勤したので、ちょっと辛かったかな・・・
しかし、眠いだなんていってられません。
なんてったって仕事あっての趣味の時間ですからね・・・。

それでは、採集記です・・・。

今日は、午後に雨が降るという事なので、とにかく午前中に廻れるだけ廻ろうと考えていた。
最初のポイントは、過去にオオクワを採っている実績のあるところです。

なかなか雰囲気は良さそうである。

ふとうっすらと樹液の匂いのする上部を見てみると、蔦と幹の間にコクワガタの姿を発見!
これが、今期初の樹液で確認されたクワガタとなりました。

F1010271.jpg

ちょっと分かり難いですが、写真中央部分に写っているのがそうです。
このポイントは、何本かの樹液木がありますが、残念ながら本命の姿はありませんでした。

今日は、色々と行きたいポイントが沢山ありますが、全部はとてもとても廻り切れませんから、その中の気になる一部をチェックしようと2ポイント目に移動しました。

ここも過去に実績のあるいい感じの洞が開いています。
期待して覗きこむが、手前の部分にコクワガタの姿を確認しただけで他はいなかったようですね。

F1010272.jpg

残念ながらここでも手応えがなく、ポイント移動・・・。

実は今回のポイントで一番雰囲気のあったところなんですが、木の幹には蔦がいくつも巻いていて、その隙間には樹液が噴いて匂いが漂っており、そこには多くのクワガタの姿がありました。
そこを色々な角度から覗き込むと、蔦が絡みついた隙間のポケットには、ワクワクさせてくれるものがありました。
目に見える範囲では、オオクワの姿を見る事は出来ませんでしたが、時間を掛けてじっくりと観察する事が出来、今回一番楽しませてくれた新しく見つけた樹液木でした。

この後も一瞬ドキッとする大きなコクワガタの姿を確認したりしましたが、残念ながら午前中は成果がなく午後の部へと突入した。
今期の材割りで見つけた期待の木は、1本がアリに占拠されていたし、もう1本も残念ながら手応えなしでした。

さらに移動した別のポイントでは、こんな気色悪い毛虫が・・・。

これには参りましたよ?

F1010273.jpg

それも1匹や2匹ではなく、すっかり採集意欲がなくなるところでした・・・(情けないなあ
こうして、午後も予定時間まで何ヶ所もチェックに行ったものの手応えがなく、降り始めた雨が強くならないところで終了となりました。

この後、地元のクワ友と会って食事をした後に帰宅となりました。
今回、下見とは言えこれだけ楽しめたら充分です。
次回は、もうちょっと範囲を広げてポイントチェックする予定ですが、期待出来そうですね・・・。

     終わり・・・。

樹液採集の下見に行って来ました・・・。

いやあ、ついにやって来ましたねえと言う感じです・・・。
樹液の出ている木は、プ?ンといい匂いが漂っていましたが、コクワガタはかなり多かったですね。
そんな中、多分ここならオオクワが入っているだろうと言ういい木を見つけました。
全部は確認出来ないほどの蔦の巻いた木でしたが、ところどころに大きなポケットがあり、期待大と言える素晴らしい木でした。
ただ、60ミリ後半の大型などはちょっと入れないかもしれませんが、この時期にあの樹液の量ですから最盛期にはきっと確認出来ると思います。
帰宅が遅かったので今日はこれで休みます・・・。

それではおやすみなさい!

昨日のサッカー日本代表はどうしちゃったの・・・?

いやいや、昨日のサッカー日本代表はどうしちゃったんでしょうかねえ・・・。
アウェーならまだしもホームで0対2とはちょっと情けなかったですね。
個々のレベルは、日本と韓国ではそんなに差はないでしょうが、チームワーク即ち組織力では断然韓国が勝っていましたね。
誰が攻撃の中心になっているのか?誰をストライカーとして使うのかがまだ明確になっていません。
他のチームの真似はしなくとも日本の目指しているサッカーをやっていけばいいのにその方向性がはっきりとしていなかったように思います。
選手1人1人は一生懸命やっているに違いありませんが、個々の力を結集して最大限に活かす努力をしていかないと、このままでは何も出来ずに終わってしまいそうです。
もうこの時期は調整段階に入っていなければいけませんから、残り少ない期間で修正してもらいたいものですね。

さて、明日はちょっと樹液採集の下見に行って来ようと思います。
勿論、下見とは言ってもしっかりと採集をして来ますから、チャンスがあればゲットしたいですね。
さあ、楽しみだなあ・・・

良く降る雨だなあ・・・。

昨日今日と雨、雨、・・・。
いやあ、これだけ降るとが待ち遠しくなりますねえ・・・。
MLBのマリナーズも湿ったままの雨模様だし、何とかならないのかなあ・・・。
こんな事言っても仕方ないか・・・(笑)

さて、今週はいよいよ樹液採集のスタートとなります。
今夏は、3県での採集を予定していますが、とりあえず山梨県からのスタートですね。
今回は、新たに3ポイント期待出来そうなところを見つけましたので、そこでゲット出来たら最高なんですが、目標は3頭としておきましょう!
6月に入れば本格化する樹液採集ですが、下見も大事ですからね。
昨年は、6月5日に♂63ミリを私自身一番早い時期でのゲットに成功し、良いスタートが切れましたが、後は苦戦続きの連続でした。
終わって見れば2勝7敗という厳しいものでしたが、今期は期待出来そうな気がします。

また、昨年オオクワガタの楽園状態だった三重県某所ですが、今年はどんなドラマがあるのかこれも楽しみです。
頭幅会のどんぐりさんがいないのはちょっとさびしいですが、どじょうさんやクワバカ連合会の面々と共に生態観察をするのはひじょうに楽しみですね・・・
それと新たに某県での初採集にチャレンジ出来ればと思いますが、これも私にとっては楽しみの一つですね。

さあ、明日は晴れてくれよ?

松坂が好投しましたね・・・。

いやあ、今日の松坂は良かったですねえ・・
8回途中の2死までノーヒットノーランでしたが、遊撃後方のポテンヒットで惜しくも達成ならずでした。
しかし、メジャー初ヒットを記録するし、打撃も良かったようですが、今日のピッチングは素晴らしかったと思います。
これを機にレッドソックスも勝ち続けて欲しいものですね。
それから、イチローは久し振りの複数安打を放ったものの、マリナーズは惜しくも1対2で敗れてしまいました。
この試合、マリナーズの初回の攻撃が明暗を分けましたね。
ヒット3本を打ちながら無得点に終わり、最悪な結果となってしまいましたが、しっかりと反省をして明日からの試合に活かして欲しいものです。

頑張れマリナーズ

スタートで出遅れたマリナーズですが・・・。

今期期待されながらも波に乗れないマリナーズ・・・。
これ程連敗が続くと今期はもうダメなのかなあとも思えてしまう。
今日勝って2連勝したものの、借金は10で依然として厳しい状況なのだ。
しかし、明るい材料もありますね。
それは、ここのところ4番を任されているスウィーニーが絶好調で今日も5の4と大活躍をし、出遅れていた投手のクリフ・リーも2勝目を上げてこれからが期待出来そうです。
打力と投手力がうまくかみ合ってくれれば、少しずつ借金を減らせていけるものと思いますから、今後が楽しみです。
一方、イチローはここのところ4試合で複数安打がないものの、あっという間に打率2位、安打数1位となり存在感を示していますね。
これで2番打者のフィギンズが調子を取り戻してくれれば言う事ないんだけどなあ・・・。

また、明日は松坂が登板予定ですが、調子が良かったり悪かったりでまだ安定していないので、明日こそしっかりとしたピッチングを見せてもらいたいところです。

頑張れ松坂?
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: