FC2ブログ

フェルプスはやはり強かったなあ・・・。

世界水泳大会ですが、200メートルバタフライ3位となった松田選手は頑張りましたねえ、おめでとうございます!・・・
しかし、やはりフェルプスは強かったですね。
ここのところ、すっかりと寝不足の私ですが、勿論今日も背泳ぎ200メートル準決勝の入江選手の活躍を見ようと思ってますよ?

さて、MLBマリナーズのイチローが昨日初のサヨナラヒットを打ったようですが、これが珍記録とは恐れ入ります。
もう何度か記録しているのかなあと思いきや、初めてだったとはビックリしました。
それに今日で今月38本目の安打となり、今月も月間40本をクリア出来そうですね。
何とか頑張って欲しいなあ・・・。

それから、色々と問い合わせのあった余品コーナーですが、残り1ペアとなりました。
これは、特別価格なのでご理解下さい!
尚、8月に入りましたら他県を含めた数ペアを余品として掲載しますので、興味のある方は覗いてみて下さいね。
スポンサーサイト



世界水泳大会見てしまいました・・・。

いやあ、深夜に見た100メートル背泳ぎ決勝は見応えありましたねえ・・・。
日本新記録を出して金メダルを獲得した古賀選手おめでとうございます
それにしても古賀選手は素晴らしかったですが、入江選手はほんと残念でしたね。
得意の200メートル背泳ぎで是非とも金メダルを獲得してもらいたいものです。
さて、今日は200メートルバタフライ決勝で日本の松田選手とフェルプスとの一騎打ちが見られますね。
これも楽しみだなあ?

楽しみな世界水泳・・・。

梅雨はいつになったら明けるのだろうか・・・??
もうそろそろだとは思いますが、それにしても待ち遠しいですね。
地元静岡の高校野球県大会も雨天順延が続き、ベスト4進出の2校が決まりましたが、残り2校は明日に順延となりました。

そして、現在行なわれている世界水泳大会は、今日注目の100メートル背泳ぎの決勝がありますが、昨日も2時半まで見てしまい、仕事は早番だというのに寝不足です・・・
いやいや、しかしそんな事を言ってはいられません。
なんたって金メダルの瞬間をこの目で見たいではないですか・・・
だから、今日も頑張ってみるよ?

そうだその前に成虫の餌交換をしなくちゃ・・・

どうしたマリナーズ・・・!?

樹液採集から帰って来てから色々と片付けを終え、ようやくひと段落しました。
クワ友達は、相変わらず樹液・灯火で頑張っていてそれなりに成果があったようです。
しかし、ここまで来るまでにはかなりの経験を積んでいるんですねえ。
どこのポイントで成果をあげるにも自身で新規開拓もせずに教えてもらったポイントのみでしか採集をしない者もいる中、苦労して成果をあげているクワ友には正直頭が下がります。
何をするにも自身の勝手だからそれはそれで良いのかもしれないが、本当の苦労が理解出来てからやるべきだと思うのですが・・・。
まあ、理解出来る方もいればそうでない方もいるから仕方ないのかな。

さて、話は変わってMLBマリナーズがズルズルと3連敗
しかし、3連敗の内容が悪すぎる。
城島捕手は主力投手とバッテリーを組めず、実績のない投手とのコンビが多いし、継投策のタイミングが悪い。
また、1番イチローが出塁した後の2番ブラニアンは進塁打を打つ事が出来ずに併殺打やフライとなるケースが目立っている。
彼がチーム1のホームランを打っているからなのだろうが、そんなものを打てる確率は低いし、バントやヒットエンドランをやる方が断然確率が高いと言える。
要は、細かい野球(スモールベースボール)をして得点機を作っていく方がどれだけ点が取れるかなのです。
イチローの得点が少ないのは、こうした進塁打が打てない2番打者がいる事も原因の一つだし、イチロー以外の走者が出た際の走者の進め方がチグハグなままで、以前と何ら変わっていないのですから、連敗が多いのもうなづける。
進塁打が打てない選手なら、2番打者としては不適格で、むしろクリーンアップを打たせるのが賢明ではないだろうか?
何れにしても現在のマリナーズはチーム状態が悪くなっているのは確かである。
その原因は、勿論選手にもあるけれども、選手を使う監督がもうちょっと考えた策を講じて欲しいものである。
まだ残りの踏ん張り次第では、地区優勝出来る可能性は残っているだけに頑張ってもらいたい。

御神木を求めて・・・パート3。

右手で小歯型のいる下部を刺激してやると素早い動きでスルスルとポケットの奥から出て来た。
よ?し、今がチャンスだ
その時差し出したはずの右手に触れる事もなく、オオクワは斜面下の草むらにダイブしてしまったのです。

エ?!マジかよ?!

オオクワの落下した斜面を見ても分かるはずもなく、かといって直ぐに降りて探す事も難しいと判断し、そこからさらに上部の怪しい部分へと登って行く事にする。
この木は、登ってみてさらに期待感が増し、樹液の匂いが充満していてワクワクさせてくれる。
何ヶ所かの隙間をチェックするが、オオクワの姿は見当たらない。

しかし、さらに怪しいと思える1、5メートル上部には、沢山のスズメバチがいてこれ以上登るのは危険だと判断し、断念する事にしたのです。
いやあ、それにしても面白そうな木だったが、雰囲気的にはオオクワの小歯型から中歯型が棲んでいるように思われた。
ただ、これが”御神木”と言えるかどうかは何とも言えないが、誰もチェックに来ていないポイントであり、その可能性は高いかもしれない。
そんな期待感を持てる木である事には違いなく、感動は次回のお楽しみと言う事でその場を後にした。

さて、この後は例の期待大の樹皮捲れの木へと向った。
山奥に存在するその木は遠目からでも独特な雰囲気が漂っている。
その木に到着し、高所にあるその部分をそっと覗き込んだ。

期待の樹皮めくれ

ちょっと暗くて分かり難いですが、中央に樹皮捲れの外から顔を出しているコクワガタの姿があり、この樹皮捲れの上下さらに左右のいたるところにクワガタの姿があり、かなり大きなポケットとなっている。
樹皮捲れはこの1つでなく、さらに洞も存在している事から、期待大ではありますが、残念ながらオオクワの姿は確認出来なかった。
そして、この後も時の経つのを忘れて夢中になっていたら、あっという間に22時なっていた。
明日は仕事だし、後もう少しやって帰ろうと思い、そこからピンポイントで樹液木のチェックに行きましたが、残念ながら成果はありませんでした。
2日目は、途中で雨が降り出し、23時頃にはかなり激しい雨となっていたので、ここで終了となった。
計15ポイントを廻り、所要時間は12時間、そして2リットルの給水だった。

しかし、今回は待望の今期2頭目ゲットとなり、しかも素晴らしい木を確認する事が出来ましたから、その事に関しては満足な成果だったと思いますね。
私にとっては、試行錯誤を繰り返しながらの単独採集の連続ではありますが、やはり、自身で努力していく事ほど素晴らしいものはありません。
その経験を活かしていく事により、仲間との採集もより楽しいものになると確信しています。
私の周りには、そうした努力を重ねている仲間が何人もいる。
それは、採集が上手い下手の問題ではなく、自身で経験した中から個々の採集観というものを作り上げている。
そんなところに採集の難しさや楽しさを感じ取る事が出来るのです。

私自身のチャレンジは、まだまだ続く・・・。

     終わり・・・。



御神木を求めて・・・パート2。

一夜明けて2日目の朝、やはり昨日ゲットした小歯型の感動が残っている。
サイズは小さくてもオオクワガタである事に満足感を感じていた。
そうだ、昨日は天気が持ってくれたが、今日の事が気になるなあ・・・
外を見れば日が差していてひじょうに暑くなりそうであるが、日中バンバン動き過ぎると体力との戦いになる為、遅めの昼食を済ませてからチェックアウトする事にした。

さて、タイトルにある”御神木を求めて”にはある意味があります。
私が樹液採集を本格的にやり始めて7年目(それ以前は、シーズン中2?3回が平均的だった)となりますが、未だに私1人が知り得る御神木なるものの存在がなく、その点に物足りなさを感じていた次第です。
私にはまだ経験不足なのかもしれないが、少なくとも他人に教えてもらったポイントや案内でしか採集した事のない方からすれば随分と無駄な事もやっている事は確かである。
しかし、本来は自身で切り開いていく事が基本であり、本当の感動を得たいのであれば、まず自身で2?3頭採る努力をしてからの方が良いと思いますよ。
以前書いていた旧日記の中で、知人が”案内してください”とか”一緒に同行させてください”と言ったメール内容に対して”それならまず自身で1頭採ってみてください”と返信したと言っていましたが、その通りだと思います。
それがないと一緒に行っても大した感動がないまま終わってしまう事が多く、努力を重ねてポイント開拓をしたその方の足跡や気持ちが理解する事が出来ないのです。
ですから、自身でゲットする前に案内をされてオオクワガタの姿を確認した方と言うのは、全ての採集方法においても真の素晴らしさや感動は味わえないかもしれません。
クワ友のどんぐりさんのブログの中でも良い事が書かれていました。
彼も私と同様、自身が経験した事を元にして話をしていますから、色々な経験に元づく話は説得力があります。
勿論、その見解が全て正しいと言っているのではありません。
それだけ、このオオクワガタ採集は奥が深くて難しいものであると理解して頂きたいのです。

さて、話がそれてしまいましたが、採集記に戻します・・・。

昨日とは打って変わって今日は気温が高くて暑そうである。
梅雨が明けたと言っても何か変な天候で、この後この気まぐれな天候に惑わされる事となった。
さあ、今日は明るい内にちょっと見てみたいポイントがあったので、まずはそこからのスタートとなったのです。
1ポイント目は、これまた山奥だったんですが、意外にもここでオオクワガタと思われる産卵痕を発見!

産卵痕

結構レアなポイントなだけにまた楽しみが1つ増えた・・・
ここでは成果がなかったが、樹液が出ていて今期初にしては楽しめた。
午前中は、身体が元気なうちに今期初となるポイントの奥へと探索に出たが、手応えがなかった。
途中、ヤマカガシの大きな奴が鎌首もたげて林道を横切る姿を初めて見る事が出来た。
これは迫力ありましたよ・・・。

そして、ポイント数はこなしていないが、確か5?6ポイント目くらいだったと思います。
あっという間に午後になり、以前から気になっていたとあるポイントのツタの絡まる木が見たくなったので、そこに行ってみる事にした。
この木は、これまでに何度か来てはいるものの、じっくりと見た事がなかったので、木に登った後にその独特なツタの絡まる部分を注意深く観察して見る事にしたのです。
するとスズメバチをはじめとしてクワガタ・カナブン等がそのツタの隙間から出ている樹液を吸っている。
しかも、本当に数が多い事に驚いた・・・。
それと同時にそのツタの絡まっている部分の隙間には、いたるところにクワガタ・カナブンが入り込んでいてひょっとしたらと言う期待感を持たせてくれた。

ツタの巻いた木

これは凄い

見るからに良い雰囲気が漂っている。
そこで上部までは10メートル以上あるのですが、途中まで登ってみると、いるいる・・・

そして、ツタの隙間をあらゆる角度から観察しながら、5?6メートル地点に登った時だった。

いたぞ?、オオクワだ?

それは、木の裏側のツタの隙間のポケットに見間違えるはずのない小さいオオクワガタの姿が確認出来たのです。
ただ、体勢が悪く、左手で枝を掴んでいるために右手しか自由にならない為、当然写真撮影どころの騒ぎではなく、それを掻き出した後にどうやってゲットしようか迷ってしまう。
まあ、片手でそれを全部やるしかないでしょう・・・

因みにこの木の下部は斜面になっていて、落っことしたら草むらの中で見つけ出す事はひじょうに難しい状況と言える。
しかし、躊躇していても始まらないので、思い切ってやって見る事にしたのです。
右手に掻き出し棒を持ち、ゆっくりと小歯型の入っているポケットへと手を伸ばし、掻き出し棒で刺激するとスルスルとそこから出て来たので、この時が勝負と思い右手で掴もうとした次の瞬間、最悪の事態が起こってしまった・・・。

     つづく・・・。

御神木を求めて・・・パート1。

ここのところ、何度も打ちのめされ続けている樹液採集ですが、このままでは終われないと思い、1泊2日でアタックして来ました。
いつも気合は入っているんですが、最近は空回りばかりですからここで何か気分転換にと掻き出し棒を2個作ってしまいました。
と言っても先端に角度をつけて曲げただけのものですが・・・。

掻き出し棒

何とかこれが使える時があればと思い、これを持参して山梨へと向った。
この日の天候は曇っており、正午の気温は25度と涼しい。
ここ関東甲信越地方は、梅雨が明けたとは言ったが、何か変な天候である。
雨が降ったり止んだりでハッキリしない・・・。

今日は、久し振りに天○やで昼食分を買い込んで、途中で食事をした後に現地に到着したのは15時頃だった。
さて、今日こそ久し振りのゲットといきたいところである。
ポイントを移動しながらいつも感じるのは、どこもそれなりの雰囲気があり、期待出来るのに姿を見ることが出来ない事に多少のストレスを感じていたのは言うまでもありません。
そうこうしている内にとあるポイントで、今期初となるマムシを発見!・・・
サイズは大きい方であろうか・・・。
ちょっと観察した後に日が暮れて来たので、先を急ぐ事にした。

そして、ここも期待出来るポイントの一つで、林道を歩いて目的の大木へと到着し、いつものように梯子をいっぱいまで伸ばした位置から、さらに枝伝いに上へと登り、洞のチェックを終えた後に下りようとした時だった。

右足を伸ばして枝の上に乗せたんですが、いつも足を乗せる位置よりも枝の付け根の部分から遠かったと思った時には既に遅かった。
あ?!
次の瞬間、ボキッと枝が折れ、4メートル下へと転落かと思われたその時に目の前の太い枝をとっさに掴んでいたのです。・・・
あ?、やばかったなあ!
過去にも何度か木から落ちているので、気を付けなければ・・・。

そして、次のポイントへ移動し、頭上にある洞をライトで照らした時だった。

何かいるぞ?!

急いで梯子を伸ばして中を覗いたところ・・・??

オオクワだ?!

洞の中には、小さいが間違えるはずの無いオオクワの♂の姿があり、ライトに驚いたオオクワは、向きを変えて洞の奥へと入っていった。
しかし、奥行きはないようなので心配なさそうである。

洞の中の小歯型

写真中央の上に背中を下にしている姿が確認出来ると思いますが、この後写真を撮った後、いよいよ新しく作った掻き出し棒を使って取り出しに掛かったのです。

小歯型

掻き出し棒で探りながら、すったもんだした後に先端のアゴの辺りに掻き出し棒を持っていくと、すんなりと手前に出て来たのです。

♂42ミリ

ヤッタ?!!

この写真は、翌日撮影したものですが、可愛らしい42ミリの個体でした。
ここまで本当に長かったように思いますが、諦めずに頑張った結果だと思います。
この瞬間、ホッとしましたね・・・

この後、23時まで12ポイントを廻りましたが、追加はなく1日目が終了しました。
遅めの夕食を済ませた後、ビジネスホテルで疲れを癒したのです。
それにしても小雨で良かったし、木から落っこちなくて運が良かったですが、気を引き締めてやらなければと反省した1日でした。

     つづく・・・。

現在の健康状態・・・。

昨日、久し振りに会社の血圧計で自身の数値を測定してみました。

F1000100.jpg

この数値がどこまで正確なのかどうかは分かりませんが、今まで健康診断で指摘された事はありません。
ただ、この心拍数ですが、ハードなトレーニングをしていた数年前くらいまでは、40?45位を保っており、30台だった事もあります。
これは、トレーニングを徐々に積んでいきますと誰でも心拍数は下がり、運動を全くしていないと上昇傾向にありますから、運動不足にならないように注意したいものですね。
トレーニングの仕方にも色々とありますが、ジムなどにある自転車を利用したサーキットトレーニングをしますと普段40台の心拍数は190?200位まで持っていくことが出来ます。
私自身は、自転車以外でも190位まで心拍数が上がるトレーニングをしていた事もありますが、それも普段のトレーニングの積み重ねをしていたからこそでした。
正確な指導の下でトレーニングを積んでいきますと自身の限界となる領域まで踏み込んでいけるようになりますが、私自身、気を失うまでそれをやった事はありません。
というかそこまで追い込んでやるには、それ以上の事をやらないとダメかもしれませんが、要はトレーニングを積んだものは、そうそう限界を感じるまでの領域まで行く事は滅多にないのかもしれません。

しかし、しっかりとしたトレーナーの下でやらないと酸欠になったり、ハード過ぎてぶっ倒れる事もありますから注意が必要ですけどね。
私は、幾度か立てなくなるくらいにまで追い込んでやった事もありますが、トレーナーがいつもついていましたから、大事には至りませんでした。
まあ、若い頃の話ですから今はとてもとても出来ませんが、心拍数は運動不足の目安となりますから、自身の普段の心拍数を把握しておく事も必要かな・・・。
私の年齢では、おそらく65?70位が平均で、80だと多いと思います。
心拍数の多い方は、急激な運動をした際に心拍数が増して一気に血流が活発になりますから、酸素が不足がちになり、体調不良になるケースがおおいですから注意して下さいね。
ハードなトレーニングも日々継続してこそそれに耐えられる体力が付いて来ますから、”継続は力なり”で私自身も頑張ろうと思います・・・

久し振りにのんびりとした1日を過ごしました・・・。

今日の静岡は、梅雨独特のハッキリしない天気で雨が降ったり止んだりでしたが、気温は低かった事もあり、比較的過ごし易かったですね。
さて、昨日アップしました余品コーナーですが、こんな小規模なブログなのに問い合わせが何件かあり、有難く思っています。
問い合わせは、ここのメールでも従来のパソコンメールアドレスでもどちらでも構いません。
また、その他直接お聞きしたいとの内容であれば携帯の方へお願い致します。

ここのところ連敗中の樹液採集ですが、クワ友の頑張りを見習ってオオクワの姿を見たいなあ・・・

イチローがついに首位打者に返り咲き・・・。

いやあ、今日は私にとってはこの話題が一番ですね・・・
今日、4打数3安打と猛打賞だったイチローが0、363に打率を上げ、ここ3試合で13打数1安打と珍しく急降下してしまったマウアーが0、358にまで打率が下がってしまった為に首位打者が入れ替わりましたね。
このままズルズルといくとは思えませんが、まだ残りが70試合あまり残されていますから、これからも2人の争いは続いていくでしょう!
頑張れイチロー?!・・・

さて、クワ友は樹液で連敗を脱出し、それを振り払うかのごとく○頭もゲットしたとか・・・。
いやあ、これには刺激されてしまいましたが、私も頑張んないとなあ・・・
プロフィール

☆KAZUさん☆

Author:☆KAZUさん☆
詳しくはKAZUさんプロフへw

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: